2013年04月28日

☆『SEVENTH HEAVEN アキラ vol.1』感想☆

ふぅ〜久しぶりにシチュCDの感想書いたなぁ。
拍手お礼は後日させていただきますのでお待ち下さいね。

さて、お待たせしました。
以下、『SEVENTH HEAVEN アキラ vol.1(CV:野島健児)』の感想です。
長いうえがっつりネタバレを含みますので、そういうのが苦手な方やまだお聴きになっていない方はご注意を。
むしろ長い感想が読みたいという方、声優さんがお好きな方は続きをクリックして下さい。


このブログにある記事・感想の無断転載・転写は禁止です。
感想は、私が自分の萌えを抑えられずに書いている自己満足なものですが、それでも二次創作同様に、書く時にはそれなりの時間と労力を費やしています。
そして、何よりも毎回その作品に対する愛を込めて書いているつもりです。
全文ではなくとも、文章の一部を抜粋したり、または語尾だけを少し変えたりしたうえで、それらを繋げてご自身の感想とする事もお止め下さい。
このような事を記載して不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、以前、実際にされていた方をお見かけしたので、あえてここに書かせていただきます。
どうかご理解いただけますようお願い致します。

今回、私はステラさんで購入したのでSSが付いてきましたが、アフィリ画像貼ったR天のコミコミさんではイラストカードが特典に付いてくるみたいですね(^^)


さて、今回死神・アキラを演じていらっしゃるのが野島健児さんです。
実は私、ワスレナが本命なので、最初はセブンスも気にはなってるけど購入する予定じゃなかったんですよね。
でも・・・サンボイ聴いて心が揺れて、サンプルソング聴いたらそのままヘブンしてしまいました(笑)
ダミヘソングって初めて聴いたけど、いや・・・破壊力が凄いです!
そして、野島さんのお声を拝聴するのも今回が初めてだったりします。
いいお声ですよね〜(///∇//)ウットリ そして歌が物凄くお上手で!
そんな訳で、すっかりとアッキーラにハマっていたりします。

クールでドSなツンデレキャラなアキラですが、不器用な性格というか本当は優しいのに素直じゃないところとかが非常に私のツボで萌えましたvv
色んな意味で可愛いんですよ〜アッキーラ♪
そして、時間を重ねるごとに彼女への想いを募らせていくわけですが、アキラの感情の変化を実にお上手に野島さんが演じていらっしゃいました。
後半がね〜もう切なくて切なくて涙なしでは聴けません(ノω<;)

それでは、いつものように各トラックごとに感想を書いていきますね。
ちなみにCDの収録時間は60分ちょっとです。

Drama

飛び降り自殺をするために『柊館』を訪れた彼女。
鉄柵を乗り越えたところで、SEVENTH HEAVENを名乗るアキラが現れます。
彼の姿は、死を渇望し運命から逃れられない・・・そんな者にしか見えないのだとか。
死神の1人だというアキラに、声も出ずその場にすくむ彼女。
今宵は月が霧で隠れてしまっており、あの世の扉が閉ざされている為、今すぐ殺すことはできないとアキラに告げられます。
たとえ今死んでも、魂までもはあの世に行くことはできないようですね。
SEVENTH HEVENのメンバーとポーカーで賭け事をして、勝負の結果この場に来ることになったと言うアキラ。
ちなみにSEVENTH HEAVENを名乗ることができるのは、魂を奪うだけとは違い、歌声に昇天させる力を宿す選ばれしものだけで。
死を望む人間を、死の苦しみをも上回る快楽と共にあの世に逝かせることができるらしいです。
ただ、どうしても逝かせてほしいのなら、次にあの世の門が開く満月の夜まで、退屈しているアキラの暇つぶしにその身を捧げろと言われてしまい──。
彼の姿を見てしまった以上、この歌声をもって昇天しない限り、この地に留まる亡者になってしまうらしく、彼女に選択権はありません。
「・・・まだお預けだ。満月の夜まで、せいぜい俺を楽しませてくれよ?」

