2007年07月22日

6/21 トレッキングへレッツらゴ〜

本日ハ晴天ナリ 

ってことで前日に仕入れた情報にそって
お手軽、ガイドなくても大丈夫トレッキングツアーへ…

ツアーって言っても一人ぼっちなんだけどね。
しかも宿のオヤジがくれた地図を頼りに5時間程歩くってやつなんだけどさ

地図が手書きだしよ Σ(・ω・ノ)ノなんと
しかもボールペンで適当に書いただけのやつ…
オヤジいわく「迷ったらそこらの人に聞け」と…
超テキトーだな、おぃ ウ・・ ウン(・_・;)

まぁ悩んでもしょうがないので出発しんこぉ〜!
宿からずっとテコテコ歩いてく…(周りがすぐに山な町だからね)

最初の20分くらいは民家もチラホラある道
それ以降は山道。
登山道っていうより、山に住んでる人達が普段使ってる道って感じ
インレートレッキング1振り返ってみるとこんな感じ…
まぁまだこの辺は山っていうより、平原が広がる丘って感じ。
たまに人もすれ違うしね。
村みたいなのもあったし…




瞑想洞窟インレートレッキング4んで途中にあった洞窟寺院に寄ってみる。
ここで坊主達に紛れて1時間ほど瞑想ごっこ。
30分の座禅と30分何も考えずにウロウロ歩き回る瞑想…

そのあとこの洞窟の近くに住んでた子と仲良くなりつつ、お茶をご馳走になる。
こんな山のなかの子でも、写真の女の子はそこそこ英語が喋れる。


んでこっから先がいよいよ山道。ってか無数に枝分かれしたわだち道…
おぃおぃオヤジのくれた地図ではほぼ一本道なハズなんだけどな…(汗)
まったく適当なんだから ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
分かれ道がある度に誰か通るのを待つか、少し戻ったりして農作業中のおっちゃんに聞いてみる。(ラオスでの遭難未遂があるので慎重なんです)
ってか人があんまいねぇ〜し。(;´ー`)
宿のオヤジもこんなんならもうちっとマシな地図用意しろってんだ


なんだかんだで山頂の村に辿り着く。
インレー小学校村の小学校にて。
ルールはよくわかんないけど、みんな自分が履いてるビーチサンダルの片っぽを
ブン投げてワーワーキャーキャー言ってる。20人くらいいるかな…
とりあえず混ざってみる。
どうやら遠くに投げればいいわけではなく、たぶんゲートボールみたいに他人のビーサンに自分のビーサンを当てるらしい…
たわむれること10分・・・疲れた。
チビッ子の体力にはついていけないッス。
若いってそれだけで素晴らしいことですなぁ…(*´д`)y-゚゚゚しみじみ


インレートレッキング少女休憩してたらこんな子達も寄ってきた。
えらいねぇ、背中には赤ちゃんの弟をおぶってんの。
まぁ言葉が通じないから、たぶん弟。
日本じゃ子供なんて親の手伝いなんてしないのにねぇ〜
もちろんおれもそんなことしたことありませんから
 ヘヘヘ…(*℃_,°*)ゞ




とまぁ、こんな感じであとは下山。
だいたい全部で6時間くらいだったかなぁ…




delpiero800527 at 06:36│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