del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2014年12月

12/30 プリンセスマイルはノットオーソリティが独走大楽勝!

ノットオーソリティ
1着1300

タイトな1600、行きたい馬が揃って先行激化が予想されたが、抜群のダッシュを見せてアッサリと番手を確保。あとは全体的にスピード感の違いが際立つレースとなり、5馬身差の大楽勝になった。牝馬重賞の常連が揃っていた一戦だが、今この馬のマイルベースの能力はズバ抜けていた印象。今後は中央馬とも当たっていく事になるが、来年も楽しみだ

京都金杯/中山金杯

2015、HRE好ダッシュを決めたい


京都金杯

◎グランデッツァ
○エキストラエンド
△マイネルメリエンダ
×アーデント
×サンディエゴシチー

◎グランデッツァ。マイルCSは完璧に立ち回ったものの、ラップは前崩れのキツい展開。同じく先行したダイワマッジョーレがその後2走を強い内容で走っているのも心強い補完材料だ。ハンデ戦なので油断は出来ないが、力を出し切れば押し切れると思う

エキストラエンドは28日に栗坂で53.8 38.8 24.8 12.2いう抜群の動きを披露。手応えに余裕を残しながらフルーキーを楽々振り切って見せた。これは過去の調教の中でも最も動いているぐらいで、体調が頗る良いのは間違いない。ポジションや展開次第だが、まず間違いなく際立つ脚で伸びて来るだろう

中間は若干だけ調子落ちが見られるマイネルメリエンダだが、レース巧者で崩れないタイプ。オープン通用のメドは立てており、ノーマークには出来ない

勝って勢いに乗りたいアーデントだが、前走は馬場や展開に恵まれたところが大きい。大敗はしないと思うが、ここでは決め手が足りない印象



中山金杯

◎ロゴタイプ
△アーデント

中間も素晴らしい動きを見せているロゴタイプ。これを見ると何故競馬で結果が出ないのか不思議でならないが、勝負処でガツンと来ない精神的なスランプが敗因になっている。今の状況を考えると、脚を分けて使える中山2000は最も買いやすい条件と言えるだろう。「今回負けたらダートへ向かう」との事だが、メンバーを見る限り、ここで負けてはいけない馬。強い競馬を期待している

切れる脚が無いアーデントは、京都マイルよりはこちらに回った方が適性はあると思う。2000も全く問題ない


12/28 ジェンティルドンナの為の有馬記念!

ジェンティルドンナ
1着20000
ゴールドシップ
3着5000
ジャスタウェイ
4着3000


有馬記念は中盤に13.6-13.2-13.0というラップが入るスローペースで、上がりの競馬に。本来ならば若干地脚が足りない馬も上位に食い込んで来ており、「ごまかせたレース」だった事は次走以降に向けて覚えておきたい

勝ったのはジェンティルドンナ。引退レースをも勝利で飾った訳だが、本当に凄い馬だった。結果を出し続けた牝馬、言うならばイクノディクタスの強化版。稼ぎに稼いだ賞金は16億を超え、今後は繁殖として仔に期待がかかると共に、伝説の名馬として語り継がれていく事だろう。展開面も含め、今年の有馬記念はこの馬の為にあった

岩田Jが乗ると行きっぷりが良いゴールドシップ。慣れないポジションでも折り合いがついていたし、本当に惜しむらくは展開だけ。完全に上がりだけの競馬で、今日はこの馬の持ち味を生かすに不十分。加えて4コーナーに11秒台前半の速いラップが来ているので、外を回る不利も非常に大きいものだった。こういう展開の際の過去戦績を見れば、寧ろ大敗しなかった事を褒めたいぐらいだ。力は全く落ちていない。来年も大いに楽しませてくれるだろう

直線は「世界一」と言われた馬の豪脚を見た。今日、最も強い競馬をしていたのは間違いなくジャスタウェイだろう。上がりの数字だけを取っても33.4というのはズバ抜けているが、前述した「外不利」の中で4コーナーは大外に回っている。残念ながら本馬もこれで引退、この「強さ」を今後分かりやすく証明する機会が無くなったのは残念だが、この馬はとんでもなく強かったという事を胸に秘めておきたい。個人的には史上最強馬だったと思っており、夢は産駒へと継がれるだろう


12/28 夢、叶う!!ありがとう!ありがとうシャイニングレイ!

ユアザイオン
3着180
デストリーライズ
4着110
ヒアカムズザサン
2着200
スティンライクビー
4着110
ルミナスウイング
1着1020
シャイニングレイ
1着6500!!!