Drama

柊館で共に生活を始めた2人。
ある日紅茶を淹れるのが遅いとアキラに怒られてしまいます。
そして、紅茶はもういいから傍に来るよう告げられるのですが・・・。
「お前の魂からは、清く甘い香りがする」
随分遠い昔に感覚を失くしてしまったというアキラですが、不思議と彼女の香りには惹きつけられるそうです。
それ程までに彼女は魂を傷つけられ、絶望の果てにここへと足を踏み入れてしまったようですね。
今すぐ力ずくで彼女を殺し、痛みを与えることもできると怖い冗談を言ったりもするんですけど、必ず昇天させてやるという約束は守るというアキラ。
いや〜この辺もツンデレキャラっぽくてキュンキュンしちゃいます(*´艸`)
でね、この後アッキーラに名前を聞かれるんですが。
名前を呼んでもらえると期待した途端、まさかのドブネズミ呼びですよ(笑)
アッキーラ様、さすがです\(^o^)/←
せめてもうちょっとマシな名前にしてくれよ、とツッコミ入れたのは私だけでは無いハズ。
いやいや・・・これはちょっと辛いんじゃないのと思ったんですが、ドブネズミ呼びされるのは数回だけなんでご安心を(^q^)

「さぁ・・・もっと顔を見せろ。俺の渇きを満たせ。ほら・・・もっと・・・もっとだ」

その後、軽く口付けながら彼女の耳元に囁くアキラ。
ここではまだ彼女のことを単なる暇つぶしの対象としか見ていないようです。
気が遠くなるほどの時間を生き、そしてこれからも永遠に生きていかなければならないアキラにとって、この世界は退屈すぎるのだとか。
「あぁ・・・そうだ。お前、今夜俺の部屋に来い」
怯える彼女に、たっぷり楽しませてやると告げながら部屋を後にするアキラですが・・・。

「さて、と・・・そろそろ楽しませてもらおうか?ふふっ、どうした?怯えているのか?・・・ん?」
「何が恐ろしい・・・ほら、言ってみろ・・・さぁ・・・肩の力を抜け。お前もその方が楽しめる」

言われた通り部屋を訪れた彼女をベッドに押し倒し、耳元で囁かれるのですけどね。
ここのアッキーラの囁きに頭パーン\(^o^)/ってなりそうになった(笑)
でねでね、めっちゃドキドキしながら覚悟を決めたらまさかの展開に。
「おい・・・お前・・・ポーカーのルールは知っているな?」

・・・・・・え?(*・∀・*)

ポーカーかよっっっ!!!(笑)
何をされると思ってここまで来たんだって、そんなのもちろんアレとかコレとかに決まってるじゃないですか(*/∇\*)キャ←アホww
いや〜すっかりアッキーラに騙されちまったぜ(ノ∀`*)テヘ
それからこの後、2人でポーカーするんだけどアッキーラが勝負に弱くて萌えた!!(笑)
めっちゃ自信満々だったのに弱いとかね〜。
彼女に負けて拗ねるみたいに文句言ってるのが子供みたいで可愛くて堪らんです(*´艸`)
私のツボをぐいぐい押してきますよ、この死神はvv

たぶん彼女も、こういうアキラの可愛い部分に触れて少しずつ心を開き始めたんでしょうね。
彼の様子を見て思わず笑うんですが、不愉快だと言いながらもその笑顔をいいなと思っているアッキーラがまた可愛くてどうしたらいいですか?
あ、そうそう。
ブログでのざわさんが言ってましたが、アッキーラの紅茶の飲み方はやはり異常でした(笑)
そして、感覚があった頃に猫舌で、その癖が抜けないとかどんだけ可愛いんですか、アナタは?
ここでのやり取りは萌えが盛りだくさんで、聴きながらずっとニヤケっ放しだった美咲です(*´∀`*)

Drama

美しいパイプオルガンの音色。
弾いているのはアキラで、彼女は驚きを隠せないようです。
一曲聞かせて欲しいという彼女に、あまりジロジロ見るなと言ったり冗談を言ったりするアキラなんですが、この辺のやり取りもまた可愛いんですよね〜♪
しかし、あろうことか、アキラの曲を聴きながら彼女はソファで眠ってしまったようです。
しかも、うなされていたのが彼は気になっているようで。
話しながら彼女を気遣うアキラの優しさにちょっとホロリときそうになりました。

