エスニック

2010年07月06日

「カオ・カー・ムー」とは「豚足煮込飯」。

09年末から約半年ぶりに訪問した「タイカレー メーヤウ」。

久々にレギュラーメニューを食べようかなと思っていたのですが、未食メニューがありました(笑)。
カオ・カー・ムー 説明







というわけで「カオ・カー・ムー」を「小」で注文。
カオ・カー・ムー 小 500円







比較的好みが分かれる「パクチー」は無料オプション。

個人的にはこういった食材は大好きなのでお願いしました。
豚足は甘めのテイストに仕上げられていますが、ニンニク・唐辛子ベースのタレをかけることで、劇的な味の変化が実に楽しいです。
高菜もいい感じのアクセントになっていて、高菜好きとして実にナイスです。

満足でリーズナブルな逸品っす♪

タイカレー メーヤウ
新宿区信濃町21 大門ビルB1
TEL:03-3355-0280
営業時間:11:30〜20:00(土:〜19:00)
日祝定休

delicious_a_gogo at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月13日

1月の月替わりメニューは「ハン・スパイシー」。

12月に「ともっクリーミー」を食べた「蒙古タンメン中本新宿店」。
2010年初めての「蒙古タンメン中本」。

今月は「ハン・スパイシー」。
ハン・スパイシー 告知













なお、1月〜4月までの月〜木曜まで「和風黒北極」も提供されています。
券売機







こちらが「ハン・スパイシー」。
ハン・スパイシー 750円







中央に炒められた野菜が鎮座。
タンメンっぽい面持ち。

スープの表面にはたっぷりのフライドガーリック。
ハン・スパイシー 表面







スープ自体には粘度を感じました。
ハン・スパイシー スープのアップ







この粘度は、従来の「蒙古タンメン中本」にはありません。

麺はこちら。
ハン・スパイシー 麺のアップ







こちらも従来の麺とは異なる印象。

以前もらったサービス券で「半ライス」を注文し、スープに投入。
ハン・スパイシー ライス投入







これもまた美味。

従来の味を踏襲しながらも、新しい「蒙古タンメン中本」を楽しみました♪(^o^)v

蒙古タンメン中本 新宿店
新宿区西新宿7-8-11美笠ビルB1
TEL:03-3363-3321
営業時間:10:00〜24:00(金土:〜02:30)
年中無休

食べ終わった後、「麺や 庄の」の新しい月替わりメニューを確認(笑)。
麺や 庄の 告知







近々食べます(笑)。

delicious_a_gogo at 11:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年12月17日

2009年「メーヤウ」の食べ納めは1日限定20食の新メニュー。

タイカレーは好きです。
タイカレーの美味しさを教えてくれたのが信濃町の「メーヤウ」です。
今年もあとわずかということで食べ納めに行きました。

実は昨年末から、約1年ぶりっす(^^;。

当初定番の「メーヤウカレー」の予定でしたが「カオマンガイ」が始まっていました。
カオマンガイ 告知







漢字表記だと「海南鶏飯」。
スープ付で800円です。

インディカ米に蒸し鶏をトッピングしたモノ。
添えられたタレはエスニックテイストのピリ辛。
カオマンガイ 800円







スープはあっさりした味わい。
カオマンガイ スープ







程よいピリ辛感に独特のエスニックテイスト。

美味しかったです♪(^o^)v

なお、12/26〜1/5がお休みとのこと。

タイカレー メーヤウ
新宿区信濃町21 大門ビルB1
TEL:03-3355-0280
営業時間:11:30〜20:00(土:〜19:00)
日祝定休

delicious_a_gogo at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月10日

「ソフトシェルクラブのタイ風スパイシーチャーハン」。

前回「生ずわいと刺身えびうま煮あんかけチャーハン」を注文した「かにチャーハンの店 渋谷店」。

今月のラインナップはこちら。
12月のラインナップ







まずは「ソフトシェルクラブのタイ風スパイシーチャーハン」の食券を購入。

いつも通り「味噌汁」登場。
味噌汁







続いて「ソフトシェルクラブのタイ風スパイシーチャーハン」。
ソフトシェルクラブのタイ風スパイシーチャーハン 790円







通常のチャーハンに揚げた「ソフトシェルクラブ」に「タイ風」のソースがトッピング。
ソフトシェルクラブのタイ風スパイシーチャーハン アップ画像







「ソフトシェルクラブ」はずっと以前に「美味しんぼ」で知ったのですが、ようやく食べることができました(笑)。

殻ごと食べられる「ソフトシェルクラブ」のサクサクの食感はいいっす。

想像していたより、エスニック感は控え目でしたが、今回もなかなか満足っす♪(^o^)v

かにチャーハンの店 渋谷店
渋谷区宇田川町31-4 篠田ビル3F
TEL:03-5784-2443
営業時間:11:30〜15:30 17:00〜22:00
月曜定休(祝日の場合、火曜が休み)

delicious_a_gogo at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月16日

1周年記念で、ほとんどのメニューが1コイン♪

3ヵ月ほど前に「チャーハンカツカレー」を食べた「カレー屋ジョニー 代々木店」。
たまたま前を通るとこんな告知。
1周年 告知













ボタンを押したのはこちら。
券売機 ボタン







「カシミールカリー」の大。
こちらが1コインだから約半額です(笑)。

「カシミールカリー(大)」の、登場!
カシミールカリー(大) 950円 ⇒ 500円







サラッとしたルーにチキンがトッピング。
隠し味にじゃがいもを溶け込んだ、激辛のインドカレーだそうです。
辛さは想像していたより控え目。
チキンの程よい弾力感がナイス。
カシミールカリー チキンのアップ







辛さの方ですが、後半になると口の中に蓄積され、食べ終わる頃には結構ホットな感じ。
よかったです♪(^o^)/

ふと思ったのが、やはりこれは「デリーのカシミールカレー」を手本にしているのかな?

代々木店限定メニューの「バラ焼き」も気になります(笑)。

カレー屋ジョニー 代々木店
渋谷区代々木1-33-2
TEL:03-5352-5949
営業時間:11:00〜23:00
無休?

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月08日

「タイ国カレーラーメン」いいっすねぇ♪

8月下旬に「トムヤム和え麺」を食べた「づゅる麺 池田」。

「とらさん会議室」で知り、ようやく食べました。
タイ国カレーラーメン 告知













11:20にお店に到着し、3番目でした。

こちらが「タイ国カレーラーメン」。
タイ国カレーラーメン 900円







レッドカレーなスープからはエスニックなスパイシーな香りとココナッツミルクの独特の甘い香り。
こりゃ、エスニック好きにはたまらんです(笑)。
タイ国カレーラーメン 具のアップ







中央に鎮座しているのは、パクチー、モヤシ、赤玉ネギ、ナッツ類、鶏挽肉etc.
タイ国カレーラーメン 麺のアップ







麺は細めのストレート。
タイ国カレーラーメン スープのアップ







スープは想像していたより控え目でマイルド。
ココナッツミルクの甘さがタイっぽさを引き立ててくれます。

今年最後のエスニックシリーズに大満足っす♪(^o^)/

づゅる麺 池田
目黒区目黒1-6-12
TEL:03-5740-6554
営業時間:11:30〜15:00頃 18:00〜23:00頃
年末年始・お盆にお休み

delicious_a_gogo at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月27日

エスニック好きにはたまらない「トムヤム和え麺」。

実は2杯食べました(^^;。
当初は「トムヤム和え麺」を食べて「鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺」という予定でしたが、お店の方から『「トムヤム和え麺」はかなり辛いから、先に「鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺」がいいですよ』ということで、「トムヤム和え麺」が2杯目となりました(^^;。
トムヤム和え麺 告知













