2008年12月26日

2008年蒙古タンメン中本納めは赤く燃える「北極印度」!

最初に「蒙古タンメン中本」を食べたのは90年の「dancyu」のラーメン特集を読んで。
確か北極ラーメンを注文。
この辛さはいいなあと思った以上に、行列の長さと注文方法のわかりにくさを記憶。
当時は「二郎」にハマっていたことと、自宅からのアクセスがよくなかったこともあり、リピーターにならず。

その後閉店し、常連だった方が2代目になり、池袋や新宿に多店舗展開を始め、開店時間が10時ということもあり、足繁く通うようになったのはそれからです(^^;。

2008年の最後の「蒙古タンメン中本」で食べてきました。
10:05に到着するとお客さんの入りは9割。
もう5分遅れていれば、行列することだったでしょう。

購入した食券は、金・日曜限定の「北極印度ラーメン」。

「印度ラーメン」は元々本店で出していたモノ。
あくまで、他から聞いた話なんですが、初代店主がレシピを残しておらず。
んで、このメニューが新宿店で再開されたきっかけは、当時讃岐うどんブームで、東京麺通団が近所に開店。
テレビ局が対決ネタに仕立てるために幻のメニューで対抗するというネタで「印度ラーメン」を再開したらしいです。

で、北極印度ラーメン登場!
北極印度ラーメン 850円







真っ赤な北極スープにドロリとしたカレールー。
スープの表面の透明な油の層の厚さはちとヤバいっす。

当然中太麺は特製唐辛子に塗れています。
北極印度ラーメン 麺のアップ







ヤバい辛さの後にカレーのマイルド感。
しなしなタマネギや茹で卵が激辛地獄のオアシスに(笑)。

曜日限定で少々敷居の高いメニューですが、自分にとっては自分がイチバン好きなメニューかも。

蒙古タンメン中本 新宿店
新宿区西新宿7-8-11美笠ビルB1
TEL:03-3363-3321
営業時間:10:00〜24:00(金土:〜02:00)
年中無休
蒙古タンメン中本の道

delicious_a_gogo at 09:00│Comments(0)TrackBack(0) ラーメン | カレー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
訪問者数

livedoor×FLO:Q パック