del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2011年11月

11/30 迫力十分アダムスピーク

ハッピーユーゲント
11/30   助 手
栗E良
13.6 一 杯→
ドイツ血統らしく緩さが目立つが、これまたドイツ血統らしく化ける余地も感じる。ゆっくり上昇していきたい


マイネルアトラクト
11/30   助 手
南坂良 2 回
51.1 37.0 23.9
11.8 末強目
プレイを0.5秒先行同入
いつも通り調教は文句なし。ストライドが大きく非常に良い走り。成長も感じる


サウスパシフィック
11/30   助 手
南D良
69.3 54.3 39.7
12.6⑦馬なり→
イーサンレオの外を0.8秒先行同入
実戦では相変わらずだが、前走時あたりから稽古はスムーズになってきている。何とか変わって欲しい


ユーアーマイン
11/30   助 手
南W良
71.8 56.0 40.9
13.4⑦馬なり→
マクロバニヤンの内同入
軽め順調。時間をかけた甲斐はあったかもと感じさせる良い動き


アダムスピーク
11/30   助 手
栗坂良 1 回
53.6 39.5 25.9
12.7 一 杯→
ヴェルメリオを0.2秒追走1.1秒先着
この厩舎の調教なのでこのくらいの時計が出れば十分信用に足る。迫力があるし、それでいて柔軟性も感じる1頭。これは期待しておきたい


クラヴェジーナ
11月30日栗坂良
助手 脚色馬也
4F 53.2
3F 39.1
2F 26.2
1F 13.4
出来安定B
相変わらず芯のある力強い動き。好調

11/30 アンチュラス好調

フォントルロイ
11月30日栗坂良
助手 脚色強め
4F 56.9
3F 42.4
2F 28.3
1F 14.3
反応平凡C
キッカケひとつだと思うが、今日もあまり変わったところは見られなかった


トーセンガリレオ
11月30日南W良
助手 脚色馬也
5F 70.1
4F 54.6
3F 39.2
1F 13.1
外トーセンオウジ一杯と5F併せで0秒1遅れ
位置7乗込十分B
最初はどうなるかと思ったが、乗り込むにつれて脚が前に出るようになってきた。こういう過程の馬は走ることが多い。もう一歩前進を


ダノングーグー
11月30日栗坂良
北村友 脚色一杯
4F 52.5
3F 38.6
2F 25.7
1F 12.8
内ノルマンディー一杯と併せで0秒1先着
位置2上積十分B
相変わらず散漫な雰囲気なのだが、随所随所で見せる走りは非常に良い。素質を徐々に開花させていきたい


ダノンオリエント
11月30日栗坂良
上村 脚色強め
4F 51.5
3F 38.3
2F 25.5
1F 12.9
内レッドブレイゾン仕掛と併せで併入
位置2動き上々B
使うたびにシャープさを増している。今日の動きは文句なし。未勝利は次で突破したい


グランデッツァ
11月30日栗坂良
助手 脚色馬也
4F 56.8
3F 42.0
2F 28.0
1F 14.0
動き軽快B
軽め順調


アンチュラス
11月30日CW良
川田 脚色一杯
4F モヤ
3F モヤ
1F 12.0
中アルゴリズム一杯と4F併せで0秒3先着
外ダヴィード一杯と4F併せで0秒2先着
位置7好気配B
調教では優等生中の優等生。動きたいときに動くし折り合いも抜群。このセンスを生かして頑張って欲しい

11/27 トーセンジョーダンJC2着!

ナリタポセイドン
4着110
マイネルユリウス
1着700
メイショウヤタロウ
3着190
ラシンティランテ
1着1000
グインネヴィア
3着250
シャンボールフィズ
4着150
トーセンジョーダン
2着10000
ワールドワイド
4着320


いかにも「叩いてからだなぁ」という仕上がり具合だったナリタポセイドン。それでも直線の脚に見所があったし、この馬は必ず走ってくる。今後に期待

思えば今年の北海道入厩馬の中で1、2を争う動きをしていたマイネルユリウス。ソエでここまでデビューが延びたが、荒々しい走りは健在。今日はスピードだけで押し切った。問題は昇級してからどういう競馬をするか

一時はガタッと来たが、徐々にメドを立てつつあるメイショウヤタロウ。迫力こそ無いが、取り口は安定してきた

今までは稽古が目立たなかったラシンティランテだが、今回は素晴らしい動きをしていた。ここまで楽に勝つとは思わなかったが、本当に良くなっている。圧勝この母系にはトーセンジョーダンなどが居るが、この一族の成長力には驚かされるばかり。文句なく阪神JFの有力馬に

グインネヴィアも持ち前のセンスの良さで頑張っていた。ただ、この馬は先々もう少し短いところが良いかもしれない

一方、4着に敗れたシャンボールフィズだが、こちらも悲観する必要は無し。まだ随所随所が緩く、意識的に強い負荷も手控えているため、いかにも完成途上。今日などは素質だけで伸びてきたような感じだし、体がしっかりしてくれば自ずと出世出来る

