Webデザイナーが量子力学を学んだら。

36歳にして、プログラマを定年退職して Web デザイナーになった den 256 が中学生のころの夢だった物理学を学ぶということについてつづってゆくブログです。日々の勉強の進捗報告などを掲載してゆきたいと思っています。今、量子力学を勉強してるよ!とか、他にもいろいろ勉強中!という人と繋がりたいです。

会社での肩書は、システムエンジニアです、Web デザイナーというのは、自称です。。。 勉強の仕方は、まず自分で「今日から使える量子力学」を読んで、わからないことがあったら知人の物理学者に質問しようと思っています。知人に物理学の博士号を持った方がいるのでいつかは理解できるはず。。。。


いつもながら学習の進捗報告です。

いまは、「今日から使える量子力学」は、中断して、

「Excel で学ぶ量子力学」の方を読んでいます。

いくつか分かったこと。

量子力学を構成する数学?物理学かな?

行列力学

波動力学

統計力学?確率力学かな?

ほかにもあるかもしれませんが、この辺の理解が

量子力学をひも解くには、必要見たい。

以上、進捗報告です。


えーと、井戸型ポテンシャルのところを読んでいるのですが、よくわかりません。

式の展開、微分方程式を解くのは、手塚さんに聞いて理解できたのですが、

手塚さん曰く、井戸型ポテンシャルの問題は、量子のにじみだしの

確立を計算するなんたらかんたらと言っていて、えっ、この式で

確率が求まるの?って言う感じです。なんでこの式で量子の存在確率が

求めるのか手塚さんに今週の金曜日に聞いてみようと思います。

手塚さんとは、知り合いの物理学者です。

はて?これからどう学習を進めたらよいものか。。。。。


昨日かな?コインランドリーで待っている間、量子力学の勉強、30分くらいしました。

波動関数からシュレイティンガーの一次元方程式を導くところを何度か読み返しながら

理解しようとしています。

ルンさんの指摘で、「 記号の意味 わかってるの?」という指摘を頂き。

そうかぁ、記号の意味を追いながら読んでみよう。と思って、そう読んで行ったら

以前よりもだいぶ話がわかる気がしました。

もう少し読み込んで次に行きたいと思います。

新しい量子力学の本を買ってしまいました。

「Excelで学ぶ量子力学―量子の世界を覗き見る確率力学入門」 (ブルーバックス) [新書] 。

このページのトップヘ