クラッシュトマトの彩りが鮮やかです♪
トムヤム和え麺 850円







麺を具と和え、ズルり。
トムヤム和え麺 麺のアップ







トムヤム独特のエスニックな酢っぱ辛さ。
いいですねぇ。
辛さは想像していたよりは控え目ですが、食べ進むうちに蓄積されます。

クールでホットなナイスな一杯に満足っす!(^o^)/

づゅる麺 池田
目黒区目黒1-6-12
TEL:03-5740-6554
営業時間:11:30〜15:00頃 18:00〜23:00頃
年末年始・お盆にお休み

delicious_a_gogo at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺」。

先日「オマールだしの冷製トムヤム麺」を食べた「づゅる麺 池田」。

今回は「鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺」です。
鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺 告知













真っ白なスープはココナッツなマイルドでエスニックな甘味。
鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺 900円







麺は平打ち。
鶏サラダの冷製ココナッツミルク麺 麺のアップ







ひんやり、ナイスな一杯です♪(^o^)/

づゅる麺 池田
目黒区目黒1-6-12
TEL:03-5740-6554
営業時間:11:30〜15:00頃 18:00〜23:00頃
年末年始・お盆にお休み

delicious_a_gogo at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月08日

ドライカレーな「タコライス」再び。

前回10周年記念セールで「パク森カレー」を食べた「パク森 渋谷店」。
今週の週替わりカレーは「タコライス」。
タコライス 説明







辛口で注文しました。
タコライス 辛口 900円







ライスにレタス、水分の少ないカレールー、チーズ、トマト、パセリをトッピングしたモノ。
トマトの酸味に程よいスパイス感、いい塩梅です♪

あとで思い出したら、4月に食べたばかりでした(^^;。
感想もほぼ一緒です(笑)。

なお、今月のスケジュールはこんな感じ。
パク森しんぶん 8月







カレー屋パク森 渋谷店
渋谷区道玄坂2-16-8ビジネスヴィップ道玄坂 坂本ビルB1F
TEL:03-3464-9778
営業時間:11:00〜14:45 16:00〜21:00
無休?
カレー屋パク森 - 非公式サイト -

delicious_a_gogo at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月17日

エスニック好きには是非とも食べて欲しい「オマールだしの冷製トムヤム麺」。

先週「ローストビーフの冷製フォー」を食べたばかりの「づゅる麺 池田」。

早速、2009年冷やしの第3弾が提供とのことで食べてきました。
オマールだしの冷製トムヤム麺 告知













んで「オマールだしの冷製トムヤム麺」登場。
オマールだしの冷製トムヤム麺 900円







ココナッツミルクが加えられた冷たいスープは、実にトムヤンクンな酢っぱ辛いテイスト。
当然ながら、ココナッツミルクの甘さも加わっています。
実にナイスな仕上がり。
オマール海老は食べたコトありますが、その味わいはあんまり覚えていません(^^;。
そんなわけで、海老っぽい風味は感じられますが、「なるほど、オマール海老素材の美味しさをうまく引き出していますね」と

コメントはできません(笑)。
オマールだしの冷製トムヤム麺 アップ画像







オマールだしの冷製トムヤム麺 アップ画像







オマールだしの冷製トムヤム麺 麺のアップ







トマトの爽やかな酸味、タマネギのシャキシャキ感、海老のプリプリ感、パクチーのエスニック感・・・、食べ進む度に感じる

味わいや食感は千変万化する万華鏡のごとき。

冷たさゆえに、ひんやり感。
しかしながら、食べ進むうちにいい感じの辛さが蓄積し、口の中は意外とポッポッ感。

万人向けではないメニューではありますが、個人的には実に満足度の高い一杯っす!(^o^)

づゅる麺 池田
目黒区目黒1-6-12
TEL:03-5740-6554
営業時間:11:30〜15:00頃 18:00〜23:00頃
年末年始・お盆にお休み

delicious_a_gogo at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月29日

4杯目は「アジアンキュービックラーメン」。

「天照」と「きび」のコラボで和とエスニックの融合です。
アジアンキュービックラーメン 700円







麺はフォーライクな平打ち麺。
アジアンキュービックラーメン 麺のアップ







和にエスニックテイストが加わったスープがよく絡みます。
具のいろんな食感や味わいが楽しいっす。

エスニック料理好きなら、オススメの一杯です♪

ラーメンShow in Tokyo 2009

delicious_a_gogo at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月23日

お茶漬け感覚のスープカレー。

レトロな佇まいのお店でスープカレーを提供しているのが目に入り、ついつい入店。
東京スープカレー&Bar One or Eight 店舗







「東京スープカレー&Bar One or Eight」で店内の説明によると「一か八」を英語表記したようです。

メニューはいくつかあり、「とりかれー」「キーマかれー」「やさいかれー」が基本のようだったのですが、とりとキーマが楽しめる「ポー」というメニューを注文。
スープ状のカレールーはポットに入っています。
ポー 980円







ポー カレー投入







ポットでスープカレーを提供するお店は初体験。
チキンは柔らかで骨からすぐ肉が分離。
タマネギがたっぷりで、これがほんのり甘いっす。

全体にバランスよくまとまっていて悪くはないのですが、「一か八感」がないのが残念なところ。

自分にとっての「一か八感」とは「二郎」とか「中本」のような食べ物。
決して万人受けはしないのですが、ハマる方は思いっきりハマる、そんな味わいっす(笑)。

東京スープカレー&Bar One or Eight
台東区寿2-6-4
TEL:03-3847-0818
営業時間:11:00〜23:00
年中無休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月04日

ドライカレーなタコライス。

今週の「パク森 渋谷店」の週替わりカレーは「タコライス」。
タコライス 説明







ライスにレタス、水分の少ないカレールー、チーズ、トマト、パセリをトッピングしたモノです。
なお、これまで+50円だった「やや辛&辛口」が無料での提供になったので「辛口」で注文。
タコライス 900円







スパイシーな味わいでなかなか美味しかったです。

なお、4月の週替わりカレーは、4/6より2週続けて「カレー豚丼」、4/20より「ビーフカレー」となっています。
パク森 4月限定メニュー







カレー屋パク森 渋谷店
渋谷区道玄坂2-16-8ビジネスヴィップ道玄坂 坂本ビルB1F
TEL:03-3464-9778
営業時間:11:00〜14:45 16:00〜21:00
無休?
カレー屋パク森 - 非公式サイト -

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

昼夜限定10食の「づゅる麺フォー」。

少々後出し日記です(^^;。

昨年末に「味噌ラーメン」を食べた「づゅる麺 池田」。

今回はエスニックな「フォー」です。
づゅる麺フォー 告知







説明によると「鶏のクリアなスープに、米粉を使ったちぢれ麺を合わせました」とのこと。
づゅる麺フォー 800円







鶏ベースのクリアなスープはニョクマム(魚醤)が効いています。
この味わいはエスニック好きとしてはたまらんです。
ただ従来の「づゅる麺 池田」のファンの方には受け入れられるかはわかりません。
濃厚な魚介風味を求め、魚粉を投入するのは、この味を否定する暴挙でしょう(笑)。

