del-nery management

お問い合わせ↓adrianom@xxne.jp

モアグレイス

7/10 完勝シルクアーネスト

クリミナルコード
2着200
モアグレイス
5着70
フィールドシャイン
1着500
グロリアスフラワー
1着500
シルクアーネスト
1着1050


今日は強気に番手から攻めたクリミナルコード。外優位の馬場状態があるので、勝ち馬との差は仕方ないが、根本的な辛抱弱さは今回も目についた。引き続き相手次第の身の上だが、今日の感じなら距離はもっと短くても良さそう


外目をすんなり回ってきたモアグレイスだが、追い出してからが一息。ちょっと大物感には欠くデビュー戦になってしまったが、反面だらしない競馬でもない。遅生まれでヒョロッとしているので、これからの成長に期待する


小細工無しの競馬に徹したフィールドシャインは、そのままスピードで圧倒。行っても下げても競馬が出来る頼もしいタイプで、上のクラスでも大丈夫


グロリアスフラワーは追い切り抜群で、いかにも目下は絶好調。内枠を生かし、一瞬の脚を直線まで温存出来たのが勝因。全体的な頼りなさは残るが、今後も長所を生かしながら


シルクアーネストは、1コーナーから馬を外へ外へ、進路確保だけの競馬。京都新聞杯でも2馬身くらいしか負けていない馬で、今日は力が違った印象。当然、上のクラスでも期待




7/10.11 4頭が出陣!

★阪神芝1400

◎Pモアグレイス
フルゲートで好調教馬が揃い踏み。かなり厳しい一戦ですが、この中でも本命を打てるぐらい追い切りは動きました。ゲートも速く、初戦から動けるセンスも兼備。当然、期待しています

▲ライジングサン
2009北海道サマーセールでHRE指名。相手が揃い過ぎた感はありますが、この馬も水準レベルは楽々クリア。何しろ全馬デビュー戦の18頭立て。大半は満足に力を発揮出来ないレースなりそう。こういう条件での軽量騎手は大きいですし、仕上がりの良さを生かして突っ込みも



★函館芝1800

◎Pロングスペシャル
正直、仕上がりは途上の部類。それでも動きには雰囲気があり、メンバー的にも期待を持って挑めそうな感じ。このぐらいの距離であれば、仕上がりよりも素材がモノを言うことが多いため、まずはお手並みを拝見



★阪神芝1800

◎ショウナンマイティ
坂路、コース、共にケチのつけどころの無い「最高級」の動き。かなりの評判馬も居ますが、少なくとも調教内容で見劣りしている印象は無いです。将来的にクラシック云々の馬ではないですが、初戦に関して言えば、難敵撃破の可能性もある筈


7/7 モアグレイス&ロングスペシャル、初戦から期待

ダートムーア
7月7日栗坂良
助手 脚色一杯
4F 55.1
3F 40.6
2F 26.4
1F 12.9
外ピンクアリエス一杯と併せで0秒4先着
位置1仕上がるC
先行しての先着。終いまで纏めてきた点は良いが、もう少しピリッとして欲しい


テーオーゼウス
7月7日函W良
師 脚色一杯
5F 70.6
4F 55.4
3F 41.1
1F 13.9
外エイシンロックオン一杯と5F併せで0秒1先着
位置7好気配B
まだ入厩して間もない身分で、そこそこ駆ける3歳馬を競り落としているし、函館Wはとにかく重いので時計もOK。しかし「高評判の脚力」を考慮すれば、翌週以降の更なる良化は当然の課題


ハイランドダンス
7月7日美P良
小林久 脚色馬也
4F 57.5
3F 42.1
1F 13.3
外タイセイマテンロウ馬也と4F併せで併入
位置5順調C
軽め併走、順調


ヒッショースマイル
7月7日美P良
柴田善 脚色強め
5F 67.3
4F 53.0
3F 39.5
1F 12.2
内チェンジオブシーン馬也に5Fで0秒8先行1F併せで併入
外アルダントヌイ馬也を5Fで0秒4追走1F併せで併入
位置6動き上々B
そんなにキツい負荷ではないと思うのだが、最後は「あれっ?」という手応えで、見劣ってしまった。完成度の高さがウリなので、正直今日はちょっと嫌な感じ。翌週で払拭したいところ


モアグレイス
7月7日栗坂良
和田 脚色一杯
4F 52.7
3F 37.2
2F 23.9
1F 12.1
外フィールドシャインG強と併せで併入
位置1末脚良しB
今日の栗坂は時計が速く、加えて併走馬が動き過ぎた感はあるが、それでも今の時期の2歳馬が「2F23秒台」はただ事ではない。初戦から好勝負になりそう


ロングスペシャル
7月7日函W良
助手 脚色馬也
5F 70.7
4F 54.7
3F 40.9
1F 13.6
内キングファルコン一杯と5F併せで0秒3先着
外スティールシャーク強めと5F併せで0秒2先着
位置6仕上十分C
併走2頭を問題にしない動き。時計がピンと来ないかも知れないが、同コースに入ったテーオーゼウスを参照して貰えれば、このラップを「持ったまま」で行った「価値」が浮き彫りに。仕上がりレベルは高くないが、素材の良さで初戦から期待十分

速報モアグレイス

詳細は後程ですが



本日の栗東坂路で
52.7-12.1



何より恐ろしいのが、
ラスト2ハ


何と24秒を切って23秒台を叩き出しました



これは、この時期の2歳としては「異常」とも言える時計です



個人的に、23秒台は、ちょっと記憶にないですね




兄姉が総じてダート短距離向きなので、ここまでの時計が出てしまうと、適性の面は再考していかなくてはいけませんが




手応え、あり!

モアグレイス

クラブ近況によると


「来週も時計が出せるようなら、来週デビューさせるかも知れない」との事


西園厩舎は芝1800にエイシンモンジューを送り出す筈なので、こちらは芝1400ということになりそうです



このレースは


栄進岡山の評判馬エーシンジェネシスを筆頭に


栗坂ラスト12.1で大注目のオンファイア産駒シゲルキョクチョウ



木原厩舎の期待馬マルモセーラ


服部厩舎のBMSダルシャーンのサクラプレジデント産駒セイプロスペリティ


橋口厩舎の薔薇一族ダーズンローズ


カントリー牧場→角居厩舎のメーンテーブル



かなりハイレベルになりそうな印象ですが、使うのであれば何とか頑張って欲しいと思います
記事検索
プロフィール

delnerymanagement

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