del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2011年05月

休憩中

只今、本サイトを入れて3つ目のドラフトの途中休憩中です


3つのドラフト、上で消える馬だけ見てもそれぞれ全然違います


色んなところで耳にすることですが、本当に今期は混戦ですね~


それにしても、10年前ぐらいのPOGなら誰かしらが取っていたと思われるウインドインハーヘアやスイープトウショウやマンダララ…
それから軽い頓挫や育成がゆっくりめの中堅血統なんかも、ほとんど指名されているのを見ません


みんなが良質な情報を持っていて、POGに向かない可能性のある馬は過敏に回避傾向


これも時代なのかなぁと思います


POGも確実に近代化してますね!

クリスティーナサンチェス09

セレクトセールは主取りでしたが、キングカメハメハ産駒の中に稀に見られる急成長を発揮

サマーセールではモリモリの体で出てきて高額落札された馬です


勢いそのままにヤマダステーブルではズバ抜けた動きを披露


母系はちょっと重いですが、「ハロン12秒台も引っ張ったまま」なら面白そう


カイシュウ→領家厩舎
ヤマダステーブル→領家厩舎

共に好感


オールアズワンとはタイプが違いますが、「函館2歳S狙い」ということで、短いところから期待出来ると思います


もちろん単なる速攻スプリンターというだけではなく、「体が伸びてきた」と、更なる成長を遂げつつあるだけに、ひょっとしたら先々もっと化けるかも


ヤマダステーブルは昨期オールアズワン、サンビーム、シルクマイベスト、と地味な血統を走らせてきたように、育成の高速実戦調教が上手くいっている印象

POG向きだと思います

ドラフト指名馬3

ダイワルージュ
これも人気の盲点に入りました。ひとつ上の全姉は体が無かったので仕方なし。本馬はダイワファルコンの方に近く、育成の評価も上々。血統通りの評価が必要なデキだと思います


シンハリーズ
配合イメージは、ハズレたらズブく、当たればデカいという印象。本馬は好馬体に加え、前向きな気性と抜群の推進力。クラシックを視野に入れ、今はわざと育成負荷をセーブしているぐらいで、デキは文句ありません。今期の石坂厩舎はこの馬で


ディアマンティナ
祖母はグリーンデザートの妹。一族も日本で活躍してます。細くて小柄の半姉シゲルシュサが期間内2勝したのが最大の強調材料。単純な馬のデキなら間違いなくこちらが上です。ミスプロ×ミスプロで、馬体はガチッとして胴も詰まっているので、適性が鍵


メインリー
現時点のデキは全兄と同等かそれ以上だと思います。ただ、非常に緩やかにジックリ体力をつけていく血統。「遅め」を明言されているぐらいで、デビューは年明けになるかも知れないですね。そのあたりが2軍の3順目まで残った要因でしょう


ラヴィーダ
隠し玉でしたが、JRA-VANの若駒特集に出てました。現時点の美浦の調教ならこの馬が一番雰囲気があります。540キロの馬体から繰り出す大跳びは迫力抜群。この馬格にしてはバランスも良さそうに見えますし、モノになればかなり楽しみ。何となくですがダートオンリーという感じもしないです。アドマイヤコジーンの速攻はタフで懲りてますが…。逆に言えばそれでもマークしていたぐらいの注目馬

ドラフト指名馬2

ミズナ
本サイトでは意外と人気が無く、けっこう下の方で取れました。今期の坂東牧場のラインナップは個人的に大きな魅力を感じます。その中で一番馬評価なら黙って乗ってみたいところ。「筋力がつく前でも素晴らしい動き」「海外遠征も視野に」など、評判の高さならコンゴウダイオー級。入厩前から陣営が武豊Jを確保するほど期待は高く、良くも悪くも楽しめる1頭だと思います


ビッグテンビー
ローレルゲレイロの全弟ですが、この配合は昨期ひとつ上の全兄リキサンマックスが一頓挫あっても重賞2着、祖母とキングヘイローの配合馬ゼフィランサスまで高いパフォーマンスを示しました。その相性の良さから、個人的な血統評価は超良血に食い入るぐらいの感覚です。加えて、一族の中で最高と思わせる馬っぷりと、快調な動きを見せる育成状況から、全幅の信頼を


ニシノムーンライト
西山オーナーが「ウチのメイン血統」と語る牝系。母産駒はこれまで400、440、400キロと馬格に恵まれませんでしたが、その中でも半兄ニシノメイゲツは世代トップクラスに迫るパフォーマンスでした。本馬は抜群の馬っぷりに出たので非常に楽しみ。育成では動き、折り合い、共に良好で、ゲートも鬼っ速。小倉2歳Sを狙っていきます


ヴァンドノワール
なぜか下位に残った1頭です。この牝系を信頼しきれなかったのでさほど執心しなかったんですが、橋口厩舎の有力馬がリストの下位で拾えるなら結果オーライ。「大型馬だが、体の使い方が凄く良い」との事で、走りそうなイメージを持ってます

ドラフト指名馬1

本サイトのドラフトが終わりました

入れ替え期間などを設けているので正式な指名馬一覧は6/16~6/17にアップしますが、簡単に現時点の指名理由を殴り書いておきたいと思います


マンハッタンセレブ
日本を席巻し続けるSanta Lucianaの牝系。「負荷をかけてもヘバらない。かなり体力がある」という本馬も押さえておきたいところです。藤沢師も「すごく走りそうなカンジ」と、ギャルのような言葉遣いになってしまうほどお気に入りの1頭。半兄ピエナセレブは体質が弱く、ガタガタガタッと減り続けており、ファインセラやマンハッタンフィズの産駒を見ても、この一族にはそれが結構多いです。そのあたりが鍵に


シルバーチャリス
シルバーレーンの牝系。元々この母には大きな期待をしていた人が多いと思いますが、今年は良質なタキオンらしいボリューム感ある牡馬。年明けから一気に良くなってきた経緯も◎。美浦坂路の動きもかなり雰囲気が良いとのこと。自分は、ここで狙ってみます


ジェイズミラクル
何度か書きましたが、「ストライドが大きく、スピード感を感じない。感覚より2秒くらい速い時計が出る。これは走りますよ」という具体的な育成談話はかなりそそられるもの。更には、2歳馬らしからぬ物凄い体をしているのも指名要因


プンティラ
母はパイタの姉。吉田照哉氏が「近いうちにこの一族がフランスG1を勝つんじゃない?」と力を入れる牝系。本馬も写真で見る限りはケチのつけどころがなく、パイタとセットでスッパ抜いておきます。全姉ペルレンケッテはデビュー前に栗坂50秒台。力むタイプなので短距離を走ってますが、血統的には距離を問いません


記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