夜風に当たり気持ちを落ち着かせに行った彼女。
なかなか帰って来ない彼女を心配してアキラが迎えに行くのですが、心配などしていないと言い張る彼に萌えます(*´д`)

見上げれば空には半月。
満月が待ち遠しいかとアキラに問われ、俯く彼女。
それを見たアキラは、彼女の許可を得て手をとります。
ここでアキラはシオンに嘘を教えられたことに気付くんですが、ちょこちょこ他のセブンスメンバーが出てくるのが萌えますねvv

彼女に触れたアキラの手は死人のように冷たくて──。
生きているのとは違う自分たちには、人間のようにぬくもりなどない。
不便などないが、彼女の手の温かささえも分からないのは不満だと、アキラは静かに言います。
「だが・・・こうして触れていれば、お前の手の小ささは分かる」
ここのシーンがね・・・何だか凄く切なかった。
彼女の運命を変えることはアキラにもできない。
だけど、それならばせめて、この力で痛みなどないように送ってやる、と。
「安心しろ・・・こんなにも甘く香るお前の魂を傷つける者は、もう何処にもいない」
。・゚・(*ノД`*)・゚・。
耳元で優しく囁かれた言葉に、思わず涙が零れました。
アッキーラ・・・優しすぎる・・・。
そしてそれは彼女も同じだったようで、幾つもの雫が頬を伝ってゆきます。
悲しくて泣いているのではなく、嬉し涙を流す彼女にアキラは驚きを隠せません。
人は嬉しい時には笑うものではないのか、と。
あぁ・・・何かこのシーン大好きだ。
アキラに自覚はないのかもしれないけど、確実に彼女に惹かれ始めているのが分かります。
ちなみに、アキラの笑顔も見てみたいと強請る彼女に向かって「いーやーだ!!」って言うところがあるんですが、もう可愛くてゴロンゴロンしそうでした(*´ω`*)

Drama

ある日、アッキーラの部屋を訪れる彼女。
暖炉の薪がもうないので、離れに取りに行くと言うのですが。
一緒に行くと彼が言おうとした矢先、1人先に部屋を出て離れへと向かってしまいます。
ここのシーンでのアッキーラの声音が、最初に比べて凄く優しくなってるのが分かるんですよ!

先に離れへと向かう彼女をすぐに追いかけるアキラ。
しかし、この後彼女に追いついたアキラの様子がどこかおかしくて・・・。
最初聴いた時に「え?なんで!?」ってちょっと戸惑いました。
彼女のことを大切に想ってくれているんじゃなかったの、と。
いつもとは違うアキラに、彼女も恐怖を感じ後ずさります。
「あぁ・・・そうだ。俺の為に、もっとその声を聴かせてくれないか?」
「ほら、聴かせろっ!あぁ・・・こうすればいいか」

嫌がる彼女の手首を強引に掴み、そのまま壁に押し付けるアキラ。
逃げ場を失った彼女は、震えながらも信じられないといった表情で見つめているようです。
そんな彼女の首筋や耳に唇を這わし、やがては肌に指を触れ口付けて。
そして、欺かれた自分は愚かだと泣き喚けと声を荒げるのですが・・・。
彼女の口から出た言葉は意外なものでした。
『アキラがアキラではない』と。
何故なら、触れたアキラの頬が温かかったから──。
そう、本物のアキラは温かくないということを、彼女は知っているんですよね。
正体がバレたことで、強引に自分のモノにしようとするまやかしですが──そこへ本物のアキラが追いついて彼女を救ってくれます。
わーーーん!!アッキーラーーーーーーー!!!待ってたよ!!待ってたの!!!(*´д`)←
その後まやかしは、アキラに苦しみを与えられ消滅させられます。
大切な彼女に触れたことに対し、強い怒りを感じているアキラが凄く萌えた!
しかもカッコイイの〜(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
このシーンでは、まやかしであるアキラと死神であるアキラの声のトーンが微妙に違うんですよ。
ちゃんと演じ分けられている野島さんが凄いなぁって思いました。
そして、ここでもアキラの優しさが伝わってきて・・・凄く胸が苦しくなりました(ノω<;)
「だが俺は、今お前を温めてやることだけはできない。お前のぬくもりを感じることも・・・」
「俺が人間の男であったなら、できたのだろうが・・・そうか、これが死神の宿命か」

