マグニフィカ
1着5000
コスモファントム
2着1750


とにかく掛かり癖のあるマグニフィカだが、今日は折り合い抜群。展開利があったとは言え、番手マークの断然人気馬に何もさせなかった。社台Fの1番馬と言われた逸材が、この大舞台で大きく開花。更なる伸びシロを感じさせる1頭だけに、南関次世代のエースとして、アジュディミツオーやフリオーソに続いて欲しい


コスモファントムは外目3番手から、終始リズム良く運んだ。勝ち馬とはコース取りの差が出た印象だが、苦しくなったところからの粘り腰は、高いダート適性を伺わせるもの。今後色々な可能性を持った馬で、こちらも前途は明るい



以下は私信ですが、

yakiさん

お互い最高の結果が出ましたね!