JCはトーセンジョーダンが2着。今回は追い切りの反応が悪かったし、パドックの気配も天皇賞に比べたら見劣る印象があった。そんな中での好走だし、本当に粘り強い脚を持っている。名実共に、完全に一流馬としての地位を揺るぎなくする2着だったと思う

着外だったトゥザグローリーは気合いの入った良い走りだったのだが、ちょっと掛かり通しだったぶん伸び脚を欠いたような感じ。惨敗した天皇賞(春)の負け方とパターンは同じように思う。デキは戻ってきたので、いかに気分をリラックスして走らせるかに尽きる

今日はメンバー的に決めて欲しかったワールドワイドだが、内枠が災い。結局、ゴールまで前が詰まったままで終わってしまった。これはアヤもあるので仕方ない。次に期待

11/27 ジャングルクルーズに確かな手応え

ワイドクロス
3着130
シゲルアセロラ
1着500
デンコウアクティブ
3着130
ツルマルナルト
3着130
フィーユブルー
2着200
ディアコンコルド
5着50
マスクオフ
2着200
ジャングルクルーズ
2着280
スペースアーク
4着110
アドマイヤブルー
1着700


コスモファントムの弟ワイドクロスはダートで一変。今日の走破内容はなかなか良いし、走りからも完全にダート馬。次走もこの条件なら今度は勝ち負け

これまで、バタッと競馬を止めたりしていたシゲルアセロラが初芝で一変。母系にはヘイロー、父系は意外性あるフォレストワイルドキャット。ダートよりも芝の方が断然テンポ良く走っていたし、今後も芝で期待

未勝利はすぐ突破すると見ていたデンコウアクティブは意外にモタモタ。今日は器用さを欠いてしまったし、1700で外を動いて最後まで脚が続くほど持久力は無いようだ。1400ぐらいで流れに乗る競馬が理想

叩いた上積みを期待したツルマルナルトだが、まったく絞れていなかったのが誤算。それでも開幕週の小倉で外を回って伸びて、まずまずの内容。ワンペースだが先行力もあるし、次はもっと良い

前走で一変していたフィーユブルーは今日も2着。もう本物だし、馬格を見ていると今後まだまだ良くなりそうなところがある。渋い活躍を期待したい

いかにも芝向きと見ていたディアコンコルドは、意外にも初ダートでなかなか良く走ってくれた。数字だけでなく目に見えて体がフックラしてきたし、これからが勝負

マスクオフは2着。デビュー戦に続いて、ちょっと差し馬には過酷な馬場と展開。伸び脚は際立っていたし、少し展開が向けばすぐ勝てる

期待のジャングルクルーズはデビュー戦2着。コース取りを考えたらかなり強い競馬をしている。パドックでのんびりしていたが競馬に行くとセンスが良いし、ここを使ってピリッとしてきそう。デビュー勝ち後に故障離脱してしまった同厩のPOG馬の穴を埋めてくれそうな逸材

今はデキが良いスペースアークだが、今日も詰めの甘さは目立った。勝てるだけの力はあるが、少し恵まれたい

こちらも期待のPOG馬アドマイヤブルー。叩き良化型とジャッジしていたが、すっと番手につけて快勝。余力のわりになかなかギアが上がらずモタついていたが、叩いて大きく上昇してくれそう。これも楽しみな馬

11/26 アプリコットフィズ快勝!

グラスメジャー
5着70
ウォンビーロング
1着740
タイセイスティング
1着1000
ヴィンテージイヤー
2着400
トリップ
1着1600
アプリコットフィズ
1着2200
マイネルラクリマ
3着

セレクトセールで見たときは完璧とも思えたグラスメジャーだが、ちょっと母系の血が悪い方に出てきた印象。走りが硬いピッチ走法になっていたし、稽古も含めてあまり良いところが無かった。長い目で変わり身に期待

ウォンビーロングは鉄砲V。スローでも最後はバテていたように、本質的に1600は長いのだが、今日は力で何とかなった。距離を短縮すれば上でも差はない

今回は追い切りの動きが120点満点、2歳馬のWとしてはまさに理想的だったタイセイスティング。気合いのこもった走りで、且つ、伸びやかさがあり、それが実戦にも見事に結びついた。まさに上昇一途の状態。このデキが続いている限りは休ませる必要がないかもしれない

向正面では後方を追い通しになっていたヴィンテージイヤー。これでも最後大外から伸びて勝ち負けに持ち込むあたり、非常に良い意味で安定感が出てきた。次で決めたい

アプリコットフィズはテン良し、中良し、終い良し。直線半ばまで前が詰まっていたが、リズムが良いし決め手もあるので「最終的に抜けてくるだろう」と安心出来るほど。マイルCS除外が本当に痛恨に思えるほど良い勝ちっぷりだった

そのアプリコットフィズの3着がマイネルラクリマ。実は個人的な◎はこっちだった。追い切りの動きは前走と一変していたし、非常に良い状態。ゴールまでラップが緩まない中で伸び続けていたし、窮屈になって何度も持ち直す展開で少々脚を余した。この馬もかなりの力があることは間違いない


記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