ちょっと首は高めで追走


内々好位の経済コースを立ち回り、最後も逃げ馬を目標に伸びてきての差し切り



最後の最後は、それなりに失速もしています



全体時計は水準以上ですが、内容自体は平凡な部類ですね



しかし、2歳馬のデビュー戦で、この馬場状態というのは、想像以上の乱数が発生してますから



今日のところは、勝ったことが全てだと思います



どこまで強いのかを見るのは、次ですね



とりあえず、「持たれている側」として、嫌な馬なのは間違いありません