京大競馬研元会長吉田恭介の適性セオリー

京大競馬研元会長が、競走馬の実績、血統、馬体、気性などの適性から予想を展開するブログ。

1月17日(火)予想


出馬投票やり直しなので編集しました。



京都11レース 日経新春杯(G2)

雪は止んでもさすがにある程度は重い馬場だと思うので、阪神ベターのミッキーロケットでもある程度信頼できるだろう。ただ、日程が2日伸びたのは気性的に若干不安。

てかレッドエルディストとシャケトラがうさんくさすぎてミッキーロケットを重視するほかない。この2頭ならヤマカツライデンの方がまだ信頼できる。
 
ヤマカツライデンが逃げて上がりのかかる展開になればカフジプリンスにはうってつけ。レッドエルディストより常に強い競馬をしてきているし、買うならこちらだろう。 

ただ、あんまり穴も思いつかない。ダコールぐらいかな?あまり広げると利益を出せない可能性も。馬場が合わなさそうなレーヴミストラルも見切りたいところだが・・・当日のデムーロ騎手の調子を見て決めるか?


◎ミッキーロケット
○カフジプリンス
▲ヤマカツライデン
☆ダコール
△シャケトラ・モンドインテロ
▽レーヴミストラル



 

1月14日(土)予想


京都も中京も雪予報。これは芝状態を読むのはかなり難しい。
それに中京は馬場造園課も力量不足。JRAの馬場情報を見れば9日に「芝刈りを実施しました」とあるが、どこをどう刈ったのか蓋を開けてみるまで分からないのは中京だけ。一応フラットな状態だと考えて予想してみるが、凍結防止剤の入ったダートに力を入れる方がまだマシかも知れない。様子見の一日。




中京11レース 愛知杯(G3)

力のある馬が少ない。ハンデ戦だし天気も荒れるしまともにやってもなかなか難易度が高そう。穴狙いが得策か。

マキシマムドパリは力自体はあるが鈍足。プリメラアスールがスローに落とした場合は勝ちきれない未来が見える。
クリノラホールの前走はシャドウダンサーが上がり最速だったレースだし何かしらのバイアスがかかっていたことは確か。まだ力の裏付けはない。
最近のヒルノマテーラならこの舞台設定も合いそうだが、アテにしづらいので二桁着順でも別に驚けないという・・・


なのでレーヴデトワールを狙うという案はどうだろう?
好走条件は時計がかかる芝で上がりの競馬になった時で、今回はまさにそんなレースだろう。
雨が降った中京の芝で49キロなら戦えると考えた。

この発想なら福島中山得意のダイワドレッサーも重視して、これまた鈍足のカゼルタや重馬場得意そうなゴールドテーラーみたいな感じで欲深い買い目で額は抑えたい。が、切れる馬も少なくて・・・。

◎レーヴデトワール
○マキシマムドパリ
▲ダイワドレッサー・ヒルノマテーラ
☆カゼルタ・ゴールドテーラー
△7.12
▽1.9.10

1月8日(日)予想


明日は京都で観戦。何Rかで口取りしてるかも?

それにしても狙い甲斐のない番組が多い。重賞だけ書きます。





中山11レース フェアリーステークス(G3)

まともな馬はアエロリットだけに見える。 
こういう力関係ならノリちゃんもインに収納したがるだろうし、内枠はうってつけ。

ただ、残りが分からん。 
地力もある程度あって中山が合いそうなメローブリーズあたりを狙いたい。
あとは普通にキャスパリーグあたり。枠は悪いがやはり力はある。
 



京都11レース シンザン記念(G3) 

こちらも誰も信頼できないし、唯一まともな戦績のペルシアンナイトは今の京都への適性があまりなさそう。 
穴狙いで少額張るのが得策かも。 

というわけでブレイヴバローズに注目してみた。
前走は持久戦を好位追走で押し切ったようにスタミナ自慢。
今回はさらに馬体も成長し内枠。少し雨が降るのも歓迎だと考えた。

本線はタイセイスターリーで、あとは広げて。



  

1月7日(土)予想



中山11レース ポルックスステークス

上位陣の層が厚い。
ピットボスもセンチュリオンもバスタータイプもジェベルムーサもなかなか崩れない気配。
一番安定しているのは太め残りでもバスタータイプか?勢いだけで言えばピットボスなんだが、どの馬も馬券になる確率が65%ぐらいに見えて、どれを本命にするかは難しい。

印が人気に寄ったのであとは実績あるタムロミラクル・サンマルデュークで打ち止め。

◎バスタータイプ
○ピットボス
▲センチュリオン
☆ジェベルムーサ
△タムロミラクル・サンマルデューク





京都11レース 淀短距離ステークス

内前にこだわるなら、斤量以外不安点のないローレルベローチェとフォーリーに期待してのサドンストームですかね。

京都得意なセカンドテーブルは外枠でも拾うが、トウショウピスト・フミノムーンあたりは京都適性が抜群にあるというわけでもないので、当落線上と言ったところ。

◎ローレルベローチェ
▲サドンストーム
☆セカンドテーブル
△11.15
▽13






京都8レース

ティップトップは京都成績が良く、前走は上がり35.0で6着では展開的に実質ノーチャンスだったと見るべきだろう。
テーオーソルジャーやゼンノサーベイヤーを経由して組み立てたい。




