デジオタのオーディオ、PCライフ

オーディオ機器、PC、iPhone、iPadなどデジタル機器のレビューなどを行っています。

ガジェット

HA INFO SM29MKII買ったヨ!(iPadで動いたヨ!)

USB-DAC & DDC & ヘッドホンアンプ【USB → USB-DAC & DDC/光/同軸/I2S】HA INFO SM29MKII
USB-DAC & DDC & ヘッドホンアンプ【USB → USB-DAC & DDC/光/同軸/I2S】HA INFO SM29MKII

中国のメーカーのHA INFOから発売された、
SM29MK?というUSB-DAC&DDC&ヘッドホンアンプを買いました。

4980円という値段なのでとりあえず遊んでみようと購入。
早速届いたので使ってみました。

筐体は小さく手のひらに収まるサイズで、
金属のケースなのでしっかりしていますが非常に軽いです。

まだ中の構造は確認していませんが、
米TIのPCM2706の昨日をそのまま使用して、
ヘッドホンアンプ部にはOPA2134を使っているという情報がありました。
(実際に確認したら再度報告します)

音は非常にストレートで特に味付けもしていないようです。
その代わりまだ使い始めという部分もあるかもしれませんが、
高音域がちょっとうるさく感じます。
このあたりはエージングが進んでどう変わるのがが楽しみです。

このSM29MK?をiPadに繋いでみたところ、
あっさりと認識してバスパワーで駆動が可能でした。
デジタル出力も正常に動作しているので、
iPadオーディオの入門や、iPadで使える安価なDDCが欲しい方には、
最適なのではないでしょうか。

最終的にはOPAMPやコンデンサの張替えを行って、
どこまで音質を改善出来るか試してみようと思います。

iPad + Camera Connecter Kit + CARAT-RUBY

予約していたので当日に手に入れたiPadですが、
唯一買っていなかったCamera Connecter Kitも入手し、
発売前から一部の人々の間で話題になっていた、
USB-DACを使って音楽再生が出来る!
というのを実際に試してみました。

手元にあるUSB-DACはnano/SかCARAT-RUBYかnabeさんの物、
この中でCARAT-RUBYはACアダプタから電源をとっているので、
動く可能性が高いので繋いでみました。
(事前にnano/Sはe☆イヤのりょう太さんからダメとの情報)
ヘッドフォンアンプ内蔵DACStyleAudio CARAT-RUBY2【次回6月下旬以降入荷分ご予約受付中】
ヘッドフォンアンプ内蔵DACStyleAudio CARAT-RUBY2【次回6月下旬以降入荷分ご予約受付中】

繋いでみると、何のこともなくあっさりと動作し、
CARAT-RUBYのヘッドホンアウトに繋いだSRH840で再生されました。
やはりiPad内蔵のアンプで再生するより圧倒的に良い音になります。
さらにぺるけ式雑誌付属基板アンプを仲介するともう完璧。
音源をLosslessで入れていたこともあり、
感動するくらいに良い音で聴くことが出来ました。

理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)理解しながら作るヘッドホン・アンプ―FET差動増幅回路採用で低ひずみ/低ノイズを実現した (プリント基板付き電子工作解説書SERIES)
著者:木村 哲
販売元:CQ出版
発売日:2010-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

続きを読む

iPad予約&痛iPadカバーを作ったよ

前回から4ヶ月ぶりの更新です。
いやほんとすみません。
Twitterの欄を見ていただければわかると思いますが、
呟いてばかりです。

さて、iPad予約しました。
最近zionoteの方と親しくさせて頂いていて、
先日のヘッドホン祭りで実物を見ましたが、
これは買わざるをえないと思い、
予約開始と同時にWifiモデルを予約しました。

そんなわけでまだあと2週間あるわけですが、
FOCALPOINTからiPad用のポリカーボネートカバーが、
すでに購入可能でしたので、早速注文。
そしてLABIモバイルドリーム館でつくもたん化を行ってきました。

