パーフェクトマッチの2009

父タニノギムレット




個人的に、「ブライアンズタイム×サンデーサイレンス」は評価していませんが、「タニノギムレット×サンデーサイレンス」の配合は非常に高く評価しています



やはりヘイルトゥリーズン同士の配合なので、1代違うと安定感が違うという印象



特に、体高が低く出てしまった時の走りが違いますよね



この「ギムレット×サンデー」の配合馬は、現3歳世代まではそれほど多く居ませんでしたが、現2歳世代からは数量・質、共に揃っており


生産地に「走る」と認識されたことが良く分かります



本馬も期待の1頭で、初仔ながら現時点の馬っぷりは文句ありません



祖母マッチザピースも堅実でしたし、母系にジェイドロバリーの血が入ることも「安定感」の意味合いで大きな魅力


あんまり「大舞台向き」とは思いませんが、良いところまではいけそうなイメージを持っています