本当はギュッと彼女を抱きしめ、自分のぬくもりで満たしてあげたかったんだと思う。
でも、死神である自分にそれはできなくて。
ううっ・・・切ない・・・切ないよ。
明日は満月──そう言ったアキラの口から零れた小さな溜息は、時間を告げる鐘の音に掻き消され・・・。

Drama

アキラが彼女の部屋を訪れると、眠れずに起きている彼女の姿が目に入ります。
そんな彼女にポーカーでもしないかと提案するアキラ。
彼女が勝てば、魂をあの世へ送ってやる、と。
そして、最後のゲームが始まります。
あっという間に過ぎ去る穏やかな時間。
あともう少しだけ・・・そんな想いが互いの胸の中にはあったのだと思います。
しかし、時を告げる鐘の音が静かな部屋に響き渡り──。
「見ろ、雨も止んだようだ。お前があの世へ逝くのにふさわしい。見事な満月だな。勝負は終わりだ。さぁ・・・行こう」

Drama
最後は薔薇園がいいと言う彼女。
そして、薔薇に囲まれる彼女を美しいと素直に告げるアキラ。
久しく忘れていた様々な感情を想いださせてくれた彼女に対して、アキラは礼を告げるのです。
「俺は・・・約束を守る。お前の為に歌おう」
「だが最後に・・・お前に触れてもいいだろうか。お前の魂に・・・」
「いや・・・忘れたくないんだ・・・お前を」

もうね・・・ここから涙が止まりませんでした。・゚・(*ノД`*)・゚・。
アキラによって解き放たれた彼女の魂。
美しい煌めきを放つ彼女の魂に、アキラは近づき抱きしめます。
魂に触れることで、初めて彼女のぬくもりと熱が伝わって。
じんわりとした心地よさがアキラの身体中を包み込みます。
けれども、こうしていられる時間は限られている。
そして、一度ぬくもりを知ってしまえば、彼女がいなくなった後この記憶に苦しみ続けることになると分かっているのに。
触れるだけでは満たされなくて・・・彼女のぬくもりが・・・彼女の全てが欲しくて。
彼女の感触をこの身に刻み込むようにして、優しく、幾度も口付けていきます。
ここのシーンは本当に切ないです(ノω<;)
せっかく想いが通じ合ったのにこのまま別れなければならないなんて辛すぎる。
でもね、最後にこうして互いのぬくもりを確かめ合うことができたのは本当に良かったと思いました。
「お前の最後を見届けるのは俺だ・・・他の誰でもなく・・・俺だ」
募る想いを口付けに変えながら、アキラは最後の瞬間まで彼女へ溢れる想いを告げるのです。
刻々と迫る別れの時間。
「約束だ。俺は・・・お前を忘れたりしない」
彼女の幸せをただ願いながら、アキラは優しく穏やかに囁きます。
「さぁ・・・目を閉じて・・・最後の快楽を・・・与えてやろう」

Love Delight

目を静かに閉じた彼女に、アキラの歌声が届き始めます。
彼の声は、じんわりと身体中に伝わり、彼の言葉が、ゆっくりと彼女を包んでゆく。
それまで心の奥に閉じ込められていた痛みも、苦しみも、全てが解放されていくような感覚。

この歌は、本当に心に響いてきました。
アキラの彼女を想う気持ちが、歌声と共に伝わって来るんです。
サンプルソングにもありましたが、最初「まだ逝かないでくれ」とアキラは言います。
愛した彼女を逝かせたくない、自分の傍にいて欲しいという想い。
そして、後半の歌の途中に台詞が幾つか入るのですが、これがまた物凄く切なくて(*´д`)
全部書くとアレなんで、一部のみ抜粋しますが。
「まだ逝くな」
「可愛い顔だ」
「さぁ、苦しかっただろう」
「よし・・・・・・」

