del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

HRE/賞金加算

9/25 サトノダイヤモンド、まずは無難な滑り出し

ケイブルグラム
3着190
ウインクレド
5着75
レジェンドセラー
2着640
スターオブペルシャ
4着230
サトノダイヤモンド
1着5400
サトノノブレス
2着2700


芙蓉Sのレジェンドセラーは2着。状態は更に上がっていて、その好馬体は間違いなく世代屈指。ラストもその馬格を生かした力強い末脚が目を引いた。道中で14.0-13.2という徒歩的なラップが入ってしまったのが痛恨で、ペースの上がった4角~直線入口で置かれたのが敗因。通常こういうラップになる事は少ないし、きちんと能力を出せる普通のラップで推移すれば、勝ち馬より一枚上のスケールがある馬だと思う。地脚>瞬発力という性質は今後も変わらないと思うが、順調な成長過程で特に言う事はない。同じ牝系のアドマイヤメインを思い出させるタイプで、是非大きな舞台に出走させたい

ひろしを背に適距離へ戻してきたスターオブペルシャ。反応が鈍い馬なので、ポケットで行き場が無く追い出しを待たされたのは痛かったが、速いペースで出して行っても垂れなかったのは収穫。引き続き積極的な形が作れれば、近々勝つところが見られそうだ

サトノダイヤモンドの秋緒戦は増減なしの馬体重も、ボリューム感がまだまだ途上。少しゲートでガタガタしたが、レース運び自体は完璧な取り口。スターマン的な激走を果たした2着馬のねじ伏せ方も含め、文句なしだった。正直、状態的にはダービーの疲れと爪のダメージを回復するので精一杯の印象は受けたが、まずは無難な滑り出し。ここから状態面をシッカリ上げていきたい

イモータルは相変わらず気が悪く、秋緒戦も大味な競馬になってしまった。最後方から最後までジワジワと脚を伸ばして8着。元々恐ろしく見栄えのする馬が更に成長しており、馬っぷりは今日一番。気性がネックになっているが能力秘める素質馬。どこかでブレイクを期待したい

オールカマー、サトノノブレスは6歳秋にして充実一途の仕上がり。2強より前目でスムーズに運んでいたので「やった」と思ったが、4角から早めに押し上げたグランプリホースが真横に張り付く苦しい展開。最後は外から併されて競り負けてしまった。斤量差もあったので、今日は勝たせてあげたかったなぁ…


9/25 注目の阪神1800新馬戦はムーヴザワールド→エアウィンザー

ダンツアムール
5着50
ダイメイライナー
3着180
ムーヴザワールド
1着700
エアウィンザー
2着280
キャナルストリート
1着700
アグニシャイン
3着180


サマーセール378万円のダイメイライナーは坂路での動きが鋭く、結構楽しみにしていた1頭。競馬ではダート1200の内枠で出遅れてしまって、最後方近くから追い上げていく厳しい競馬。道中のスピード感は一枚上、外を回さない好騎乗もあって勝ち負けまで持ち込んだ。まだ体質が弱くて、攻め馬もビシッと追えていない。パンとしてゲートが決まれば未勝利で手こずる事はなさそう

注目の阪神1800新馬戦はワンツー決着。とりわけ注目はPOG指名馬エアウィンザーだったが、パドックの印象は余裕残しで筋力も不足。攻め馬であれだけ動けていた事や、スケール感十分の馬格から、先々が非常に楽しみ。勝てれば満点だったが、今日は勝ち馬を褒めるしかない。今日は伸び切れなかったが、仕上がりが進めば切れ味が出てくると思う

勝ったのは世代屈指の超良血馬ムーヴザワールド。柔らかい大型馬で、牧場ではモッサリしていたのだが、トレセンに入ってから「競走馬仕様」へと変貌。馬体重は510キロまで絞れていた。この辺りは血統背景のなせる業。馬格のわりにまだトモが弱く、晩成傾向が丸出しのタイプなのだが、結果は好時計での新馬勝ち。楽しみが大きいのは言うまでもない

