del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2014年10月

10/30 ビヨンジオール、今週もリラックス

ビヨンジオール
10/30   横山典
 南W良  88.1
 71.6 56.9 42.2
 13.9⑨馬なり→
今週も横山典の手綱で折り合い重視のリラックスした走破に成功。以前のような大迫力は無いが、そのぶん力む面は随分マシになってきた印象


アースライズ
10月30日栗坂良
助手 脚色G強
4F 54.2
3F 39.5
2F 25.2
1F 12.1
外ミュトスレディ馬也と併せで併入
位置1伸び上々B
若干遅れたが、追走した分と乗り役の斤量差も大。鋭い反応で時計も出ているので、良い状態で戻ってきたと判断したい。入厩すると萎む馬なので、この具合を維持出来れば


コンテッサトゥーレ
10月30日栗坂良
助手 脚色馬也
4F 56.1
3F 40.9
2F 26.0
1F 12.6
外ウォーターラボ馬也と併せで併入
位置1気合乗るB
最後は若干追わせたが、休む前はハロン13に壁があった馬。当時と比べて良化している


ハルマッタン
10月30日栗坂良
助手 脚色馬也
4F 53.0
3F 38.3
2F 24.9
1F 12.6
外スマートグレイス馬也と併せで併入
位置1仕上十分C
エキサイトしてしまう馬なので慎重に乗っている。スピード感はさすが



10/29 更に成長ポルトドートウィユ

ポルトドートウィユ
10/29   助 手
 栗坂良  2 回
 52.7 38.7 25.3
 12.6 一 杯→
 スピナッチを0.2秒追走0.6秒先着
綺麗な大跳び、坂路ではトップスピードが出ないタイプだが、この馬にしては力強い脚取りで駆け抜けた。前走後、更に成長している。今回の鍵は瞬発力勝負。本質的に持続力タイプだけに、そこをクリアすれば未来は明るい


ベルラップ
10月29日CW良
助手 脚色一杯
6F 82.3
5F 66.7
4F 52.2
3F 38.4
1F 12.8
内クロイツェル一杯と6F併せで0秒1遅れ
中サージェントバッジ一杯と6F併せで0秒1先着
位置8前走並みC
7~8ハの長めから入ってキツめの負荷をかけた。相変わらず丸く見せ、まだまだ緩さの目立つ体型だが、先々はシルエットにもスマートさが出てくると思う。今は順調が何より


アヴニールマルシェ
10月29日美坂良
助手 脚色馬也
4F 56.0
3F 41.2
2F 27.0
1F 13.4
外スペースクルーズ馬也と併せで0秒2先着
位置1素軽いB
東スポ杯を予定。相変わらずモノが違うというぐらいの動きを見せる。緩さと反応の鈍さが鍵も、気性が真面目でその辺りはどんどん解消されてくる筈


タッチングスピーチ
10月29日栗坂良
助手 脚色一杯
4F 55.4
3F 41.0
2F 26.8
1F 13.1
外サンクボヌール馬也と併せで併入
位置1手応劣るC
先週よりは時計を詰めたが、今日もやっとこさ付いて行ったという実状。芝の実戦で変わりそうな馬ではあるが、正直もうちょっと力強さが欲しい


レッドライジェル
10月29日美坂良
助手 脚色馬也
4F 56.5
3F 41.4
2F 27.7
1F 14.4
中内ソルティコメント一杯と併せで併入
中外シャドウチェイサー馬也と併せで併入
外ドラゴンストーム馬也と併せで併入
位置1仕上良好B
体重を減らさないようにジックリ調整。軽めを上がって来てもバネの良さが目立つ。楽しみ



10/29 ミュゼエイリアンに進境の香り

カービングパス
10月29日美坂良
助手 脚色馬也
4F 56.0
3F 41.5
2F 27.4
1F 13.7
動き上々B
軽めでも自然と良い時計に。前走後は消耗が見えて大事を取ったが、軽い走りで気配の良さは相変わらず


ミュゼエイリアン
10月29日南W良
横山典 脚色馬也
4F 52.7
3F 39.4
1F 12.6
内リッカルド強めに4Fで0秒4先行1F併せで0秒2先着
外コスモナチュラル馬也を4Fで0秒4追走1F併せで併入
位置6動き軽快B
今日は3頭併せの真ん中に。器用さとは縁遠い競馬をしていた馬だが、ここ2週は非常に良い手応えと折り合いを見せている。これでレースぶりにも進境あれば


