京大競馬研元会長吉田恭介の適性セオリー

京大競馬研元会長が、競走馬の実績、血統、馬体、気性などの適性から予想を展開するブログ。

10月20日(日)予想


適性ありそうな馬の枠が悪かったり難解ですねぇ・・・ヒモもなかなか絞れない。



京都11レース 菊花賞(G1)

◎ユーキャンスマイル
○エタリオウ
▲グレイル・フィエールマン
☆グロンディオーズ
△ブラストワンピース・タイムフライヤー
注エポカドーロ・メイショウテッコン・ジェネラーレウーノ


枠絶好のグレイルや京都外回り適性のフィエールマンも迷ったが、菊と言えばダンスインザダークということで基本に返ってユーキャンスマイルで。気性に改善が見られたのもプラスで、あとは展開と京都得意の騎手の手綱捌きでなんとか。

人気上位ならエタリオウが一番持続力があって菊向きだろう。
京都外回りで後手を踏みそうなのが不安点。

グレイルは展開的には絶好っぽいが本質的には小回り向き。

フィエールマンは近親にスタミナある馬多く京都外回りは絶好だが枠微妙。

グロンディオーズもスタミナあるので本当に展開次第。




瞬発力勝負になったら爆死しそうな印になってしまったので
先行勢の皆様はそのあたり何卒よろしくお願いいたします。

エポカドーロは1800mベストで距離長いと思うんだけどな・・・
あとジェネラーレウーノは京都外回りで魅力減。

10月14日(日)予想


スカーレットカラーという馬を買いたかったんですけど、取消だそうで・・・。
条件が良いのは中団差しのディープ。



京都11レース 秋華賞(G1)

◎アーモンドアイ
○プリモシーン
▲ラッキーライラック
☆トーセンブレス
△カンタービレ・サラキア



アーモンドアイの2冠は特に展開が向いたわけでもなかったというのがまたケチをつけづらい。

上がり馬買うぐらいならプリモシーンの方に惹かれる。
桜花賞とNHKマイルカップは言い訳のできる負け方だった。

ラッキーライラックは乗り替わりぐらいですかね。
あとは変に先行しなければ信頼できそうだが。

トーセンブレスは前走フケだった。
もともと力もあり条件も向くので、あとは展開が噛み合えば。

カンタービレは買うつもりなかったのだが何せ枠が良い。
京都でこの枠でこの騎手だと、さすがに手を出しとくべきか。


9月30日(日)予想


そういや去年スプリンターズステークスの予想上げてませんでしたね・・・。
中山は意外と馬場もちそうで何より。パワー型の印は下げないとですね。



中山11レース スプリンターズステークス(G1)

◎ファインニードル
○ラブカンプー
▲ワンスインナムーン
☆ナックビーナス
△レッツゴードンキ、アレスバローズ、ラッキーバブルズ
注レッドファルクス 



ファインニードルは休み明けを58キロで完勝。
昨年12着だがこのコース自体も適性はあるし、多分馬券になると考えている。

ラブカンプーは前走厳しいペースだったが粘って2着確保。
おそらく夏に調子を上げるタイプだが、保っていてほしい。

ワンスインナムーンは朱鷺ステークスの内容が昨年より上。
内枠なので絶対先行しないと、なんだが、このメンツでどうなるか。

ナックビーナスも先行しないとあんまり・・・なのでこの位置。
そういう気性なので外枠は好材料だと思います。

6月24日(日)予想


本当は外国馬を本命にしたくはないのだが・・・。

阪神11レース 宝塚記念(G1)

◎ワーザー
○ダンビュライト
▲パフォーマプロミス
☆スマートレイアー・ミッキーロケット
△サトノクラウン・ヴィブロス・ゼーヴィント


ワーザーは香港の一線級でラブリーデイやサトノクラウン、ハイランドリールに勝利経験ありで普通に格上と言っても差し支えない。
アウェーの日本でもこのメンツならという気はするが、体重がやたら減ってるのは心配。馬体重やパドックは要注意。

ダンビュライトは差し脚鈍いタイプでこのコース、渋化は歓迎。
ワーザーヤバそうならここからかな。

パフォーマプロミスにとってこの舞台は最高に近い。あとは相手関係だけ。

スマートレイアーは天皇賞春の内容が強かった。
年を取ってキレはなくなったが、その分こういうレースで輝く可能性はある。

ミッキーロケットも天皇賞春で復調気配。枠を生かせれば。




なんかまた塗ってない人気どころが何頭かいますね笑


6月3日(日)予想


2年前の忘れ物を取りにきました。中距離馬重視。



東京11レース 安田記念(G1)

◎リアルスティール
○ペルシアンナイト
▲スワーヴリチャード
☆モズアスコット・サトノアレス
△サングレーザー・リスグラシュー・アエロリット・キャンベルジュニア


リアルスティールは1800mがベストの馬でサトノアラジンと血統も酷似(恥ずかしい話、ラングレーとかプロディガルサンとかラキシスとかフローレスマジックってそれぞれどっちの兄弟だったっけと時々ごっちゃになる。だいたい同じだと思って処理しているのが悪い)。
2年前は競馬にならなかったので、改めて。

ペルシアンナイトはマイルCSよりは安田向きだと思う。マイルCS勝っちゃったけど。

スワーヴリチャードは力もあり距離短縮はかなりの強調材料だが枠が微妙。
スタートして数百メートルが勝負。

モズアスコットは距離延長がね・・・そうじゃなければもっと重視したのに。

サトノアレスは我慢できる枠なので一発あれば。




ギャラリー
  • マイルCS回顧
  • マイルCS回顧
  • エリザベス女王杯回顧
  • 天皇賞秋回顧
  • 菊花賞回顧
  • 秋華賞回顧
  • スプリンターズステークス回顧
  • 凱旋門賞回顧
  • オールカマー回顧