del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2013年03月

3/31 ショウナンマイティが真価発揮の2着!

ニューキングダム
4着75
ジェラテリアバール
1着500
アーカイブ
1着720
エーシンミズーリ
1着1740
ノーザンリバー
2着700
ショウナンマイティ
2着2400


難しい最内枠のスタートで、行き切るまでに脚を使ってしまったニューキングダムは4着。あれでも突き放すぐらいの迫力が欲しいのだが、体を持て余し気味の現状ではこんなもの。上昇余地はあるので、ゆっくり仕上げていきたい

POG馬ジェラテリアバールが既走馬相手にデビュー勝ち。かなり期待していた馬なのだが、調教は正直迫力不足。芝の長めで良いところが出た。今日の勝ち方は平凡な部類だが、とにかく途上。今後の成長に期待したい

おっとりしすぎの気性と、ちょっと珍しい筋肉の付き方から出世街道に乗れていなかったアーカイブだが、素質の高さは間違いない。今日は人気を落としていたが、出遅れから一気の差しきりで鉄砲V。馬場がハマった感はあるが、それにしても一枚上の末脚だった。ピリッとしてくれば更に変わる

前走で強い競馬をしていたエーシンミズーリは順当勝ち。勝負所を馬が分かっているかのようなセンスがあり、レースぶりに安定感がある。ここにきて成長しているのでオープンでも頑張って欲しい

ロケットスタートから最高のラップに持ち込んだ逃げ馬に惜敗したが、今日のノーザンリバーは強い競馬をした。中山1200の最内枠でも抜けてきたようにセンス十分だが、道中ほんの少しモタついていたシーンがあったように1400~1600の方が呼吸は合うだろう。芝も走れる馬だし、楽しみは大きい

産経大阪杯のショウナンマイティは2着。オルフェーヴル目標の後方待機、4角手前の多少のモタつき、そして直線大外からの鬼脚、何から何まで全てがイメージ通り。これぞショウナンマイティというレースだった。上がりが死ぬほど速くなることは分かりきっていたし、今日はこれで良い。折り合いを考えたらマイルは使いたくないだろうが、個人的には安田記念に行けば勝てると思っている

指名決定馬 牝キュー11

父ディープインパクト
母キュー
(フレンチデピュティ)

この世代唯一の出資馬

3歳世代の出資馬ヴァーティカルサンやノーブルコロネットは「成長が楽しみ」というカテゴリーでしたが、この馬は大部分が出来上がっています

早い段階から動きも目立っていたんですが、「雰囲気」や「フォーム」という先を見据えたニュアンスではなく、ハッキリと「走る」。若駒っぽいフラフラするところも少なく、芯が入ってます

このパターンは短距離ダート馬にありがちですが、この馬は父ディープや祖母ニジンスキー系の良いところも出ており、とにかく全体的にバランス良好。歩かせても柔らかみがあり、クッションからも芝で走れそうです

POG向きという意味では非常に手応えがある出資馬で、おすすめです

指名決定馬 牡ロイヤルファンタジー11

父ディープインパクト
母ロイヤルファンタジー
(Monsun)

10月に軽く検討した時も一番手にしておいた馬

http://blog.m.livedoor.jp/delnerymanagement/article/3580776?guid=ON

今期最も熱い視線を注いできた馬が、変わらず順調に来ています。母の産駒は最近ヒットしていないが、この馬はもう見るからにデキが違う印象

特筆すべきはバランスの良さで、ディープ×ドイツ血統にありがちな非力で緩いところも少ない。筋力の素晴らしさを感じさせます

それでいて走行時の駆動域が大きく、父を思わせるような大物感あるフォーム

いざ仕上げていったら少し緩かったというケースもあるかも知れませんが、これはマトモに走れば大物である可能性が滅法高いです

賞金増額に伴い「ダービー穫ったもん勝ち」の要素が強まるPOG

この馬は外せません

3/31 ジェンティルドンナは2着

ジェンティルドンナ
2着9500

目に見えない部分も多々あると思うが、見た目にはちょっと距離が長かったのかという負け方。折り合い方がオークスやJCとは違ったので、母系のマイラーっぽさがここで出たかもしれない。今後施せる策はあるし、今日はとにかく初海外遠征での好走を労いたい

3/30 ベルウッドテラス、エーシンマックスは脚余す

ベルウッドテラス
3着130
フュージリア
1着500
ライジングゴールド
3着240

870

パワー満点のベルウッドテラスはダートでこそ狙ってみたかった馬だが、今日は4角から行き場をなくして流れ込み。手応えを見るに進路さえあればアッサリ抜け出せそうな雰囲気だった。芝も走れるが、再度ダートで見てみたい

引き続き相手に恵まれたフュージリアがようやく初勝利。内容は平凡だが、馬っぷりが良く地脚もある。もう少しパンとしてきたら血統的に芝で面白い

ずいぶん人気にされていたライジングゴールドだが、調教内容が良く体も仕上がっていた。今週は阪神の馬場が滅法速く、このスローでは瞬発力勝負オンリー。ジリッぽい同馬に向いている展開とは言えない中で3着確保なら悪くない。クラス通用のメドは立った

賞金加算ならなかったが、追い切りの快走から期待していたのがエーシンマックス。同族エイシンフラッシュを思わせるような進境があったと思うのだが、今日はゲートでチャカついてモロに出遅れ。腹を決めて最後方でジックリ構えたらスロー、経済コースを取りにいったら前が壁になり追い出せない…という三重苦で全くの参考外。直線を立ち上がってくるときの脚に雰囲気があったので、次はビシッと馬券を買ってみたい

記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