完成した痛iPadカバーがこれ!
SDIM1777
デザイン的にはバレンタイン用の物なので時期はずれですが、
まぁ知ってる人しかわからないだろうし、
つくもたんとラビたんが一緒のタイプでは、
これが一番好みでした。
カバーが約2000円、施工費が1万円で、
なんとも高額なカバーが完成しました。

iPadはすぐに注文したので28日到着予定ですので、
到着次第これをつけて使う予定です。

継ぎ目がなく、iPadのデザインを損なわないポリカーボネート製高透明度クリアハードケースTUNEWEAR TUN-PD-000002 TUNESHELL for iPad
継ぎ目がなく、iPadのデザインを損なわないポリカーボネート製高透明度クリアハードケースTUNEWEAR TUN-PD-000002 TUNESHELL for iPad

《予約受付中》【5月下旬発売予定】フォーカルポイントTUNESHELL for iPad スモーク ポリカーボネート製ケース [TUN-PD-000023]【P5倍5/31まで】
《予約受付中》【5月下旬発売予定】フォーカルポイントTUNESHELL for iPad スモーク ポリカーボネート製ケース [TUN-PD-000023]【P5倍5/31まで】

AT-PHA30iとFiio E1の比較

Fiio E1に続き、オーディオテクニカのAT-PHA30iも購入しました。
外観などの比較についてはe-イヤホンさんのブログの、
比較記事を見ることをお勧めしますが、
ユーザとしての視点で比較してみようと思います。  続きを読む

Monitor SaverでIEMをリフレッシュ

e-イヤホンの名物店員「りょう太」さんが欲しいと言った事から、
取り扱いが始まったWestoneのMonitor Saverを使ってみました。

48807845

Monitor Saverはインイヤータイプ(耳の中に先端を入れるタイプ)の
イヤホンの乾燥を行うための製品で、
簡単に言えばイヤホンがちょうど入るサイズの、
シリカゲル(おそらく)入りのケースです。
円筒型で一般的なマウスより少し小さいくらいのサイズで、
イヤホンが1本ちょうど入ります。

底にシリカゲル入りのケースがあり、
蓋をすればシリカゲルの吸湿効果でケース内のイヤホンから、
水分が吸収されて乾燥するという単純なものです。
言ってしまえば、これを買わなくてもシリカゲルと、
適当なケースを買ってきてイヤホンを入れておけばいいことです。

この製品の利点といえば、ケースのサイズがイヤホン1本分に最適、
ということで効果的にシリカゲルが働けることですね。

使ってみた感想としては、
まず最近一番使っているオーディオテクニカの、
ATH-CKS70を入れて6時間程度放置しておいたのですが、
乾燥後の状態で使ってみると、
低音の重みと高音域のスピード感が増したように思いました。
乾燥させたんだというプラシーボ効果については否定しませんが、
メンテナンスをしたという状況は気分的にいいものかもしれません。
(一般人には「わからん」と言われる事でしょうが・・・)

ただ、イヤホンによっては本当に湿気で故障する機種もあるそうなので、
インイヤータイプを使っている方は、
Monitor Saverなど乾燥機材を用意して、
愛用のイヤホンを永く使えるようにメンテナンスしてあげてはいかがでしょうか。

iPhone3GS用にFiio E1を購入した。

ヘッドホンアンプを使う人たちの間では、
ちょっとした話題になっているのですが、
Fiioというメーカーから出ている、
E1をe-イヤホンさんで購入しました。

以前購入したE5と同じメーカーで、
E1はiPod専用のヘッドホンアンプとなっています。
というのもE1はDock端子につなぐケーブルの形状で、
Dock端子から電力供給と音声信号を貰って動きます。

このためほかのメーカーのプレイヤーでは、
使用する事が出来ない製品です。

サイズは、端子側はAppleの標準ケーブルの端子のサイズを、
倍にした位の大きさで厚みが多少あります。

そこから伸びたケーブルの先にリモコンがあり、
このリモコンで再生/停止、曲の前後と早送り/巻き戻し、
ボリュームの変更が出来ます。
ちなみに一応iPhoneは対応機種にはなってはいませんが、
装着時の警告表示を無視すれば、普通に使用できています。