中山2000新馬戦はキャナルストリートがV。調教は坂路56と南Wで内目を流した程度。さすがに攻めが軽すぎる印象だったが、反応が鈍い中でしっかり伸びて来たのは恐れ入った。相変わらず良いトモをしており、素質のある1頭だと思う。少し体重維持に苦労している馬で、使ってガタッと減らない事を祈る

個人的なお気に入りのハービンジャー産駒、アグニシャインは3着。非力感は否めないが、調教は動けていた。出脚が無かったので後方待機からの直線勝負。伸び脚は良かったし、もう少しパリッとしてくれば出世も狙える馬だと思う


9/24 まだ途上!ジューヌエコールがオープン勝ち

ジューヌエコール
1着1600


ききょうSはジューヌエコールの快勝。バランスを崩したままスタートを切られてしまい、出遅れ。それ以外は特に悪さをする事もなく、折り合いに関しては半兄ルミナスウイングと比べたら随分まとも。まだ力が付ききっていない感じの身のこなしだが、ソニンクの牝系らしく素質のある1頭

行きたい馬も居なかったので、内枠から敢然とハナに行ったフォワードカフェ。態勢的にはあと少しといった感じではあったが、馬のタイプ的に2500はさすがに長いのでは…。無駄な一戦走ってしまった感はあるが、また1800~2000あたりに戻して見直し



9/24 今日の新馬3頭は①①②!

プロキシマ
4着75
ムーンザムーン
2着200
クイーンズスタイル
5着50
ミスエルテ
1着700
ライジングリーズン
1着700
マテラスカイ
2着280


相変わらず締まりのある質感で動きの良さも目を引くプロキシマ。体が増えていたのも好感だったが、ボコッと出遅れから抑えきれずに捲っていく形で終始大外。初戦と同様に、ラストで伸び脚が鈍る形になってしまった。能力は高いが、それをもう少し効率的に生かしたい。脚の使い方を見ると1400ぐらいの方が良いのかなぁ…

使いつつ力を付けているムーンザムーン。今日は勝たないといけないメンバー構成だったが、密集した馬混みの中で反応の鈍いところが出てしまい、最後しか追えなかった。中間の攻め馬が軽すぎたのも影響した感じ。もう決めたい

動きも馬体も血統も目立ち、とんでもない人気に推されていたミスエルテ。意図的にポジションを下げて運んだが、前進気鋭が強い為、折り合いは減速調整のみ。狭いところに入っても、いつでも飛び出せるような感じで、迫力十分だった。今日は見たまんま何もせず楽勝の形だが、追ってからひと味見せるようなら超一級品の可能性まである。距離はあんまり延ばせないと思うが、まずは阪神JFを目指す事になるだろう

サマーセール500万円のライジングリーズンが新馬勝ち。年明けの段階から「この馬はモノが違うかもしれない」と奥村師が高評価していたが、パドックから納得の好素材。ビシッと追っていないぶん初戦はどうかと思ったが、中団から外を動いてシッカリと伸びた。これもなかなか楽しめそうな1頭

攻めると疲れが出るので、なかなかデビュー出来なかったマテラスカイ。じゃあ栗坂50秒台連発なんかしなきゃいいのに…と思いながら見守っていたが、何とか本日デビューに辿り着いた。ちょっと走る気を欠くような感じで、終始追い通し、手応え以上に渋太く粘って2着だった。スピードがあって粘りもある好素材の予定だったが、酷い調整過程でスピードの面が少し死んでいる。体つきも随分コンパクトに造ってしまったんだなぁとガッカリで、あまり書きたくないが、森厩舎じゃなければなぁ…


9/21 フローラルCはオーブスプリングが快勝

ノットオーソリティ
5着67
オーブスプリング
1着250


若干寂しいメンバー構成になった今年のフローラルC、結果はオーブスプリングの快勝。前走は先行馬総崩れの展開で無理に出して行った事が災いして沈んだが、今日は距離延長で落ち着いたレース運び。難しい最内枠も難なく捌いた。徐々に芯が入ってきた印象で、エーデルワイス賞、年末の東京2歳優駿牝馬を目指していきたい


記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