2004年12月03日

師走

25時30分に解放される1日。
何だ25時って?小学校では習わなかった時間だぞ・・・

今日は古い機械の搬出と、新しい機械の搬入がありました。
来週以降に稼動開始して、作業の停滞を無くすんだとか。そうなるといいなぁ。

師走突入な1日でした。

denbun at 02:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2004年12月01日

よくやった

http://www.asahi.com/national/update/1130/038.html

司法制度から見たら、求刑を超える判決ってのはあまりよろしくないだろうけど、これはよくやったと裁判官を讃えたい。

denbun at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2004年11月30日

帰宅

2週間ぶりに部屋に戻り、スティーブンソンの宝島を読んだ。

今月は仕事で大阪に泊り込み、戻ってからもずっと会社で働いた。相変わらず親父の体調は芳しくない。
僕は今、本業であるはずの学校には最低限しか出席できていない。これはもしかしたら「仕事」を言い訳にしているだけかもしれない。

咥えたタバコの煙の向こうに見える友人たちが、どこかまぶしい。

denbun at 18:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

勝ち犬

http://allabout.co.jp/children/ikujinow/closeup/CU20040130/

近頃良く聞く「負け犬」に対して、「勝ち犬」というのがあるらしい

かっても犬じゃ嫌だ、負けても狼で居たい

denbun at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2004年10月29日

人質

公務でも社務でもなく、記者でもNGOでもなく、ただ観光目的でイラクに入国して誘拐された・・・これほど自己責任、自業自得という言葉が似合う人質も珍しい。

犯人がザルカウィ一派では、もう助けるのは難しいかもしれない。だから犯人達にこう伝えたい。


「そいつが死んでも日本人は誰も同情しないから、殺しても無意味だ。だから解放してやってくれ」

denbun at 01:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)