米粉を使った縮れ麺は、意外とモッチリ感。
米粉麺にありがちなプチプチ感がなく、いい感じっす。

トッピングされている「鶏モモ肉のコンフィ」は薄味ですが、素材の旨みが感じられ、なかなか美味。

後半は別皿で提供されている香菜、唐辛子、レモンを少しずつ加えます。
唐辛子は結構辛いのですが、レモンの酸味が和らげてくれます。

なかなか満足度の高いエスニックな1杯っす♪(^o^)

づゅる麺 池田
目黒区目黒1-6-12
TEL:03-5740-6554
営業時間:11:30〜15:00頃 18:00〜23:00頃
年末年始・お盆にお休み

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月11日

ガーリックが効いた「ビルマそば」、辛くないっす。

「蒙古タンメン中本 新宿店」の3月限定メニューの「ビルマそば」を食べました。

こちらが告知。
ビルマそば 告知













んで「ビルマそば」登場!
ビルマそば 750円







タイトル通りの味わい。
どの辺がビルマなのかは理解できなかったのですが、ビルマ出身のハンさんの監修のだから「ビルマそば」みたい(笑)。

後半はついつい特製唐辛子粉を投入しちゃいました(^^;。

蒙古タンメン中本 新宿店
新宿区西新宿7-8-11美笠ビルB1
TEL:03-3363-3321
営業時間:10:00〜24:00(金土:〜02:00)
年中無休

delicious_a_gogo at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月18日

なかなか賑やかな「mole de tuke men」。

前回の「魚介・トム・ヤム」はハートにはズドーンと来ました。
で、今回は「mole de tuke men」。
メキシコ料理をイメージしたつけ麺っす。
mole de tuke men 説明















手がかかるようで、通常メニューより若干時間がかかるようです。

出てきた瞬間にその彩りの鮮やかさに笑みがこぼれます。
mole de tuke men 980円







早速、何かが練り込まれている平たいスパイス麺を鶏とアボガドの緑のスープに投入。
ネットリ感があり、絡みは抜群。
mole de tuke men 麺のアップ







口に運ぶと、意外と魚介の風味を感じました。

チキンにかかったチョコレートソース、甘さは控えめで、甘さを感じるのは一瞬。
甘さよりスパイシー感が際立ち、見た目の影響もあり、あれ?カレー??という印象(笑)。

途中、辛さ控えめのサルサソースがかかったコマ切りトマトを加え、味の変化を楽しみました♪

麺を食べた後は「鰹ダシ雑炊」を購入。
鰹だし雑炊 100円







スープに投入し「アボガド魚介雑炊」として食べました。

いやー、満足っす!(^-^)

麺や 庄の
新宿区市谷左内町1
TEL:03-3267-2955
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜22:00
土曜:11:00〜15:00
日祝定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月10日

少し眺めがよいカレー屋さん♪

明治通りと新宿通りが交差する付近のこじんまりとした雑居ビルの2階にそのカレー屋さんはあります。
curry 草枕 店舗







何やら美味しそうな雰囲気を感じたので、ついつい入店。
注文したのは、基本メニューの「チキンカレー」730円。
辛さは1〜10番まで選べます。
価格のプラスがないことには好感が持てます。
お店のオススメは3番ですが、ちょっと勇気を出して7番で注文。

待っている間、明治通りの緑の木々のある風景に癒されます。
curry 草枕 窓からの眺め







んで、チキンカレー登場!
チキンカレー 730円







説明によるとサラサラのルーは大量の玉ねぎを使用しているそうです。
スパイスの複雑な絡み合いがなかなかナイス。
チキンは実に柔らか。
なかなか素敵なカレー屋さんっす♪

インド風スパイシーカレー curry 草枕
新宿区新宿3-1-32 202号
TEL:03-6426-2302
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜21:00
日祝月定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月21日

エスニック好きにはたまらない「魚介・トム・ヤム」、ハートにズドーンっす♪

前回は「和牛スープカレー・ヌーヴォー」をいただいた「麺や 庄の」。

本日は「魚介・トム・ヤム」。
魚介・トム・ヤム 告知













最初に「香菜・黒豚挽肉のスパイシーのとろろ和え」と「レモン」が別皿で出てきて、その後にエビやムール貝がトッピングさ

れた「トムヤムクンらぁ麺」が登場!
魚介・トム・ヤム 980円







出てきた瞬間に酸っぱ辛い「トムヤム」独特の香り。
レンゲでスープを口に運ぶと想像通りのナイスな味わい。
いいっすねぇ♪
比較的低加水な中細の縮れ麺との絡み具合がなかなかナイスです。
魚介・トム・ヤム 麺のアップ







素揚げされたゴボウの風味や食感もいい感じ。

半分ほど食べ進んで、「香菜・黒豚挽肉のスパイシーのとろろ和え」を加えます。
酸っぱ辛さに、四川山椒の痺れ感・トロロのズルズルした食感が加わり、正しく第2ステージ。
この変化はなかなか楽しいっす。

さらにレモンを絞って第3ステージ。
爽やかな酸味が心地よい味の変化をもたらしてくれます。

そして、ラストステージは100円を出し「白御飯」を注文。

スープに投入し、さらなる美味しさを堪能。
ご飯投入







これがまたまた楽しいっす。

個性的な味ゆえに万人向けではありませんが、自分のハートにはズドーンときた一杯っす!(^-^)

麺や 庄の
新宿区市谷左内町1
TEL:03-3267-2955
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜22:00
土曜:11:00〜15:00
日祝定休

delicious_a_gogo at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月31日

2008年のカレー納めは「ソウルフード」。

折角の雪谷大塚。
そんなわけでカレー屋さんの「ソウルフード」にも寄りました(^^;。

注文したのは「オクラカレー」を「辛くしてください」と注文。

最初にサラダとスープが出て「オクラカレー」登場!
オクラカレー 800円







オクラのネバネバなヘルシー感といい感じの辛さでナイスです♪

ソウルフード
大田区南雪谷2-17-15
TEL:03-3726-2176
営業時間:?
定休日;?
ソウルフード 店舗

delicious_a_gogo at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月29日

CoCo壱番屋の「ベースグリーンスープカレー」は銀座のあのカレーにかなり似ています。

チェーン店といえば、工場での大量生産により、リーズナブルなメニューを提供してくれるというイメージを持っています。
しかしながら、実際にはそうではないような印象。
そのひとつが「カレーハウスCoCo壱番屋」。

トッピングを推奨し、結果として客単価が800円くらいになっています。
まあ、人口増加が見込めない現状の日本です。
客数を増やすより、客単価を増やすというのがビジネスの定石だから。

んで「カレーハウスCoCo壱番屋」のあんまり好きではないところが、季節限定メニューをトッピングの変更だけでおこなっているところ。
実にお手軽過ぎます。

そんな「カレーハウスCoCo壱番屋」に久しぶりに行きました。
知り合いが最近食べたこともありますし、ルーが異なるメニューがあったからです。
CoCo壱番屋 スープカレー 告知