見栄えは全くしないユアザイオンだが、丸くてバランスは良い。12番人気と低評価だったが、やはりギャラリートークの仔は堅実に走る。ワンペースで地味な内容だが、タフな中山ダ1800で終いまで良く頑張っていた。まだ随分太いので今後の上積みも十分あるだろう

デストリーライズも攻め馬冴えなかった1頭だが、競馬では良い行きっぷりで3番手につけると好位の外で終始良い手応え。追って案外も、センスは見せた。使いつつ力をつけていければ

ヒアカムズザサンは、これで4連続2着。勝ち馬は強かったが、良いペースを番手で追走して逃げ馬はキッチリ競り落としている。引き続き初Vにリーチ

大外に浮きながら、抜群の手応えで追走していたスティンライクビー。だけに、追って伸びを欠いたのは距離が長かったような印象も受ける。好馬体が光る逸材で今後楽しみ

出ッパはゆっくり出して、最後方から競馬を進めたルミナスウイング。そこからが例によって引っかかってしまったが、3コーナーに差し掛かったところで折り合いがついた。あとは馬也のまま進路を選り、スペースを見つけるとシッカリした伸び脚で快勝。相変わらずの自滅タイプではあるが、近2走を見ると随分マシになってきた。能力的には準オープンでも足りる

遂に出資馬で初重賞制覇。ホープフルSに出走したシャイニングは、一度使った事で体つきが随分締まってきた。その中で関節と筋肉の柔らかさは引き続き絶好で、素軽く大きい歩様は世代の頂点を競うこのメンバーの中でも一見して抜けている。テンションの部分か前走で逃げた影響か、レースでは少し行きたがるのを宥める折り合いに。それでも度を越して悪さをする事はなく、キャリア1戦とは思えないほど上手に走ってくれた。クラシックを目指す上では、時計が若干地味とか、急坂の上がり方が不満とか、色々と書いておかなくてはいけない事もあるのだが、このビッグレースを出資馬が小細工なし、横綱相撲で制した事は最高の一言に尽きるし、まだ信じられない。間違いなく今、ひとつの夢が叶った。そして、この馬とだったら更に大きい夢が見れるはずだ。ありがとう!ありがとうシャイニングレイ!


12/27 ダービー候補!リアルスティールが新馬勝ち

パラダイスリッジ
5着50
クラシコ
1着500
リアルスティール
1着700
ディアブルーダー
2着410
クルーガー
2着390
トーセンマタコイヤ
2着720


期待馬パラダイスリッジは2戦目も苦い結果に。今日も中団で揉みくちゃになっていた事はあるが、緩いペースでも手応えにムラがあり、勝負処で勝ち馬に外側を被されるとハミを取らず。何とも言えない走破内容だが、今日に関しては脚と気合いがあれば抜け出せた筈。馬混みに嫌気がさしているのが鍵で、もう少しガツンと来るところも欲しい感じ

連闘に踏み切ったクラシコが快勝。チグハグな競馬が続いていた馬だが、今日はズルズル下がる事もなく好位の後ろでシッカリ我慢。スッと動けないので直線入口はハラハラしたが、運も味方して綺麗に前が開いた。年内に勝ち上がれて何より

攻め馬で抜群のスピード感を見せていた評判馬リアルスティールが新馬勝ち。ゲートをポンと出てから暫く力んでいたが、福永Jが上手く抜きながら外目に出すと、直ぐに折り合いがついた。今開催の阪神で2歳新馬が上がり33.3は秀逸。言うまでもなくダービー候補だろう

状態がぐんぐん良化しているディアブルーダーが昇級戦2着。今日も行きっぷりが良く、手綱を抑え込みながら好位を追走。後ろが動いてきたところで仕掛けると、反応も良かった。今日は目標にされた分の負けで、来年も楽しみな1頭

ダート1800で追走に苦労していたクルーガーだが、ズブいというよりも集中力の問題。初芝の今日は好位のインで見事に折り合いがつき、追ってからの反応も良好。レースぶりは完璧で、走りやすい芝の方が綺麗に走ってくれる印象だ。最後は地力差を感じる差され方だったが、寸が詰まっていてマイルぐらいが良さそうな気もする。来年も楽しみ

デビューから無敗のトーセンマタコイヤは連勝が止まってしまったが、能力の高さを再認識させる2着。やはり今日は4角で詰まって後手を踏んだのが痛恨で、そのぶんの負け。最後は急坂でフォームが崩れるところもあったが終いまで伸びており、次でオープンに上がってくれるだろう


記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