del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

2015年04月

タンタビクトリアのレポート

あまり記事にしたくない事ですが、この世代の牝馬ナンバーワンとして扱ってきたのでクラブのレポートを転載しておきます

この中間は坂路コースでの調教ピッチを徐々に上げて乗り込んでいたが、昨日の調教後に右前脚球節部分に熱感と張りが感じられた。歩様に著しい乱れはなかったものの、なかなか張りが解消されなかったため精密検査を行ったところ、右前脚内側の繋靭帯の種子骨付着部付近に炎症が出ていることが判明した。すぐに治療を開始しているが、治るまでにはある程度の時間を要する見込みであり、これ以上の悪化を防ぐことと早期回復を促すためにもしばらくは騎乗調教は控えることにした。まだ心身ともに幼さも残していたことも事実なので、この休養期間にしっかり成長を促していく


期間内完全アウトという事ではありませんが、体型的にも「仕上がりやすい」のタイプではありません。ここで一息入る事は最低でもダービールール上の大幅なマイナス材料になってくると思います。「走るからデビューが遅れても大丈夫!」と考える場合にも、箇所が箇所なのでそれなりに大きなリスクが付いたと言えそうです

今週のフェノーメノも回避で、出資馬シャイニングレイのダービーも黄というか赤信号になり、先日のヴァーティカルサンはレース中に競走中止で予後不良。14-15シーズンのサイトPOG指名馬は早々に4頭がリタイア。こちらもレース中の痛々しい競走中止が2件ありました。サラブレッドの厳しい現実です


ターフローズとチャールストンハーバー

HRE期待の高額馬2頭が早くも目立ってきました

ターフローズ
今日の美浦坂路は最近の中では比較的時計が出ていましたが、芯の入っていないデビュー前の2歳馬にとって滅茶苦茶過酷なコースである事は言うまでもありません

併走したリトミックダンスは「速攻系の目玉」「美浦で一番スピードがある2歳馬」と言われていた評判馬ですし、シェーンメーアは超大型でパワーの塊のような古馬です

扶助の質はリトミックダンス田辺Jより軽かったですし、印象も良かったです。緩さも若さも多々ある馬で、伸びしろも相当。これが終い13.1で踏ん張ったのは価値があるな~。もう来週から見なくても大丈夫なぐらい


チャールストンハーバー
こちらはターフローズと比べると、まだ全然低い負荷です。が、本当に素晴らしい馬体をしています

師はかなりの手応えがあったようで、開幕新馬勝ちからの新潟2歳S連覇宣言も飛び出していたようです。POGでも2位と4位で…と思っていた馬なんですが、大人数規模ではそこまで残ってくれないかもしれないですね



本日の道営新馬

6Rの方はこれといって目立つ動きの馬が不在で、結果も1000mを1分3秒台で上位僅差の低調なレースでした。この組はPOG的な注目馬は皆無で、今後の成長に期待です


一方、7Rは指名候補級が出ました。初めて強めに追った25日の坂路でいきなり猛時計を計測していたロンリーウーマンの圧勝。いわゆる普段の良馬場よりは若干馬場が速かったようですが、それでも1.15.1は優秀です

楽しみな点は時計だけでなく、能検後にサッと追ってこれだけの進化を見せたこと。512キロの大型牝馬の太めだったこと。そして何より、4連勝で阪神JFを制したピースオブワールドの牝系で、メイショウサムソン×サンデーサイレンス×Caerleon×ハイペリオンという、「芝長距離向き」の血統構成である事は非常に大きな魅力です

牝馬で、これだけの走破内容・伸びしろ・長距離適性の三拍子が揃っている馬は今までドラフト前に出てきた事がないですからね。高い確率で南関クラシックが狙えそうですし、何なら浦和じゃなくて阪神の桜花賞に出てくる可能性も?

今後が楽しみな馬が出てきました

4/29 ノットオーソリティ重賞3連勝!

ノットオーソリティ
1着1200

中距離でも強い競馬をしているが、本質的にはこのぐらいの距離が良い。やや強引にハナを切る形になったが、スパイラルな浦和1400。断然人気を考えたらこれしかない。斤量差がある中で横綱相撲を取り切ったのはさすが

ブリーズアップセール2

スマートウェーブ
なかなか面白い馬で、距離がもちそうなメイショウボーラーです。注目度もJRA職員の評価も高かったです。ただ、フロムファーストの牝系はみんなこんな感じで、雰囲気のわりに、いまいち大物になりきれない馬が多い。個人的には、やや懐疑的に見てしまいました

サイキョウロマン
祖母ダイナアクトレスでクロフネ×サンデーの良血馬。これも職員さんの評価が高く、やればもっと動きそうな雰囲気も十分でした。馬っぷりはイマイチでしょうか

ロングビクトリア
騎乗者の体重も軽く、好時計が出ました。伸びしろが無さそうな印象もありました

バラベルサイユ
昨年のサマーセールでHRE指名済、当時かなりお気に入りだった馬です。「確実にひとつ勝ちたい」ならコレでしょう。今日の時点で中山ダート1200を走らせたら、この馬がぶっちぎると思います。POG的には、もう2回り大きかったら良かったんですが

モンタナ
これも昨年のサマーセールでHRE指名したお気に入り。イメージ通りの走りで、やはりフォームからしてBMSマンハッタンカフェの良いところが出ています。距離はもたないと思いますが、このセールからPOGで1頭選ぶならコレです

ヴァルネリーナ
上2頭はサンデー×Caerionの割にデカすぎた感もあり、コンパクトに出て面白いかもしれません。やや燃費が悪そうで喉も怖いので指名していません

ストック
全く時計を出さなかったユルユルの馬の中ではコレが化けそうな気がしました

シルバーパラダイス
吉田勝己氏落札。難が一切無く、サイズも理想的で健康体、時計も出ていました。だからといって競馬で賞金を稼ぐ才能があるかは疑問なんですが、父がファルブラヴでNorthern Dancer×Northern Dancerの牝馬。繁殖としてサンデー系を付けるのには非常に適した馬です


色々書きましたが、まあ、分かりませんね!

値段と相談しながら、それぞれの引き出しから計算した確率の良いところに張るという事です

みなさんの注目馬はどれでしょう?

記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