レレマーマ
10月29日美坂良
後藤 脚色一杯
4F 55.6
3F 41.2
2F 27.8
1F 14.7
内レッドオルバース馬也と併せで0秒8遅れ
外レトロクラシック馬也と併せで0秒5遅れ
位置2反応平凡C
硬さが出て、先週あたりから併走馬に付いて行けなくなった。これはちょっとどうだろう…


ワキノヒビキ
10/29   助 手
 栗CW良  81.9
 66.5 52.4 38.9
 12.2⑧馬なり→
 アキトクレッセントの外を0.4秒追走クビ遅れ
若干モタれ気味も、ゴール前は楽で、遅れは心配ない。前走後のダメージも無く、京王杯2歳Sを予定



雑記 平和賞と出資馬

平和賞の話題から。ここのところ道営転入の熱い狙い目が無かったんですが、ここはオッズ良さそうなので張ってみようと思います

◎メジャーメアリー。牝馬の転入緒戦で様子見したいところですが、仕上がりは悪くなさそうです。近走はずっと、多少砂ふっかけられても多少ぶつけられても、中団から堅実に脚を伸ばすという競馬が出来ています。中央と違って、先行馬は競ったり捲られたらアウトですし、こういうタイプ素敵

実力的にはオヤコダカの8馬身後ろぐらいかなという馬なんですが、前走が門別良で1.51.7。今日の2Rで中央落ち大量を相手に好走した3歳も1.51.5の持ち時計でしたから、今の南東2歳重賞ならこのぐらいで十分やれると思います。まあ展開ひとつですね

前走でお世話になったコンドルダンスは大出遅れから4角大外という非常に強い内容なんですが、距離延長がどうだろう。アドマイヤオーラ産駒もどちらかというとスピード寄りの傾向で、BMSキングヘイロー、しかもこの馬は祖母の父がGreen Desertなんですよね。体型や跳びも決して長距離向きではない。文さんの手綱捌きに期待して△ぐらい。ドライヴシャフトも同じように能力認めつつ距離不安半分という感じ

あとはコーズウェイでしょうか。前走の敗戦でケチついてますが、勝負所で下がる形でした。時計も体力もありますから、行けば粘っこいでしょうね。単勝なら◎よりこっちのほうが可能性は高そうです

出資馬
最近はシャイニングレイの話題が多い。ただ、ラングレーやサトノアラジンなんかと比べても内腿と背中と腰は緩いですね。馬体のスケールは世代随一だと勝手に思ってますし、この状況で坂路51、終いも踏ん張っているのは凄いと思いますが、大事にやってもらえたらいいなと思います

それから僕の財布の中身を大いに左右するノーブルコロネットも帰厩しました。ちょっと前、種牡馬のような体になってたので順調に仕上がってくるといいな…

先日のアッシュゴールドなんかも一応それなんですが、あの時の中京で内に押し込められた馬は、次走で超多数好走しています。51キロっていうのが大きかったように思いますが、準オープンでも濃い内容で走ってましたから楽しみです


JBCスプリント/JBCクラシック

JBCスプリント

○ノーザンリバー
×ティアップワイルド

実力的に最も王座に相応しいノーザンリバー。ここは何としても勝って欲しいと願っているが、最大の鍵は盛岡コース。盛岡ダートは他場と比べて負荷が異常に低く、この競馬場で1200のGⅠをやるとなると、かなり強めのトーンで「先行有利」を強調したい。ただ、外を回る不利はそれほど大きくないコースで、グランシュヴァリエやコミュニティのように、力が全然足りない馬の3、4角大捲りもしばしば決まる。横の位置取りで多少損をしても、取り返す能力差は十分。とにかく縦の位置取りで置かれない事と、前が詰まらない事が重要だ。4角までにエンジンを掛けられれば、直線入口の進入速度で何とかしてくれる筈

休む前に障害練習を始めていたティアップワイルド。力が戻っていれば…という期待も極わずかにあるものの、近走は4角を待たずしてズルズル後退するような内容が続いている。筋肉量は現役馬の中で5指に入るような超マッスルホース。それだけに、一度年齢的な劣化が見えると狙いづらい

因みに、◎はサトノタイガー。東京盃はアッサリ捕まったが、タイセイレジェンド他を寄せ付けないスタートダッシュ、直線入口で一旦突き放した2枚腰と、収穫自体は十分。はっきりとオーバーペースだったし、ここは好位に控えても良い。馬券的にはこれが最も面白いと感じる


JBCクラシック

△ナムラタイタン

大敗の前走から、中央時代と比べての衰えも感じたナムラタイタン。しかし、体調面も十分と言えなかったし、高速マイル戦でこの馬の粘り強さが生きるような競馬でもなかった。一叩きと距離延長で前進を期待


記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