リモコンのレスポンスは非常に軽快で、
使い勝手も非常に良好です。
電車内などでも本体を取り出さずに、
次の曲などに変更できるのはやはり便利ですね。

音質は、iPhoneよりも良いのは当たり前ですが、
思った以上にしっかりと効果が感じられます。
音の感じはあまり硬質なメリハリが効いた音ではなく、
ウォームな印象をうけます。
しかし低音域から高音域までしっかりと鳴っていて、
音の広がりを感じました。

さすがに音質に拘って作られたアンプなどと比べると、
不足を感じることは多々ありますが、
約3000円という値段を考えれば、
リモコン機能を含めて非常に安いと思います。 

なお、E5で盛んに行われたOPAMPの交換は、
ちょっと難しいかもしれません。 
おそらくDock端子側にアンプはあると思われるのですが、
分解するのが非常に難しそうです。

iPhoneやiPodを購入したけれど、
曲を変更するたびに取り出すのが面倒な人や、
ちょっといいイヤホンを買ったんだけど、
もっと性能を生かしてあげたい、
でもヘッドホンアンプを買うのには躊躇している。
という方たちには最適な製品だと思います。

12月にはAudioTechnicaからも同じような製品が出ます。
こちらも購入予定なので、
商品が届き次第比較などしてみたいと思っています。

iPodのDOCKに接続出来るポータブルアンプ!【新製品】FiiO E1【入荷しました!】
iPodのDOCKに接続出来るポータブルアンプ!【新製品】FiiO E1【入荷しました!】

ポータブルヘッドホンアンプ【ご予約受付中】audio-technica AT-PHA30i BK(ブラック)【12月18日発売予定】
ポータブルヘッドホンアンプ【ご予約受付中】audio-technica AT-PHA30i BK(ブラック)【12月18日発売予定】

 

GPSモジュールを使ってみた。

秋月で売っているGPSモジュールGT-730FL-Sを使ってみました。
GT-730FL-Sはバッテリー内蔵なので、
単体でロギングが可能という製品。
これを注文する前日に秋葉原の実店舗で、
GT-730FLを買うか迷っていたのですが、
結局買わずに帰ったところ次の日に-S版が登録されたので、
運が良かったです。

使ってみた感想としては、
まず本体が非常に軽いし小型なので邪魔になりません。
GPSが受信できているかは青いLEDが点滅しているかだけなので、
受信強度や衛星の個数などはわかりませんが、
帰宅してログを確認してみた感じでは正確に取得できているので、
点滅状況だけ確認しておけば良いかなと思いました。

取得の精度も悪くなく、概ね正しい位置が取得出来ていました。
(誤差は10m以内といったところでしょうか、
ビルなどが多い場所はやはりずれますが、
路地一本分くらいで済んでいました。)
電車の中でつけっぱなしにしていたのですが、
ちゃんと線路上を移動していたので受信性能も良さそうです。

付属ソフトは記録したログの再生が可能で、
やや早送りで地図上で動いた位置を見ることが可能です。
これが案外面白くて、踏切を渡ったりした動きや、
信号待ちをしている動き、電車が停車した動きが確認できて、
「あぁあそこで確かに止まったな」と思い出して楽しめます。

まだカメラとの連動は試していませんが、
この精度なら問題なく使えそうです。
ちょっと気になったのがバッテリーの持ちで、
まだ本調子ではないのかもしれませんが、
18時間はもちませんでした。

USB接続GPSモジュール(バッテリー内蔵) GT−730FL−S

秋月のLCDオシロスコープキットが気になったので、
ネットで注文しようと思ったら面白い物を発見。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03150/

USBのGPSモジュールですが、
バッテリーが内蔵されているので単体でログが取れます。
SONYなどからも同様の製品が発売されていますが、
1万3000円くらいします。
この製品は4000円と3分の1以下の値段で同様の事が出来るはず。
液晶表示はありませんが、GPSの受信状況はLEDでわかるし、
バッテリーの持続時間が15時間というのは同じ。
受信感度も-1dBmの差です。

