地商地消のすすめ 鳩ヶ谷発

謹賀新年





今日で全てが始まるさ





http://youtu.be/YJfkK9WOzLI


泉谷しげる

春夏秋冬




2014年元旦

先月今月と、
絵に描いたようにうまくいかない事例が
複数ありました。




まちはみんなでつくるもの




一人一人が矢面に立つ覚悟。
一人一人が泥をかぶれる覚悟。
一人一人がはしごを支える覚悟。
身近なところの覚悟を一日も早く持てるように。



覚悟ない言動は責任が伴わないので、
物事が動かないどころか負の方向へ動かしてしまう。



学んでいることは覚悟が無いと活かされない。
知的好奇心が満たされ「良い話を聞いた」で終わる。
「自分は何でも知ってる」で終わる。




まちは『私以外の』みんなでつくるもの
になっていませんか?




まちは私たちみんなでつくるもの





「私」の身近なところの覚悟を一日も早く。
はしごを途中で外す人にならないように。






覚悟を持ってる人たちはWIN WINを。
一人勝ちは無い、みんなでつくるものだから。



パッションだけでもロジックだけでも物事は動かない。
WIN WINを念頭に、パッションとロジックのバランスを。






会としてやっていく以上、
複数の方々が関わるので情報共有が必要になってきます。




組織論で良く「ホウレンソウ」って言われますが、
報告・連絡・相談。




自分勝手な解釈をしたり、
自分が良いと思っているものが受け入れらなかったりすることから、
ホウレンソウを怠る人がいます。



そうすると、やっぱり物事がうまく進まない。



ホウレンソウを怠ることも、覚悟が無い表れだと思います。



そのことを成し遂げようという覚悟があれば、
自分勝手な解釈で物事を進めている場合じゃないし、
自分が良いと思っていることが受け入れられないからとかいって、
コミュニケーションを拒否している場合ではないので。





覚悟というパッション(感情)と
ホウレンソウというロジック(理論)。




物凄くシンプルなことだけど、
これがうまくいくか否かを大きく左右するものだと、
まちづくり活動10周年で思うことだったりします。

e45dd0ef.jpg2003年。

日本にワールドカップが来た、
埼玉にワールドカップが来た、
埼玉高速鉄道沿線にワールドカップが来た
翌年の2003年6月から地域活動に関わるようになりました。

あれから10年。

丸10年経って最初の事業が
7月7日(日)開催の七夕まつり。


鳩ヶ谷総鎮守 氷川神社の七夕祭りは
今年で10周年。


いみじくもお互いに10年です。


七夕まつり、
ただいま準備の真っ最中ですが、
非常に感慨深いものがあります。



是非、7月7日(日)は
氷川神社にお越し下さい。




▼七夕まつり関連サイト

鳩ヶ谷駅夜祭ブログ



鳩ヶ谷駅夜祭フェイスブック



鳩ヶ谷総鎮守 氷川神社WEB



埼玉県庁観光課ブログ「わが町自慢 ちょこたびブログ」

「ワーク・ライフバランスの第一人者小室淑恵が語る育児休暇三年問題」
小室淑恵(株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役社長)×鈴木寛
すずスタ!コラボトークwith小室淑恵
youtube


是非見て欲しいです!



WLBとか男女共同参画のみならず、
地域活動にも通じるマネージメントの話がガンガンでてきます。
早稲田大学の早田先生が2月に川口市で行われた
『まちはみんなでフォーラム』で言っていた
「リーダーがスーパーマンへの危惧」に関連することも出てきます。



番組タイトルの先入観を持たず、出来るだけ多くの人に見て欲しいです!
勿論、タイトルに関することもガンガン出てきますので
こちらも勉強になります。



小室さんは3年前に川口の男女共同参画の講演会で呼ばれてるんですよね。
川口市サイト

このページのトップヘ