DSC_2127-01
ベネチアが見えて来ました。

DSC_0000_BURST20190815110445395-01
どんどん近づいている。

海面がキラキラしている!

DSC_2130-01
いよいよ、サンタ・ルチア駅到着。

DSC_2131-01
Prima(グリーン車みたいなクラス)車両は2号車でした。

引き込み線は後方車両が先頭になって入線するので、ワタシたちは長いホームをテクテクと歩きます。

DSC_2132-01
夫ちゃんに「サンター・ルゥチィアー、サンターー・ルチアー♪」って歌うんだよと誘うと「ぇ。そのサンタ・ルチアはこの駅のことなの?」とマジ返しされてしまった。

「知らん。けど、歌うと、ベネチアに来た気分が上がるから歌うの。歌わなきゃ、いけないんだよ!」と半ば強制。

せーの!

サンター・ルゥチィアー。サンターー・ルチアー♪

おバカ夫婦のパフォーマンス

DSC_2133-01
一節唸ってから、駅構内のインフォメーション窓口へ。

ヴァポレットの48hチケットを買うためです。

窓口横にはベネチアでのお約束注意のポスターが。

10項目の禁止事項。

あー。よく見掛ける橋の欄干に南京錠を固定しているやつね。

そのうち、「駅構内でサンタ・ルチアを歌ってはいけない」条項も追加されるかな。♪記号にバッテンされたマークが 

DSCPDC_0003_BURST20190815114153069_COVER-01
駅を出るとこの光景。

ベネチアデビューの夫ちゃんは固まっちゃいました。

数秒棒立ち。

そして「いいねー」と。

「そうでしょう。来て良かったでしょう?」ちょっと何様でした、ワタクシ。

DSC_2135-01
駅横のキョウチクトウのピンクや白の花が満開ってだけでも、また歌いたくなります。

DSC_2138-01
スカルツィ橋を渡って来ました。

rps20190826_110031
サンタ・ルチア駅と運河を挟んで真正面の教会“サン シメオン ピッコロ”の扉は開いていました。

後で見学しようと思い付いたのに、その後帰る日まで見学することを忘れたままだったのは、ちょっと残念。

rps20190826_110130
運河の駅側はヴァポレット乗り場が並んでいますが、向かいのこちらにはゴンドラ乗り場があります。

その乗り場の真正面にワタシたちのお宿ホテル アンティーケ フィギューレが建っています。

三ツ星ホテルですが、絶好の立地で、この時期ですので、去年の秋ごろの予約でもかなり、かなりの料金でした。

ワタシ一人ならば泊まらないけれど、ベネチアデビューの夫ちゃんがベネチアを大好きになれるよう選択したのでした。

rps20190826_110206
rps20190826_110257
この光景だけでベネチア、納得してしまいそうです。

rps20190826_110413
rps20190826_110500
お部屋はオーソドックスなバロック雰囲気。

12時前のチェックインでしたが、お部屋に通していただけました。

さらに、「私共からのプレゼントです」と言って、お部屋をアップグレードして用意してくださったのには、意味がわからず心からのありがとうを口にするのに数秒かかったほどです。

この角部屋にはソファーベッドも入っていて、通常は3~4人用なのだそうです。

この辺りではお部屋面積が広めです。

もちろん、当初の予約と同じくカナル・ビューです。

rps20190826_110559
洗面台が2つ並びなのには「ぉー」と驚き。

rps20190826_110635
バスタブの底面はプラスチックなのかべこべこと音を立てますが、可動式シャワーは使い勝手もいいですし、湯量は上々。

rps20190826_110716
アメニティは一見地味めですけど、全部 made in Italy でした!

rps20190826_110807
一番驚いたのは室内用スリッパ。ビーサンのように鼻緒のある形状は初めて遭遇。

夫ちゃんにはウレシイお土産が増えました。

rps20190826_112051
一休みしてから、ランチに出ました。

予め、ホテル最寄りのバーカロをチェックしていたのですが、あいにく8/14, 15はお休みの張り紙が。

「カトリックの国なのにお盆休み?

サクッと食べて、観光に繰り出すつもりでしたが、仕方ありません。

散策を兼ねて、迷路にはまらない程度に運河沿いを進んでみました。

rps20190826_110851
ピッツェリアのようなお店があったので、「ビザでサックっとしようか。」と足を止めたのですが、そのお隣のお店のメニューに目が留まりました。

全品写真メニュー!

お店の人に促されて、運河に沿って並んでいるテーブルに着くことに。

ま、いんじゃない。

後でGoogleマップで店名を確認したら、Hostaria Venexiana 評価は3.9でした。

rps20190826_111010
サラダ代わりの野菜スープ。

普通にオイスィー。


rps20190826_111051
海鮮盛り合わせのフライ。

メニュー写真よりもエビとか諸々種類が少ないのにはちょっとアレでしたけど、片口鰯がスッゴク美味しかった!

暑すぎて不漁だったのか、漁師さんたちもバカンスしてるのか、8月の夏真っ只中というタイミングのイレギュラーだったのかも。

オニオンリングに見えるのはすべてカラマリ。たぶん、ヤリイカ。

とてもカラッと揚がっていて、胃もたれの心配不用。

オイスィー!

rps20190826_111143
ベネチアでサーモン?

写真メニューのこれ、美味しそうに見えたので、産地にこだわらず注文。

ホクホクでとっても美味しかったです。

給仕のお兄さんは愛嬌もサービスも満点。

面白おかしくかまってくれるし、サクッと食べてとはなりませんでしたが、いきなり運河沿いでお食事は、ザ・ベネチアでした。