「もう、逝っていいぞ」


ここのね、「よし・・・」の間の部分にアキラの想いが凝縮されてると思うんです。
本当は逝ってほしくはない。
けれども、愛する彼女の幸せを願う為に、痛みや苦しみから解放し快楽と共に送ってやりたい。
「もう逝っていいぞ」──これをアキラがどんな気持ちで言ったのかと思うと、本当に胸が痛くて切なくて涙が止まらなくなります。
そしてもう1つ。
「悲しい記憶は すべて忘却(わす)れて この愛だけ 刻んで逝け」
この歌詞からアキラの優しさが伝わってきて毎回泣いてしまいます。・゚・(*ノД`*)・゚・。
切ない・・・切なくて苦しい。
ジャケ裏の描き下ろしイラのアッキーラの表情を見ると余計にその想いが強くなる。
歌を聴いてこんなに泣けるのは初めてです。
感情移入して聴いてるのももちろんあるんだけど、この歌を聴いていると不思議な気持ちになるんですよね。
何と言うか、自分の中にある負の感情が浄化されていくような気がするんです。
だからこそ、アキラの台詞や歌詞が心により響くのかもしれません。
野島さんの歌声、本当に素敵で癒されました。
この歌は是非CDで最初から通して聴いていただきたいです!

Extra Track ~LastMessage~

アキラの歌声により彼女の魂は無事に昇天したようです。
しかし、腕の中の彼女の身体はまだ温かくて。
動かなくなった彼女を抱きしめながら、アキラは自分が独りになってしまったことを思い知らされます。
けれど──いつか彼女のぬくもりが感じられなくなったとしても、この苦しみが2人を繋ぎ止めてくれる。
だから、きっとどんなに長い月日が経とうとも、アキラの記憶の中から彼女の存在が消えることはないのだと思います。

以上で、セブンス・アッキーラの感想を終わります。
個人的にはツンデレキャラが大好物なので凄くよかったですよ!
前半はアッキーラの可愛さにかなり萌えさせていただきました(*´艸`)
そして、アッキーラの感情の変化を野島さんが凄くお上手に演じていらっしゃるので、そこは本当にキュンキュンします。
官能ソングもめっちゃ素敵なので、是非是非ドラマパートから通して聴いていただきたいです!
歌だけを先に聴くよりも、通して聴いた方がアッキーラの想いがより伝わってくると思うので。
ちなみに、最初『官能ソング』っていうくらいなので、もっと艶っぽいシナリオなのかなぁって思ってたんですが。
艶っぽさはわりと抑えめで、切なさとか可愛さが多かったように思います。
あ、でもリップ音とか囁きはあるので、そこはぐはぁぁぁってなりますよ(笑)
野島さんお好きな方は特にゴロンゴロンすると思います(^q^)
ただ、ワスレナみたいな濃いのを期待してるとちょっと物足りないかもしれないですね。
あと、やはりこれはシナリオ的に仕方がないのかもしれませんが、ラストが悲しい終わり方なのでそこで好みが別れるかもしれません。
私も途中はどれだけ切なくてもいいので、ラストは幸せに・・・と思うタイプなんで今回はちょっとモヤモヤするものはあります(^^;
そうは言っても、シナリオ的にはこれが自然な流れなんだろうと思うので、ここはもう本当に好みなんでしょうね。
切ない系が好きな方には堪らないと思います。
それから、ステラのSSがまた切ないんですよね(T_T)
彼女を愛する気持ちがめちゃくちゃ伝わってくるSSで、CD聴いてから読むとまた泣けてきます。

ラストは悲しいですけど、私はアッキーラが愛おしくて大好きですよ。
野島さん、今回は素敵な死神・アキラを演じて下さって本当にありがとうございました!
これからも耳が溶けるほどリピしたいと思います(笑)
あ、もう1つ・・・野島さんのフリートークがなかったのが今回ちょっと残念でした(´・ω・‘)ショボーン
ガルスタで語ってたようなお話を直接聴きたかったなぁ。

ちなみに今後のセブンスは、直純さんと鈴達さんのキャラが気になってるんですが、全キャラのサンボイをチェックして購入を決める予定です(*´艸`)

