del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

ゲシュタルト

ゲシュタルト

こちらも、お気に入りの元POG馬



長浜師も色々と模索したようですが、取り敢えずは菊花賞へ挑むことになりました



BMSはエンドスウィープですが、祖母がフサイチカツラですし、京都新聞杯やダービーの内容からも、十分こなせる条件だと思います



ステップレースについては、状態や相手関係を見ながら、流動的に1走といった感じでしょうか


トゥザグローリー共々、今後の成長が楽しみです



それから


その2頭と同じ元POG馬サンディエゴシチーも、ダービーの内容は良かったので(上がり3位)、このまま終わる馬ではないと思っています




特別更新/日本ダービーに挑む5頭のPOG馬

正式な「出走予定」は枠順確定後に更新しますが、「仮想」「POG」当サイト2企画から、自分の指名馬5頭出しの大偉業を讃え、各馬に応援の言葉をかけたいと思います。



①ゲシュタルト
池添騎手/長浜厩舎
デビューは遅れるも、スプリングS2着、京都新聞杯制覇。トゥザグローリーと肩を並べて、今期所有馬中最強の1頭でしょう。この大一番も「いつもの堅実先行」で真正面からぶつかっていって欲しいと思います。


②コスモファントム
松岡騎手/宮厩舎
「ダートで2勝。運が良ければ芝も」なんて考えていた自分が恥ずかしくなるくらいの大活躍。春先までを棒に振りながら、復帰戦の京都新聞杯できっちり2着して、ここに駒を進めてくれました。大一番でも、そんな「したたかさ」に期待したいと思います。


③サンディエゴシチー
浜中騎手/作田厩舎
とにかく欲しかった「北海道重賞」を獲ってくれた事だけでも、感謝の念は尽きません。近走は不振ながら、今期一番最初にクラシックを意識した馬。もちろん希望を捨てずに応援したいと思います。


④トゥザグローリー
戸崎騎手/池江郎厩舎
今期栄光の一位指名馬が「きっちりと」ここに進んでくれました。まだ完成型には到達していない現状ながら、「馬力」や「調教」なら現3歳ナンバーワンだと思いますし、この馬の中で何かが噛み合う「奇跡」さえあれば、アッと言わせてくれる可能性もあると思ってます。


⑤ハンソデバンド
蛯名騎手/尾形厩舎
なかなか1つ目を勝てずヤキモキさせられた時期もありましたが、指名時のイメージ通りの走りで共同通信杯を制覇。その脆さの中には確かな輝きも持った1頭だけに、この大舞台でも「自分の競馬」に徹して欲しいと思います。
記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