del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2011年12月

12/31 東京2歳優駿牝馬は2、3着…

エミーズパラダイス
2着700
ショコラヴェリーヌ
3着400


今年の良い締めくくりを期待したレースだが残念ながら2、3着。抜群の手応えで番手を追走し、圧勝すら予感させたエミーズパラダイスだが最後は逃げ馬に突き放された。時計的には駆けているし、今日は相手が強かったということ。まだまだ良くなる馬だし、来年の飛躍を誓う

好枠から攻めていったショコラヴェリーヌが3着。力を出し切っているだけに前2頭の強さが際立ったが、現時点では十分な健闘。こちらも来年更に力をつけていきたい

東京2歳優駿牝馬

東京2歳優駿牝馬

◎Pエミーズパラダイス
○ショコラヴェリーヌ
▲ドラゴンシップ


今年最後の大一番は大混戦。しかしここは当然POG馬エミーズパラダイスに期待したい。デビュー当時こそ非力さや淡白さがあったが、この牝系らしい素晴らしい成長力を発揮。どんどん馬に芯が入ってきており、前走後の更なる伸長度も期待出来る。来年の牝馬クラシック路線、不動の主役へ名乗りを挙げたい

前走2着のショコラヴェリーヌが対抗。どろどろの不良馬場の中、出遅れ気味から狭い馬群を塗ってきて直線も猛追。2歳牝馬らしからぬ強靭なメンタルと確かな実力がある

重賞連勝中のドラゴンシップを3番手に。個人的にはショコラヴェリーヌを高く評価した前走だが、こちらも「まだまだ余力があった」と鞍上。素質の高さはもちろん、一戦毎に競馬センスが磨かれている。好勝負

12/28 スーニ威厳の勝利

スーニ
1着2100

兵庫ゴールドトロフィーは59.5キロのスーニが快勝。酷量に加え、後方から無駄脚を使って4角も大外で仕掛け通し。これでも直線アッサリ抜けてくるのだから力が違うの一言。走りのバランスが良い今ならマイルもこなせそうだし、まずはフェブラリーSでどこまでやれるか楽しみにしたい

兵庫ゴールドトロフィー

兵庫ゴールドトロフィー

◎スーニ

斤量とタイトなコース、そして10戦無敗馬の存在が鍵だが、ここはスーニが実力を誇示。長いトンネルを抜けた同馬の近走内容は、まさに王者の風格。不利な要素もはね除ける

12/26 2011中央競馬、最後の勝利はアドマイヤブルー

イースターパレード
1着500
コスモマイギフト
2着200
コスモトゥルーラヴ
5着50
アメリカンダイナー
4着110
アドマイヤブルー
1着1600
ミヤジチョビ
4着75
トゥザグローリー
3着5000
トーセンジョーダン
5着2000
フィールドシャイン
4着270

初戦は内に酷く刺さって、4角から全く追えなかったイースターパレード。育成できっちり改善してきて、今日は片側ブリンカー。まだ「競馬をしている」とは言えないが、今日は基礎能力だけで楽に押し切った。今後学ぶことはまだまだ多い

未勝利では力が上のコスモマイギフトだが、今年最後のレースも2着。今日も3着には5馬身差、来年すぐ勝てるだろう

先行の型が定まっているコスモトゥルーラヴだが、どうも中山の急坂が良くない印象。現状、他の競馬場がベターだと思う

セールでは「ダート」と見ていたアメリカンダイナー。まだちょっと肩先が緩いが、芝の長めでそこそこ良い競馬をしてくれた。心肺能力やセンスはなかなか良さそうなので、ガッシリしてきたらダートで期待

ホープフルSのPOG馬アドマイヤブルーは、着差的には辛勝でもゴール前の脚色は断然だった。反応こそ鈍いが、「追えば追うほど伸びる」という言葉がピッタリの馬。ペースが上がれば更に良さが出るタイプで、これも当然クラシック級と見ている期待馬

今回の鉄砲を見る限りでは大きな成長は感じなかったミヤジチョビ。デビュー前の稽古内容から期待していた馬だが、馬体にボリュームが増してこないし、芝のほうが良い

有馬記念は昨年に引き続いてトゥザグローリーが3着。折り合い、脚を溜めることに徹したが、僅かに届かなかった。余した脚や直線の首の高さを考えると歯がゆいが、素直に行かせるとどうしても掛かるので結果的にも何とも言えない。この馬が最強と信じ続けて早2年半。来年こそは大きなところを…と願うばかり。日本競馬の型にハマらない個性から、海外遠征という選択肢も出てくるだろう

本当に今年は良く頑張ってくれたトーセンジョーダンが5着。一瞬の瞬発力や、狭くなったときの対処のレベルが高くないので仕方のない結果。もっと流れていれば、直線で広々としたスペースなら、と、色々たらればが頭に浮かぶ。来年も当然期待したい

記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