長い感想を最後までご覧いただきありがとうございました。

delicious_d at 23:47│Comments(11)SEVENTH HEAVEN 感想 

この記事へのコメント

1. Posted by MKchan   2013年04月29日 22:55
5 お久しぶりですー!そして、素敵な感想ありがとうございます<(_ _)>
楽しく読ませてもらいました(^_^)
やはり勿忘草の影響か、Rejet.作品から逃れられないようですね…壁]ω・)ニヤリ

私もSEVENTH HEAVEN集めてますよ〜
勿論アニメイトで!(^-^)
アキラサマ素敵でした〜(*´艸`*)
本命は直純さん演じるイツキなのですが
やはりRejet.への愛ですね。
ハイ、誘惑に負けました!(^-^)/

アキラサマの『イーヤーだ!』は悶絶ですね
この台詞にどれほど悶えたことか…w
歌は夜寝ながら聴いてたので枕が大変なことになりました(ノД`)
もーーー辛くて切なくて…!

勿忘草には適わないんですけどねw
また素敵な感想楽しみにしてます(*・ω・)ノ
2. Posted by 美咲唯乃   2013年05月02日 19:35
MKchanさん、こんばんは(^-^*)
お久しぶりですv
コチラこそ、感想をご覧いただきありがとうございましたヽ(^o^)丿
少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しいです♪
は〜い、もうワスレナ以来リジェ作品にハマっていますよ(笑)
おおっ!MKchanさんもセブンスを購入されたのですね。
アッキーラ素敵でしたよね(///∇//)
私も「いーやーだっ!」は可愛すぎて転がりました(^q^)
歌は切なくて泣けますよね(ノω<;)
私も寝る時に聴くと枕を濡らしてしまいます(´・ω・`)
長い感想ですが、そのように言っていただけると励みになります!
また是非遊びにいらして下さいね。
3. Posted by Ahley   2013年05月08日 20:33
5 美咲さん、初めまして!
Ashley(アシュリー)といいます(^^)

実は美咲さんの素敵なシチュCD感想、
勿忘草から個人的に大変お世話になっております…!!
もともとRejetさんのゲーム作品が大好きで、
シチュCDはあまり関心がなかったのですが……
美咲さんの勿忘草感想を見させていただいているうちに
世界観にどっぷりハマってしまいまして(笑)

トラックごとの解説と美咲さんのリアクションが毎回素敵すぎて、
「こんな書き方されたら実際に聴きたくなるじゃないかーっ!!」
という感じで思わず全巻購入しちゃいました(*^^*)
勿忘草は第二期も楽しみですね!!

そして今回の記事のSEVENTH HEAVENは、
正直金銭的なアレもあって今回はちょっと……(><)
と諦めようとしてたんです…………がっ!!

美咲さんの感想見ちゃったらいつの間にかステラ通販さんで
アッキーラCDをカートに入れてました(笑)
まだ届いていないのですが、今から聞くのが楽しみでしょうがないです…!!

これからも美咲さんのシチュCD感想を心待ちにしてます!
4. Posted by 美咲唯乃   2013年05月08日 23:35
Ashleyさん、初めまして。こんばんは(^-^*)
この度は、ブログご訪問&コメントありがとうございました!
勿忘草から感想をご覧下さっているとの事で感激ですvv
しかも、ご覧になった後でワスレナCDを全巻購入していただいたなんて、こんなに嬉しい事はありません(*≧m≦*)
やたらと長い感想ですが、少しでも参考になったのなら幸いです。
そして、アッキーラまで!(笑)
いつの間にかポチッとされていたAshleyさん、素敵です(*´艸`)
アッキーラは個人的に凄くオススメなので、早くヘブンできるといいですね♪
いただいたお言葉を励みに今後もまったりと頑張ります。
また是非遊びにいらして下さいね(^o^)
5. Posted by 霞菜   2013年06月27日 14:21
5 Ashlsyさん、はじめまして!霞菜と申します。
私もSEVENTH HEAVEN聞きました。
はじめて歌で泣かされました・・・。
他の人たちの感想も、ぜひお願いします。
では、また感想お願いします!
6. Posted by 美咲唯乃   2013年06月29日 23:25
霞菜さん、初めまして。こんばんは。
この度は、ブログご訪問&コメントありがとうございました♪
ただスミマセン、Ashleyさんは以前コメントを下さった方のお名前で、私は『美咲唯乃』と言います(^^)