注文したのは「ベースグリーンスープカレー」。
店頭にデカデカと告知しているのは「パリパリチキングリーンスープカレー」ですが、客単価を上げる「カレーハウスCoCo壱番屋」の術にハマらずに「ベースグリーンスープカレー」を注文(笑)。

具は素揚げした野菜のみと実にシンプル。
ベースグリーンスープカレー 680円







自分はライスにルーをかけるのではなく、ライスをルーに投入します。
ベースグリーンスープカレー ライス投入







ココナッツの風味にほんのりと甘さを感じますが、あとから口の中が少しずつ熱くなるような辛さ。
しかもこの辛さは少しずつ蓄積され、食べ進むうちにいい感じっす。
そしてこの味わい、どこかのカレーに似ています。
うーん・・・、あっ、「GINZA HARE」です。
こちらのお店を参考にしたかどうかは不明ですが、かなり似ています。

久々に「GINZA HARE」に行きたくなりました(笑)。

カレーハウスCoCo壱番屋HP

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月23日

2008年メーヤウ納めは大辛でしょう♪

先週食べた後出し日記。
大辛は約3年ぶり。
当時食べた感想とはさほど変わらないので、その時の感想を一部再掲。
---
タイ系のカレーが好きなったきっかけは信濃町のメーヤウ。
初めて食べた当時は南青山の編集プロダクションに勤務していて、先輩に連れていただきました。

当時は区画整理前で駅前の掘立て小屋な店舗で営業。
家賃が安かったのか夏と冬は長期休暇で、店主はタイに遊びに行っていたような記憶があります。
年代的には80年代後半で、現在フジテレビの「こたえてチョーダイ」という枠では、関東ローカルの「美味しいフライパン」という番組が放映されていて、司会は牧原アナと岩瀬恵子アナ。
岩瀬アナのファンでたまたま当時のボロちい店舗で同じ時間を過ごせたことは「メーヤウ大好き」という気持ちを強化したことは確実!(^^;

久々にメーヤウに行ったのですが、ああやっぱり個人的に最強のタイカレーです。
何を持って、最強かという基準はないのですが、強いていえば刷り込みっすね。
---
この思いは今も継続。

知り合いが以前ネットに記載していたいたラーメン好きのレベルの話を思い出しながら書くんですが、フツーに生活していれば、好みの飲食店が行きやすい場所に10軒ほどあれば、事足ります。
すべての食事を外食に頼ることないですし(笑)。

食欲という基本的な欲求のためにわざわざ交通費を使うことは、温暖化抑制に対し逆行そのもの。
自分の行動とは相反する主張を書きながら、メーヤウの大辛は自分にとって最強のカレーっす(笑)。
メーヤウカレー







メーヤウ
新宿区信濃町21 大門ビルB1
TEL:03-3355-0280
営業時間:11:30〜20:00(土:〜19:00)
日祝定休

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月02日

タイ料理屋さんの「豚肉チャーハン」。

先日「激辛トムヤム汁そば」を食べた近所の「タイ料理ソウルフードバンコク」です。

1階の入口には日替わりメニューが掲示しており、本日は「蒸し鶏のせご飯カレー風味 特製ソースがけ」。
何だか惹かれ入店。
お店の人に「日替わりで」と注文したところ、すでに売り切れで代わりに「豚肉チャーハン」を提供とのこと。
そんなわけでそれを大盛で注文(大盛は値段は変わらないので(^^;)。

まずタイのお漬物とスープ、続いて豚肉チャーハンが出てきます。
豚肉チャーハン 大盛 850円







タイ料理屋さんということで、長細いインディカ米を使用。
具はシンプルで豚肉、タマネギ、プチトマト。最後に青ネギがパラリ。
軽く塩味がつけられています。
二口ほど食べた後、添えられたカットレモンを搾ります。
さらに食べ進むとナンプラーやプリック ポンを加え自分好みの味に仕立てます。
なかなか食べやすいです♪

タイ料理ソウルフードバンコク
目黒区東山3-15-2 ソナー第二ビル2F
TEL: 03-6410-5163
営業時間:11:30〜23:30(L.O.23:00)
無休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月15日

「日本印度化計画」密かに進行中?

かつて「筋肉少女帯」というバンドが「日本印度化計画」という曲を出していましたが、この計画は密かに進行中じゃないかと思っています。
表立った部分ではIT分野でのインド企業の世界シェアにおける増大。
それに付随して教育界では2桁の暗算を覚えさせる「インド式九九」が注目されています。
個人的には脳は鍛えれば鍛えれるほど成長するので、こういうものは導入した方がよいと思います。
「ゆとり教育」なんてクソくらえと10代の頃から思っていました。

まあ、それはさておき、インド人によるインド料理のお店が少しずつ増えているような気がします。
これが何を示しているのかはわかりませんし、そんな気がしているだけかもしれません。
カレー好きなのでこれは歓迎すべきことかもしれませんが、インド系のカレー屋さんの客単価は少々高いような気がします。
ランチで800〜1000円くらい。

んで、たまたま前を通った本日のお店。
何とランチは600円。しかもサラダ付。
というわけでついつい入店。

ランチは「日替わり」「チキン」「野菜」「チキンとほうれん草」「シーフード」「マトン」。
注文したのは「チキンとほうれん草」を「スーパーホット」で注文。
チキンとほうれん草 スーパーホット 600円







スパイスが効いてなかなかの辛さですが、慌てるほどの辛さではありません。
辛さのベクトルは異なりますので、単純には比較できませんが「蒙古タンメン中本」の「北極ラーメン」が好きな方には楽勝でしょう(笑)。

店頭にあるチラシを使えば、デザートのサービスを受けられます。

カレー自体はなかなか美味しいと思いますし、値段に対する満足度はかなり高いです♪

インド料理パンジャビーズ
新宿区愛住町19-13泰美ビル1F
TEL:03-3353-9116
営業時間:11:00〜22:30
年中無休

おまけ



delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月31日

近所のタイ料理屋さんの「激辛トムヤム汁そば」。

東急田園都市線池尻大橋駅東口徒歩1分の場所にあるタイ料理屋さん。
あまりにも近所にあるため、ついつい後回しにしていました。

こちらでは7種類のランチを提供しており、今回は最も辛いとされる「激辛トムヤム汁そば」を注文。
激辛トムヤム汁そば 800円







ライスとタイのお漬物がついてきます。
ライス







タイのお漬物







メインの具はエビ、フクロダケ、モヤシ、パクチーetc.
真っ赤なスープはやっぱり辛いですが、自分にとっては激辛レベルではなく、程よい刺激感。
んで、辛さの合間に酸味が感じられるというトムヤムらしい味わい。

麺は米粉ベースの平打ち麺。
激辛トムヤム汁そば 麺のアップ







これはこれで嫌いではありませんが、コシがなくブチ切れてしまいます。
製法を工夫すれば、もっとコシが出るのでしょうが、やっぱり麺にするなら、小麦がいいと実感。

麺を食べた後は、レンゲですくった長細いインディカ米をスープでいただきます。
激辛トムヤム汁そば ライスのアップ







インディカ米とスープモノの相性はナイス♪

随分前にコメ不足が起こった際、炎上したヒステリックといえるアンチタイ米騒ぎ。
値段が思いっきり下がったタイ米(当時なぜインディカ米と報道しなかったマスコミにも責任はあると思っています)を自炊して、日々のランニングコストが下がりいい思いをしました(^^;。