中山10レース 迎春ステークス

自分目線ではどう見てもミライヘノツバサが1番手。
相手はステイゴールド重視でディスキーダンスでどうだろう?
サラトガスピリットは中山だと上手く立ち回れないように思えるので、そこを突きたい。


 

京都12レース

最内を引いたデンコウリキで一発狙いたい。
2走前の負債を返してもらいたい(小声)


1月5日(木)予想



皆さまあけましておめでとうございます。

今年も昨年12月から引き続きゆる~く更新していきます。







京都11レース 京都金杯(G3) 

前開催終了以降にエアレーション・シャタリング作業が行われてないのは結構久しぶりのはず。
2年前ぐらいまでの京都芝開幕週みたいに、内前に寄せて印を打ってもいいんです?

エアスピネルはやっぱりマイル~1800がベストだと思うし、両後脚の踏込がまだ完成されていない現状から考えると、直線が平坦の京都がほぼベストなのだろう(余談だが将来的には中山記念とかで見たいタイプ)。
ただ、今回は前走が3000mだっただけに、ポジション取れない可能性が高い。もちろん力はあるし京都が得意の鞍上なら変なレースはしないだろうが、アタマで信頼とは断言できない。



さて、基本的に内前に寄せると決めたので内枠から順に見ていく。

ブラックスピネル
前走の+18キロが謎すぎる。前走は久しぶりにまともなレースが見れると期待したのに馬がまともな状態ではなかったようだ。京都も得意なのでまずは絞って出てきてくれ。体重と芝状態が想定通りなら圏内に来れると思うが。

ケントオー
謎の好調期と謎の不調期がある馬で、今は不調期なのだろう。
馬自身も内枠は得意だが、状態が上がってきた感じはあまりしない。
それに比較的タフなタイプの馬なのでエアレーションのある京都の方が得意だろう。

アルマディヴァン
エアレーション・シャタリングがかかっていた馬場なら考えた。
ハンデも込みで戦えない力差ではないが、パンパンの良馬場の京都で買いたいタイプの馬ではないと思うので、今回は見送りかな・・・。

ブラックムーン
前走の見た目ほどは強くないが、京都はそれなりに得意。
鞍上が人気にビビって外回すようなら詰めが甘い結末が待っていそうだが、内にこだわれると読むなら重視しないとダメかも。

フィエロ
どこからどう見てもここがベスト条件で斤量も手頃。
前走は決して得意ではない阪神コースで好走したことを復調と捉えて、2.3走前に目を瞑ってここは重視してみる。

以上を考慮した結果エアスピネル・フィエロ・ブラックスピネルの順で印を打つことは決定。
あとは穴で冬が得意なテイエムタイホーと、マイル以下の京都では安定感のあるダイシンサンダーを狙う。


◎エアスピネル
○フィエロ
▲ブラックスピネル
☆テイエムタイホー・ダイシンサンダー
△4.12
▽14.15.18






中山11レース 中山金杯(G3)

人気馬が誰も信用できないぞ?
ツクバアズマオーはコース向いてるけどそもそもそんなに強くないし騎手もアレだし
ストロングタイタンは平坦向きだし
シャイニープリンスは前走の再現ができるか怪しいし
クラリティスカイはこの中では一番強いけど本質的に中山得意じゃないし
ドレッドノータスも平坦向き。

一応内の3頭が有力なのかねぇ。その組み合わせだけ買うか。
4歳馬を軽視するという無謀な挑戦。

あと中山得意なライズトゥフェイムが枠を活かせれば食い込めるかもしれないので、そちらにも小銭を投げる。








京都9レース 初夢ステークス

ハギノタイクーンは冬が得意なのでホームラン狙いしてみる(パドック要確認)。




中山10レース 招福ステークス

このメンツならアサクサスターズで足りる気がする。
前走の内容は決して悪くなかった。




京都10レース 万葉ステークス

これはノリちゃんの進言でここに使ってきたピンポンを見るレース。
正直血統傾向的にはかなり合いそう(笑)




中山12レース

ガチバトルの調教が良い。
陣営はかなり弱気だが、コース適性もあるし、狙えるのでは?


ギャラリー
  • マイルCS回顧
  • マイルCS回顧
  • エリザベス女王杯回顧
  • 天皇賞秋回顧
  • 菊花賞回顧
  • 秋華賞回顧
  • スプリンターズステークス回顧
  • 凱旋門賞回顧
  • オールカマー回顧