del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

ウルル

その他色々レポ(殴り書き版)

美浦は、いよいよ好時計のオンパレード開始

中でも、セラーナの動きは目立ちます


父は先週、開幕勝ちも飾ったスズカマンボ


この馬や先週新馬勝ちした馬だけでなく、全体的にスズカマンボ産駒は駆けてますよね


決して繁殖に恵まれているわけではないんですが…


サンデー×キングマンボの種牡馬ですから、ある程度のことは予想していましたが、いよいよ「狙いたいレベル」の種牡馬になりそうです


2009年産駒の仮想購買、頑張ります



シュガーキッスとコスモパシフィズムの動きも目立ちますが、こちらはアドマイヤジャパン産駒


スズカマンボに比べると、ちょっと短距離の適性がどうなのかな?と思っていますが、やはり走るところがありそうです


そして、忘れてはいけないのがマイネルパルフェ


この馬、ラフィアンの募集で個人的に悩んでいた馬なんですよねぇ


良い繁殖が集まらない中でも、負けじと奮起しているプリサイスエンドの産駒


BMSサンデーとの魅力的配合です


本日は坂路でラスト11秒台


買わなかったことを後悔させてくれそうですね



血統的に密かに楽しみなところでは
フォーティースの2008が入厩してますね


この母はあまり有名ではないですが、堅実ですから

マークしておきましょう



それから良血では
ヴァナディース
(母マストビーラヴド)

これも加藤征厩舎に入ってます



栗東

自分の知人がとにかくしつこいほど推してくる白井厩舎の「ヴァレノーヴァ」

時計は出てますが、タキオンにしては硬い気がするんですが、どうなんでしょう


個人的には、あんまり大きいところに縁がありそうなタイプには見えないですが…




ホーマンフリップの陰に隠れた形の「ホーマンルッツ」は、今週輸送して福島に使います



これもフリップ同様に動きは超抜のレベルで、単なる噛ませ犬調教馬ではないですよ


おそらく勝ち負けすると思います



宮本厩舎のウルルは、時計こそ目立ちませんが相変わらず良い動き


ドラフトで逃した馬なんですよねぇ


小倉2歳Sから逆算して勝たせてくる雰囲気がプンプン



まだ書きたかったんですが、文字数の関係で今日はここまで
m(__)m

スニッツェル

5月26日
道営フレッシュにスニッツェル産駒がひっそりと登場しました。


いくら角川厩舎所属とは言え、404キロで「太く見える」馬体。能検、調教共に目立ったところも無く


血統も、母系を辿って魅力的な面は発見出来なかったですし、増してや「BMSダンスインザダーク」は道営の1200mに合わないイメージも。

要するに「買えたもんじゃない」訳ですが、レースを見てビックリ


まず競馬に行っての反応が全然違う。抑えたまま2番手、直線追い出すと一気に大差引き離しての圧勝でした。


産駒総数は40数頭。そのわりに、どこの馬産地や育成場を取材しても頻繁に耳にするという「スニッツェルは走りそう」という評判。


このフレッシュ圧勝劇により、更に信憑性が沸いてきたと思います。

あの爆発的な反応の良さは、間違いなく短距離ですけど、「サクラバクシンオー危うし」といった感じでしょうかw


あくまでまだ「サンプル1」なんですが、個人的にはもう「産地の評判」という「前置き」があったから十分です。


急きょスニッツェル評価を水増しするとして、POG指名候補で個人的にピックアップしていたのが



サファイヤコースト
NF横手厩舎で「一番動く」。「POG向きですよ」の談話も

タイキナタリー
こちらはNF岡厩舎で「やればいくらでも動く」。既に栗東入り、宮本師が小倉2歳Sを「本気で」狙う逸材

グリントウィーク
萩原師の「お気に入り」。叔父にストーミーカフェ、配合妙味で好馬体

モスフロックス
上にドリームガードナーで、堅実無比のセンボンザクラ系。繁殖質は最も頼れそう。松国厩舎予定で、好プロフィール、育成も順調、北海道開催予定


このあたり。
足すとしたら小崎厩舎の「スクリーマー」ですかね。あれは母系がワンモアチャッター、スマートギアの一族なので、時として爆発的な活躍が考えられます。


番外編として、スニッツェルの父リダウツチョイス産駒で


ジェイズミラクル


も、ピックアップしてました。これは母系がアドマイヤジュピタらの一族で、大物感も堅実性も十分。金子真人HD所有で村山厩舎というのも好印象。

ライン派の方は当然調べ上げてくる1頭ですが、底の浅いメンバーでのPOGなら、秘密兵器ではないでしょうか。


良かったら参考にして頂きたいと思います
記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