チャンネル数という数値がSONYは並列20chで、
この製品は65chとなっているのですが、
まだGPSユニットについて詳しく調べていないので、
違いやどっちがいいのかは不明。

これがあれば、DP-2で写真を撮るときに、
撮った場所の記録が出来ます。
(ボタンを押すと押した場所の記録が残るらしいので、
ポケットに入れておいて撮影後に押せば良い)

パソコンに繋げばナビゲーションも出来るようなので、
TypePをナビとして使えるし色々活用出来そうです。

CARAT-RUBYに小改造

改造というレベルではないですが、
StyleAudio CARAT-RUBYのボリュームを交換しました。
(OPAMPの交換とか期待した方すみません)

元々付いていたボリュームは「KIE」と表記のある、
Aカーブ10KΩの製品なのですが、
これがまぁスムーズに回らない。
(常に金属同士が擦れ合うような引っかかりを感じる)

音調調節中にあと少しというところで軽いひっかかりを感じ、
強く回すとちょうどいいところを通り過ぎてしまう。
ということが続いたので、マルツRD925Gに交換しました。

RD925Gnabeさんのサイトで音質が良いと書かれているのをみて、
以前試しに購入したもので、
購入後に特に音質評価などはしていないのですが、
音質云々よりもその回転のスムーズが好きになり、
現在はメインのボリュームとして採用しています。

交換した結果ボリューム調整は非常にスムーズになり、
快適さが増しました。
小さいことかもしれませんが、こういった細かい違いが、
製品の評価を大きく変えてしまうこともあると思います。

OPAMPについては不満がないわけではないのですが、
交換するとしても、無闇に交換しても意味がありませんし、
もっと調べて、明らかにこれに変えれば良くなる、
というものがあれば交換を考えたいと思っています。

円高*ウォン安Styleaudio【CARAT-RUBY】
円高*ウォン安Styleaudio【CARAT-RUBY】

USBオーディオアンプ StyleAudio CARAT-TOPAZ【光デジタル入力搭載、HEXAD OPAMP、銅製スパイク仕様】 USBヘッドフォンアンプ スタイルオーディオ
USBオーディオアンプ StyleAudio CARAT-TOPAZ【光デジタル入力搭載、HEXAD OPAMP、銅製スパイク仕様】 USBヘッドフォンアンプ スタイルオーディオ

USBオーディオアンプ StyleAudio CARAT-EMERALD【PERIDOTのグレードアップモデル。銅製スパイク、OPAMP構成変更で音質向上】 USBヘッドフォンアンプ スタイルオーディオ
USBオーディオアンプ StyleAudio CARAT-EMERALD【PERIDOTのグレードアップモデル。銅製スパイク、OPAMP構成変更で音質向上】 USBヘッドフォンアンプ スタイルオーディオ

シャープ、電子辞書型ネット端末「NetWalker」



ひさびさになんだか面白そうなものを作ってますね。
でも私の場合、動画再生機能があるかが重要。

記事を見る限りブラウザやらメーラーやらは載ってるけど、
動画関連の記述がみられないところと、
発表されているスペックからみて、
H264かMPEG2-TSの再生ができるほどの性能は無さそうですね。
UbuntuベースのOSとやらも、どこまでユーザがカスタマイズできるのか・・。

ただ、3秒起動と10時間バッテリーは魅力的ですねぇ。
Windows機でもこんなマシン出ないかなぁ・・・。

TypePにWindows7入れて遊んでいますが、
グラフィックスのドライバのチューニング不足か、
画面の設定をベーシックにしないと動画再生がコマ落ち(涙
起動もVistaよりは早いけれど、それなりに時間がかかる。
早くSONYのWindows7用のドライバディスクの受付&販売が始まらないかな。

【9/25発売予定】SHARP/シャープ NetWalker PC-Z1-B (2009年夏モデル)
【9/25発売予定】SHARP/シャープ NetWalker PC-Z1-B (2009年夏モデル)
Archives
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

「Chu×Chu! on the move」情報は特設ページで公開中!

Amazonで商品検索
サーチ



最近のオススメ

資料請求はこちら
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