ようはどんな食べ方をするかで、食材を活かすも殺すも料理人次第。
状況に流され、解決策を考えず、感情を垂れ流すヒトは苦手です。

あっ、愚痴を書いてしまいました(^^;。

お店の雰囲気や店員さんの応対もよかったので、焦らずにランチメニュー全制覇を目指します♪(笑)

タイ料理ソウルフードバンコク
目黒区東山3-15-2 ソナー第二ビル2F
TEL: 03-6410-5163
営業時間:11:30〜23:30(L.O.23:00)
無休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月22日

「メーヤウ」のいわゆる「甘口カレー」である「グリーンタイカレー」。

ここ最近食べたのが、「バジルライス小+小そば」「メーヤウカレー」

で、今回食べたのは、これまで食べたのは1回くらいの「グリーンタイカレー」。
グリーンタイカレー 730円







メニューには、豚肉・竹の子・大根・ゆで卵が使われていることは明記されていますが、カボチャも入っていました。

これはこれで美味しいですが、やっぱり自分には「メーヤウカレー」が自分の味覚にフィットします(笑)。

メーヤウ
新宿区信濃町21 大門ビルB1
TEL:03-3355-0280
営業時間:11:30〜20:00(土:〜19:00)
日祝定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月14日

久しぶりに世界三大スープを使ったラーメンを食べる。

Wikipediaによると世界三大スープと言われているものは「ブイヤベース、ボルシチ、ふかひれスープもしくはトムヤムクン」だそうです。
まあ、世界には色々な美味しいスープがありますから、3つに絞るのは難しいでしょうから、こういった表記になっているんだと思います。
自分の好きなスープを列記すると豚骨、味噌汁、鯛のすまし汁、オニオンスープ、濃厚魚介豚骨、大勝軒のつけ汁、多賀野のスープ、トムヤムクン、二郎のスープ、なんつッ亭のスープ、牧のうどんのおつゆ・・・etc.
当然、これだけではありません。思いつくままに書き始めて、列挙し始めた時点で収拾がつかなることに気づき、止めました。
もちろん、書いていないスープはたくさんあり、書いたスープが自分の好きなスープのというわけではないです(^^;。

久しぶりに「タイ国ラーメン ティーヌーン」の「トムヤムクンラーメン」をいただきました。
トムヤムクンラーメン 760円







真っ赤なスープは辛さよりも酸味が立っています。
この酸っぱさがクセになり、また食べたくなります。
好き嫌いが分かれるパクチーもトッピングされていて、万人にはお勧めできませんが、エスニック好きには食べて欲しい一杯っす♪

タイ国ラーメン ティーヌン 渋谷道玄坂店
渋谷区道玄坂1-5-5藤木ビル1F
TEL:03-5459-2550
営業時間:11:00〜23:00(月〜木・土・日)
金曜:11:00〜24:00
年中無休(年末年始は除く)
タイ国ラーメン ティーヌン 渋谷店 店舗


delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年02月07日

「カンボジア風ドライカレー」ってどんなんだろう?

茗荷谷の駅に近い「インドシナ」というエスニック系のお店の店頭に「カンボジア風ドライカレー」という告知。
ちょっと気になって入店。
ランチは大盛無料なので、大盛で注文。
そうそう、辛めでも注文できるということで辛めで注文っす!
カンボジア風ドライカレー 大盛 辛目 800円







目玉焼きがトッピングされ、具にミックスベジタブルが使われてる感じ。
辛目ということで唐辛子の輪切りが多めに使われている印象っす。
カンボジア料理自体、たぶん食べていないので、どの辺がカンボジア風なのかは不明だし、自分が想像していたドライカレーとも異なります。
しかしながら、突き抜けるような辛さが好印象♪(^-^)

ベトナムあじあ酒家 インドシナ
文京区小石川5-3-3 小石川MKビル1F
TEL:03-3815-4190
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜24:00(L.O.23:00)
土日祝:12:00〜14:30 17:00〜23:00(L.O.22:30)
年中無休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月17日

1月のアロイ。

豚肉と長ねぎのレッドカリー炒め。
豚肉と長ねぎのレッドカリー炒め 900円







見た目ほど辛くないです。
しゃぶしゃぶっぽい豚肉と長ねぎという和食的な食材がタイカレーのルーとなかなかのマッチング。

なお、2月まで火・水曜が定休日となっています。

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
火水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月19日

あっ、サッテ。

このコトバに反応された方は30代後半以降の方?
確か日テレアナウンサーの小林完吾さんの独特のフレーズっす。

前回夏に、渋谷のムルギーでハヤシカリーを食べたとき、「次回は限定のサッテかな?」と書きました。

そんなわけで、ようやくサッテ(焼きチキン 特製タレ付)を注文。

注文すると「出てくるまでに10分ほどかかりますけどよろしいですか?ライスはついていませんけどよろしいですか?」と質問を受けました。
当然「全然構いませんよ」と返答。
出てくるまでの10分ほどの時間はNINTENDO DS版「ファイナルファンタジーIII」の熟練度アップ(経験値稼ぎではないっす)に費やす。

ようやく「サッテ」登場。
サッテ(焼きチキン 特製タレ付) 1100円








まあ、想像通りの料理です(笑)。
メニュー名の由来はマレー語のサテーかな?

カリカリと仕上がった皮の食感が気持ちいいです。
中は肉汁滴るジューシーな感じ。

特製タレはピーナッツペーストに辛味を加えたもの。
なかなか合います。
さらにレモンの酸味を加え、さっぱりとさせました。

食べてみれば、やっぱりという感想でしたが、食べることが出来てよかったっす。
何よりも、たぶんネット上でサッテの画像を最初にアップできたことはウレシイっす(^^;。

印度料理 ムルギー
渋谷区道玄坂2-19-2
TEL:03-3461-8809
営業時間:11:30〜15:00
金曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月10日

1日限定50食の2500円のカレー。

有楽町のビックカメラに用事があったので、その次いでで有楽町イトシアに。

目的は「東京カレー屋名店会」

フードアベニューは11時開店。
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」はすでに2時間待ちの状況に唖然。

フードアベニュー自体は11時直前にオープンしたことに気づかず、なすがままに「東京カレー屋名店会」に入店。
散々悩んだ挙句、2500円の「コンボカレー」を注文。
東京カレー屋名店会 コンボカレー 2500円








出されるタイミングで各カレーの説明をたどたどしい日本語で受けますが、速効記憶領域の退化のため、キチンと記憶できず(笑)。


まあ、個々のカレーの味の違いは楽しめましたが、5種類のカレーは自分にとっては少々数が多過ぎ(笑)。

東京カレー屋名店会に協力しているお店はいずれも自分で食べに行ける範囲にあるので、各お店でそれぞれの味をキチンと味わった方がよいかな?というのが自分の結論っす(笑)。

お店を出ると15人ほどの行列でした。

東京カレー屋名店会
千代田区有楽町2-7-1 YURAKUCHO ITOCiAフードアベニューB1F
TEL:03-3211-0616
営業時間:11:00〜22:30LO

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月06日

約1年ぶりに再会した和の食材を融合させたエスニックカレー♪

駒沢大学にあるピキヌーの今月のアロイっす。

※今月のアロイとは月替わりメニューのこと。

10月は「秋鮭とたっぷりキノコのカントリーカリー」
いつも通り大盛で注文。
秋鮭とたっぷりキノコのカントリーカリー 大盛 900円








表面の透明な油の層が厚めのサラサラのルーはスープカレーのごとき。
秋鮭とたっぷりキノコのカントリーカリー 具のアップ








スープカレーを食べるよう、ライスをスープに浸していただきました。

メニューの説明によるとカントリーカリーの特徴は「山に近いタイ北部でよく食べられているココナッツミルクが入らないカリー」
んで、タイカリー初めての方にはオススメできないそうです。

確かに一般的なタイカレーとは一線を画していて、スッキリした辛さと独特のスパイシーな味わいがなかなか。
具は秋鮭、シメジ、エノキ、枝豆、ネギ、油揚げetc.
和の食材と、エスニックなルーはは意外とナイスマッチング!

