del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

ウインブシドウ

6/26 マイネルラクリマが期待に応えて新馬勝ち!

マイネルラクリマ
1着700
グロリアスフラワー
2着200
ウインブシドウ
1着740
ティアップワイルド
1着1780


マイネルラクリマは、インコースをすんなり捌いたセンスが光り、気性も前向き。いつの間にか馬体も成長していたので、今後も渋い活躍が期待出来そう


グロリアスフラワーは抜群の手応えで好位を追走していたが、追ってから弾けず。素質はあるが、体力面の不安は相変わらず。次も相手と展開次第


さんざんケチをつけたウインブシドウは、このタイミングで見事な勝利。スピードを生かす逃げの手と、泥んこ馬場が嵌まった感。短距離向きのジャッジは不変で、距離短縮なら更に上を目指せる


思えばデビュー時などは完全に筋力を持て余していたティアップワイルドだが、だんだん着実にモノにしてきて、いよいよ今日の走りは「理想的」。完全に本格化が成った感があり、この内容ならオープンでも楽しみ十分



ウインブシドウ

誰がどう見ても短距離馬だと思うんですが


1800以上にしか使われていません



挙げ句の果てに、「集中力に欠くので」という談話



盲目も、ここまでいくと呆気に取られてしまいます



これだけ中距離を使い倒し、慣らしてしまった今、短距離にシフトチェンジしても「100%」の力までは出せないでしょうし


個人的に、厩舎に才能を潰された馬の、最たるパターンに思います


自分がここまで言うのは、もちろん距離の問題だけじゃないです




この馬、「トゥザグローリーの調教パートナー」として、キャリアの最も大事な時期の、調子のリズムを崩してまで、尽くしてくれた功労馬なんですよね



しかも、ですよ



2歳夏に完全に仕上がっていたにも関わらず、秋口まで無駄に待たされた経緯まであります



ある程度の厩舎都合は、どんな馬にもありますが



この馬には、犠牲を払わせ過ぎです



「そこまでやってはいけない」というラインを、大きく越えていると思いますよ



部外者の自分が憤慨するような状況ですから、当然ながら出資者の方々のストレスは、計り知れません


一度、生の声を聞いてみたいものです



引退間近の名伯楽だか何だか知りませんが、こういう管理も存在している以上、拍手で送る気には到底なりません



記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