私も歌で泣いたのはセブンスが初めてです。
アッキーラの歌声は物凄く心に響きますよね(ノω<;)
今日、イツキの感想もUPしたので宜しければご覧になって下さいませ。
7. Posted by ナタリー   2014年04月10日 05:57
初めまして!
SEVENTH HEAVENで初めてダミーヘッドの虜になり、このブログで色々とお勉強させて頂きました!
鈴木達央さん目当てで聴き始めたんですが、どれも歌が素敵で特にアッキーラのがストーリーも歌も一番好きでして興奮が抑えきれないです(笑)
「さあ苦しかっただろう 」の声がとても優しくて切なくなりました。
唯乃さんが書いている「よし…」のことろにアキラの想いが詰まっているとゆうのは私も感じました!!
なんとも切なくて苦しい…堪らないです!
一通り全部聴いたのですが、ヒナタ・ユーリは好みじゃなかったかな(笑)
死をテーマにしているプラスヤンデレはちょっと重かったですwwww
ミントは歌が思ってたのと違いすぎてあれ?ってなりました。
シオンみたいなギャップならよかったんですがねー(´・_・`)
とにかくこのブログのお陰でSEVENTH HEAVENの良さがさらに分かったのでどうしてもこの感動を伝えたくコメントさせて頂きました。
長々と失礼致しました。
8. Posted by 美咲唯乃   2014年04月12日 16:34
ナタリーさん、初めまして。こんにちは(^^)
この度は、ブログご訪問&コメントありがとうございました。
わわ、うちのブログでお勉強だなんて!(笑)
少しでもお役に立てたのなら嬉しいです(≧∇≦)
セブンスはシナリオも歌も素晴らしいですよね。
私はヤンデレキャラが苦手なので、ヒナタとユーリは聴いていないのですが、個人的にはアッキーラとイツキが好きです。
あと、ミントは声と歌のギャップがありますが、ツンデレキャラが好きなのでミントもお気に入りです。

私が書いた感想でセブンスに興味を持っていただけたのならこんなに嬉しいことはありません(*´ω`*)
こちらこそ、コメントいただきありがとうございました!
また是非遊びにいらして下さいね。
9. Posted by ナタリー   2014年04月16日 02:51
またまた来ちゃいましたw
こんばんは!
アキラとイツキに関しては
お気に入りすぎてずっとリピートしてます\(^o^)/
歌は素晴らしすぎて寝るときに聴いてます!!安眠できる(((o(*゚▽゚*)o)))
そういえば唯乃さんは死神たちのボーイズトーク聞きましたか?
全員集合で豪華ですしシオンに騙されるアキラとミント、ユーリにお遊びの道具にされそうなシオンとイツキなどなど本編では聞けない面白い話が満載です!!
カナデの可愛らしいコレクションも知れますしねwww
まだ聴いたことないのであれば、是非是非聴いてみてください\(^o^)/
ではでは失礼します♪

10. Posted by ナタリー   2014年04月16日 03:43
連投申し訳ないですwwww
ナタリーです。こんばんは\(^o^)/←
死神学園物語もよかったら聴いてみてください!
本編でのユーリとヒナタのストーリーはヤンデレすぎてあまり好きではないけどキャラクターとしてはとても愛らしく面白い二人の絡みが聴けるので是非とも聴いてほしいです(笑)
ではでは失礼します♪
11. Posted by 美咲唯乃   2014年04月18日 00:18
ナタリーさん、こんばんは(^^)
コメントありがとうございました。
私もイツキは寝る時によく聴いてますよ♪
好きな声に包まれて眠るとすごく幸せな気持ちになれます(///∇//)

私はセブンスを全巻購入していないので、死神たちのボーイズトークは聴いていません(^^;
公式でサンボイ聴いて、イツキの可愛さにゴロンゴロンしてました(笑)
死神学園物語も上記に同じです。
こういう、皆でわちゃわちゃしたセブンスのシチュCDを、今後も発売してほしいなぁと思ってしまいます。
これで終わらせちゃうのは勿体ない!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字