2006年11月に出されています

昨年も好印象だったのですが、今年もさらに好印象。

エスニックカレー好きの方には、是非是非オススメしたい一杯です♪(^o^)

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月16日

週末は500円のタイ料理ランチ♪

土日は500円のタイ料理のランチを提供してくれる「サバーイタイランド」に久しぶり行ってきました。

ランチメニューはこんな感じっす。
サバーイタイランド ランチメニュー















前回はカオパックン(タイ風エビチャーハン)を注文していたので、今回はカオマンガイ(鶏飯)を注文。
カオマンガイ(鶏飯) 500円








茹でた鶏肉を炊いたインディカ米の上にトッピングしたシンプルな構成。
甘辛なタレがついています。

個人的には卓上のナンプラーをかけるのが好みです♪(^-^)

サバーイタイランド
杉並区高円寺北3-24-6
TEL:03-3337-4616
営業時間:17:30〜02:00
土日祝:11:30〜02:00

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月11日

ネバーなグリーンカリー、結構ネバネバヘルシー♪

9月の「タイカリー ピキヌー」の月替わりメニューを食べてきました。
HP上の正式名称は『里芋、オクラ、モロヘイヤ、鶏肉の「ネバーグリーンカリー」』
いつも通り、大盛で注文。
里芋、オクラ、モロヘイヤ、鶏肉の「ネバーグリーンカリー」 900円








具は1/2茹で玉子以外はメニュー名通り。
辛さはかなり控え目。
心地良いココナッツミルクの甘さがなかなかいい感じ。
ネバネバ食材のオンパレードですが、特にモロヘイヤのヌルヌル感がヘルシーさを強調。
その他、里芋、オクラの異なるネバネバ食感とルーの組み合わせが他ではなかなか味わえないのでは?

後半は唐辛子入り特製ナンプラーをライスにかけて、辛さを強化!

今月のアロイもナイス!!(^-^)b

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月30日

ギリギリ滑り込みセーフで8月のアロイは夏野菜と牛カルビのパネンカリー。

先月のアロイの「野菜と豚肉のぬるいトムヤムカリーは、そのゆるい味わいは思い出しても秀逸。

んで、8月のアロイは「夏野菜と牛カルビのパネンカリー」。
夏野菜と牛カルビのパネンカリー 900円








枝豆の鮮やかな緑色が印象的ですが、ルーにはプチトマトやカボチャ等、夏野菜タップリ。
ピロピロ感のある牛肉も肉好きには朗報です。

自分にとっての辛さは程よい感じ。
滑り込みセーフで食べることができてよかったっす♪(^-^)

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年08月18日

福岡でフラッと入ったカレー屋さん、これがなかなかいい感じ♪(^-^)

地方の食べ歩きをする場合、雑に大別すると「事前にいろいろ下調べする派」と「行き当たりバッタリ派」に分けられるのかな?
自分はどちらかといえば後者ですが、ある程度は調べて行くようにするし、最近はケータイ情報も充実し、現場で調べることもシバシバです。

実は未食の「麺劇場 玄瑛」に行こうとして、薬院六ツ角付近をウロウロ。
すっかり大通り沿いにあると思い込み、到達できず、この店構えに出会ってしまい、入店しました(^^;。
すぱいす こ熊や 店舗








一見、和食ダイニング系のお店ではありますが、カレー専門店のようです。
炎天下でいい加減涼みたかったせいもあります(笑)。

作務衣を着用した店員さんが迎えてくれました。

メニューはこんな感じ。
すぱいす こ熊や メニュー








1024*768の大きさなので、クリックすれば文字は読めると思います。

初めてのお店の場合、基本メニューを注文するようにはしているんですが、料理説明の「日本一辛い京都祇園味幸の黄金一味をふんだんに使っている」という文に惹かれ、こ熊や激辛カレーの小を注文。

待っている間、店内を見回すと外見同様、内装も和のテイストが入ったシンプルなお洒落な感じ。

で、出てきたカレーにびっくり!(@o@)
こ熊や激辛カレー 小 600円








お店の雰囲気からして、蕎麦屋のカレーをモダンにブラッシュアップしたもので、激辛で赤くシフトしたものを想像していたから。
和の食材である青ネギがトッピングされているものの見た目はタイカレーに近いかな?
結構ココナッツミルクっぽい甘さがあり、辛さは想像していたより控え目。
ただ甘さゆえに後からくる辛さが相対的に強調され、心地よいです。
かなり好みの味わい。フラッと入ってよかった!

後でネット調べたら、オープンは2006年10月。
もともと山口市の湯田温泉にある日本料理屋の「こ熊や」が、賄いで作ってたカレーが、あまりに評判がよくて、福岡にカレー専門店作ったらしいです。

すぱいす こ熊や
福岡市中央区警固1-1-10
TEL:092-737-7776
営業時間:11:00〜23:00(ラストオーダー:22:30)
年中無休

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年07月10日

ちょっとゆるゆるな感じがいい感じの「野菜と豚肉のぬるいトムヤムカリー」

7月のピキヌーのアロイっす。
野菜と豚肉のぬるいトムヤムカリー 900円








先月の「ひき肉とナスのミステリーカリー」もよかったんですが、今回はゆるゆるの味わいに驚きました。

ぬるいと表記されているのに、ライスをルーに浸しての最初の印象が「えっ、ぬるい?」。
野菜と豚肉のぬるいトムヤムカリー アップ画像








美味しかったのと個人的に写真のできもよかったので写真のサイズは1280*960。

熱いモノは熱く、冷たいモノは冷たく、という主義で、一口目は一瞬違和感を感じたのですが、食べ始めると実にいい感じ。
甘さと酸っぱさのエスニックな味わいがライスと具をコーティング。
具は豚肉に、クラッシュトマト、粘々オクラ、シャッキリセロリ、好き嫌いが分かれるパクチー等。
なかなかヘルシーでもあります。

後半は辛さを補強するために、唐辛子入りナンプラーを投下。
これがまた味を引き締めます。

ぬるいカレーは初体験でしたが、実にナイスな食体験っす♪
お店のB.G.M.がボサノバでしたが、気だるそうなメロディーがぬるいカレーにフィットしていました(笑)。

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月17日

「赤」と「黒」のお店で『「黄」ありますが、いかがですか?』

改装後、2度目。

お店の人に顔を覚えてもらっていたのか、入店すると『「黄」ありますが、いかがですか?』
強面の店主より、笑顔の歓迎にビビッてしまい、「はい、お願いします」と素直に注文。

元々知り合いから『「黄」が出ているよ』と教えられたので、予定通りの注文っす(^^;。

黄 1500円







「黄」も相変わらずトロピカルでエスニックな鮮やかさ。
カレーの味付ということで、スープの表面はイエローっぽい。
メインのテイストはタイ料理の心地よい辛さと酸味と甘み。
カレーの風味は想像していたより抑え気味。

ライス







ライスに具とスープを







カレーといえば、ライス。
一緒についてくるインディカ米のライスに具とスープを加えます。
具は魚介のすり身とか、カボチャ等の野菜。
ナンプラーを加えて、さらにエスニックテイスト。
んで、ワサビもいい感じで合います。

会計時に「味はいかがでしたか?」と尋ねられたので、「想像していたよりカレー風味が控えめでした」と素直に回答。

カレーの風味は気軽に調整できるとのことなので、次回はカレー増しで(笑)。

藤巻激場
世田谷区池尻3-19-5
TEL:03-5481-5838
営業時間:12:00〜15:00
不定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年06月02日

ひき肉とナスのミステリーカリー。

6月のピキヌーのアロイっす。
ひき肉とナスのミステリーカリー 大盛 900円







ひき肉とナスのミステリーカリー アップ







タイカレーで、具が挽肉とナスは珍しいかも。

ココナッツミルクを使っていないので、スパイスの風味がストレートに楽しめます。
油とナスの相性はナイス。
辛さはそこそこ。
まあ、辛さに弱い人にはあんまり薦められませんが(^^;。

会計時に聞いたのですが、ネーミングは適当だとか(笑)。

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月12日

営業再開した藤巻激場に開店前に・・・(^^;

改装のためしばらく休業中だった藤巻激場の前を通ったところ、なんだか営業している雰囲気。
11時30分と本来の開店時間である12時より前でしたが、ドアを開けると先客が3人。
「大丈夫ですか?」と確認をして、着席。

注文はトムヤム激場麺の黒です。

トムヤム激場麺 黒 1500円







甘さ、辛さ、酸味等が感じられるエスニックな味わい。
黒ゴマの香ばしさが加味されて、いい感じっす。

トムヤム激場麺 黒 麺のアップ







平麺はスープに負けない力強さ。

ライスにスープをかける







一緒に出てきたライスはスープの具とスープをかけて、スープご飯に。
これまた美味っす。

まあ、1杯1500円なので、毎日気軽に食べるというわけにはいきませんが、満足度は高いです。

会計時に営業時間について質問したところ、やっぱり12時開店でした(^^;。

藤巻激場
世田谷区池尻3-19-5 
TEL:03-5481-5838
営業時間:12:00〜15:00 
不定休

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月20日

辛いモノ好きにオススメしたい4月限定の海老のルアンカリー。

駒沢大学にある「タイカリー ピキヌー」
「今月のアロイ」ということで毎月月替わりメニューを提供しています。
んで、4月のアロイを食べてきました。

海老のルアンカリーです。実は昨年の8月にも出されています。
海老のルアンカリー 大盛 900円








まずは香りからして辛いっす。
今回は海老のダシより、辛さが強調されている印象。
海老のプリプリ、メンマのシャキシャキ、ナスのシットリ・・・。
辛さと食感のハーモニーが口の中で炸裂。
海老のルアンカリー ルーのアップ








ライスはインディカ米。
サラリとしたルーには合います♪
海老のルアンカリー ライスをルーに浸す








お店を出てからもしばらくは口の中がヒーヒーっす!

※今月のアロイは平日の14時からの提供です。

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月17日

タイ風激辛炒飯。

たまたま前を通ったタイ料理屋さん。
タイ風激辛炒飯なるメニューがあったのでついつい入店しました。

タイ風激辛炒飯 788円








出てきたタイ風激辛炒飯ですが、香りからは辛さは想像できません。
ひと口目・・・、ん?
あんまり辛くないです。

タイ風激辛炒飯 お米のアップ








お米はインディカ米。
チャーハンにはこちらが合います。
タイ米という表記もありますが、個人的にはインディカ米という表記の方を使っています。

タイ風激辛炒飯 目玉焼を割ってみる








途中、目玉焼きを割ります。
辛いことは辛いのですが、激辛とまでは行きません。
黄身が辛さをマイルドにしてくれます。

メニューはいろいろあるので、機会があればまた行きたいと思います♪

Thai Restaurant BOSS
新宿区高田馬場1-29-5
TEL:03-5292-2236
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜23:30
土日祝:11:30〜23:30

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月15日

いわゆる海南風チキンライス。

チキンライスといえば、鶏肉、タマネギ、グリーンピース等を炒めて、ご飯を加えて、さらに炒めてケチャップで味付たものですが、ここ最近露出しているのが、マレーシア半島で誕生した海南風チキンライス。

チキンスープでご飯を炊き、茹でたぶつ切りの鶏肉を添え、チリソース等で食べるモノです。

そんな海南風チキンライスが品達の「地鶏炭火焼 旬」で春の限定メニューで登場。
---
ヘルシーでジューシーな蒸し鶏の味わい

国産若鶏をヘルシーかつコラーゲンたっぷりのジューシーな食感に蒸し上げ、ガーリックライスに菜の花とがらスープを添えました。自家製ごまだれとポン酢でお召し上がりください。
---
薩南チキンライス<がらスープ付> 750円







薩南チキンライス アップ画像








かなりボリューム感のある鶏肉。
軽く塩で味付されているので、タレにつけなくても十分にイケます。
胡麻ダレとポン酢、いずれもいい感じですけども、個人的にはナンプラー等を使ったタレが用意されていれば満足度はさらにアップしたかな?

がらスープ








鶏ガラのスープは、我が故郷の水炊きの味わいを髣髴させます♪

品達
港区区高輪3-26-20
TEL:03-5475-7020

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月18日

3種類のタレで食べるタイのチキンライス♪

現地の言葉ではカオマンガイ。
茹でた鶏肉がトッピングされたご飯っす。
カオマンガイ 780円









タレは手前から甘辛・スパイシー・生姜レモンの3種類。
個人的にはスパイシーが好みっす♪

ヤフークーポンでデザートのサービスを受けました。

日替わりでこの日はニムニムというココナッツプリン。
ニムニム(ココナッツプリン)









シットリとした口当たりとほんのりとした甘さがいい感じっす。

チッキン アムリタ
世田谷区代沢5-29-8浅野ビルA
TEL:03-3411-0141
営業時間:12:00〜15:00 17:00〜22:00
水曜定休
チッキン アムリタ 店舗


delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月15日

エビ入りマーボごはん!

先日食べた角煮丼が終了し、エビ入りマーボごはんなるものが始まっていたので、入店。
エビ入りマーボごはん 800円









プリプリでエスニックな麻婆丼って感じっす。
このテイストは初体験かも♪(^-^)

ベトナム あじあ 酒家 インドシナ
文京区小石川5-3-3 小石川MKビル
TEL:03-3815-4190

delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年03月12日

豚骨スープは世界三大スープを凌ぐことを実感させられたトムヤムそば。

ウィキペディアによると世界三大スープとは、ブイヤベース、ボルシチ、《ふかひれスープもしくはトムヤムクン》らしいです。

まあ、それはよいとして、バサノバでトムヤムそばを食べました。
前回食べたグリーンカレーそばがムチャ美味しかったので期待大。

ひと口啜るとトムヤム系の酸味と辛味。
いやー、これがマイフェバリットの琴線に16ビートの立てノリ状態でガンガン響きます。
トムヤムと豚骨のマッチングはバッチグー!(^-^)b
トムヤムそば 850円









この細麺もスープに合います。
麺のアップ










揚げワンタンの中身は魚のすり身っす。
揚げワンタンの断面










いやー、満足っす♪(^o^)/

ちなみにスープに浮いているキノコは東南アジアの珍しいものかなと思ったら、シイタケとのこと。

豚濁和出汁ソバ バサノバ
世田谷区羽根木1-4-18新代田たちばな荘102号
TEL:03-3327-4649
営業時間:17:00〜04:00
土日祝:12:00〜04:00
※4月1日より午前3時までの営業になるそうです。

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2007年03月03日

春キャベツなタイカリー♪

駒沢大学にあるピキヌーの月替わりメニューっす。
2月は食べ損ない、どんなメニューだったのかも不明(>_<)。

3月は「春キャベツと豚肉のパネンカリー」。
春キャベツと豚肉のパネンカリー 大盛 900円









春キャベツと豚肉のパネンカリー アップ









春キャベツ、シメジ、プチトマト、ピーマンetc.
野菜タップリでヘルシー!
何度か書いてはいるんですが、ピーマンは少々苦手なのですが、ピキヌーのカレーに入っている分には問題なし。
シャキッ、サクッといった食感、トマトのすっきりした酸味がいいっす。
豚肉のピロピロ感もいい感じ。

豚肉って、宗教的タブーがあり、代表的なのがイスラム教。
どういった経緯でイスラム教徒が豚肉を口にしなくなったことは不明ですが、教祖のムハマンドの個人的な嗜好がかなと勝手に思うわけです。

まあ、かつて豚骨エキスが入ったカップ麺をイスラム教徒圏で販売し、逮捕された日本カップメーカー社員は不運だったんでしょう。

まあ、それは自分にとってはあまり関係ないことで、オススメのカレーっす♪(^-^)

タイカリー ピキヌー
世田谷区駒沢1-4-10
TEL:03-3422-7702
営業時間:11:30〜16:00 18:00〜21:00頃
日曜:12:00〜16:00 18:00〜21:00頃
水曜定休

delicious_a_gogo at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月08日

ベトナム料理な角煮丼。

大盛で注文。
角煮丼 大盛 800円










ご飯大盛は無料っす。

角煮丼 アップ










角煮はかなりトロトロでやわらか。
八角の風味がかなり効いています。
なるほどエスニックな味わい。

大盛ゆえ、後半はちょっと飽きます(笑)

辛目のソースと、ナンプラーいやベトナム料理だからニョクマム、で味を変えながら食べました。

食後はちょっとお腹がもたれました(^^;。

ベトナム あじあ 酒家 インドシナ
文京区小石川5-3-3 小石川MKビル
TEL:03-3815-4190
ベトナム あじあ 酒家 インドシナ 店舗


delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月06日

ぴあラ本クーポン、5枚目は山西省生まれのダオシャオミエン。

刀削麺です。日本語では「とうしょうめん」と読むのですが、中国の発音だと「ダオシャオミエン」らしいです。

多分自分の記憶では、10年ほど前に日本で出回り始めたのかな?
当時は、本場中国の「麺点師」しか作ることができないというプレミアム感があったと記憶しています。
ただ、首都圏では「刀削麺荘」が他店舗展開したので、自分にとってはありきたり感(笑)。

そんなわけで、クーポンを使うために「刀削麺荘 飯田橋店」へ。
クーポン券








「富士見町2-2-3」という住所を「飯田橋2-2-3」と勘違い。
おかげで「九段 斑鳩」の昼時の行列を確認することができました。
30人近い行列。やっぱり日テレのラーメン番組の悪影響?

自転車なので、そんな勘違いもあっという間にリカバーっす。
お店に到着した頃には6人ほど並んでいましたが、程なく入店。

麻辣麺700円を注文。
麻辣麺 700円










表面は厚めの透明な油の層。
パクチーがトッピングされています。
「パクチー多めで」と注文すると小皿に盛られたパクチーが出てくるみたい。
常連っぽいお客さんは注文することが多かったです。

麻辣麺 アップ画像









以前、読んでいた「鉄鍋のジャン」という料理漫画(現在続編が週刊少年チャンピオンで連載中)によると、刀削麺の特徴は菱形の断面で、薄いところでスープと絡まり、厚いところで麺のコシを作っているとのこと。
実際ピロピロとモッチリのダブル食感!

パッと見は、インゲンや挽肉は目立ちませんが、結構入っています。


辛さと四川山椒の痺れが心地よいっす。

弱点は跳ねやすいことでしょうか?
紙エプロンを用意されていますが、自分は使わずに食べました。
結果として、器に顔を近づけて食べるという、見た目にカッコ悪い犬食いスタイルになってしまいました。

最後はクーポンによる杏仁豆腐。
杏仁豆腐










ヒートした口の中を控え目な甘さがクールダウンさせてくれました。

※こんなに多店舗展開しなければ、逆に刀削麺を食べているんだと思います(笑)。

刀削麺荘 飯田橋店
新宿区富士見町2-2-3
刀削麺荘 飯田橋店 店舗


delicious_a_gogo at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年02月02日

バジルライス小+小そば⇒2007年初めてのメーヤウ。

マイフェバリットはメーヤウカレー(大辛)のルーとライスの大盛ですが、今回は「タイ風バジル炒めライス(挽肉・竹の子・パプリカ)」と「タイ風牛肉煮込みそば」の各小セットを注文。

タイ風バジル炒めライス(挽肉・竹の子・パプリカ) 小 450円









甘辛いナイスな味わい!

タイ風牛肉煮込みそば 小 420円









あっさりっす。
中太の平打ち麺は米粉かな?

首都圏だと早稲田や神保町にも「メーヤウ」という店舗がありますが、メニューには以下のことが書かれていました。
『当店は1983年創業のタイカレー専門店です。「メーヤウ」を名乗る他の店舗とは一切関係ありません。』

系列だと勘違いしている人もいるし、無関係だと認識している人もいます。
まあ食べればわかること。
メニューも味も全然異なりますから(笑)。

メーヤウ
新宿区信濃町21 大門ビルB1
TEL:03-3355-0280

delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月28日

久しぶりに食べたカシミールカレーはやっぱり辛いっす!

たまたまお店の前を通った瞬間、辛いモノを食べたい衝動に駆られました。

というわけで迷わず、カシミールカレーを注文しまた(笑)
カシミールカレー










ライスとルーを一緒に撮影するとルーの黒さが余計に強調されます。

サラリとしたルーにはチキンがゴロリ。
カシミールカレー ルーのアップ










香りだけでも辛さが伝わってきます。

ルーをライスにかけました。
カシミールカレー ルーをライスにかけたところ










ジャガイモもゴロリ。
辛いことは辛いですが、辛さの中に旨さあり。
ほんのり酸味とか、コクとか、いい感じっす。

デリー 上野店
文京区湯島3-42-2
TEL03-3831-7311
デリー 上野店 店舗


delicious_a_gogo at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
訪問者数

livedoor×FLO:Q パック