京大競馬研元会長吉田恭介の適性セオリー

京大競馬研元会長が、競走馬の実績、血統、馬体、気性などの適性から予想を展開するブログ。

7月24日(日)予想


つかみどころのないレースが多い第一印象です。オッズ的にオイシいところがあればつまむ・・・といった馬券戦略が増えそう。






函館6レース

☆タイセイバンデット

前走は中央再転入初戦で体重も太めだった。今回は叩き2走目で1000mに短縮。ハマればウォリアーズソウル以外の馬になら勝負になる気がするので、馬連だけ、とかそういう思い切った馬券の方がバランスはとれているのかもしれない。






中京8レース

◎ラインシュナイダー
☆シルバーソード


さすがに500万にラインシュナイダーがいるのは他の馬にとっては辛い・・・と言いつつもう3走目。前走は雨が降ったせいもあってツーエムマイスターを捉えきれなかった。良馬場なら。

シルバーソードの前走は同じく重馬場に泣いて前を捉えきれなかった。ラインシュナイダーの後ろをついていく作戦が取れれば最高なのだが。






福島10レース 横手特別

◎ベルウッドケルン
○タマノブリュネット
▲プリサイスエース
△インザバブル・ルールソヴァール


ベルウッドケルンはよほど福島が合うのか、前走は1000万でも通用する時計で快勝。同じ日に行われた1000万猪苗代特別の2着クロフネビームスより速い時計。アルタイルには勝てないけど、その他よりは上と考えれば、ヘタな降級馬より力は上と見た。

タマノブリュネットの前走はアルタイルには離されたが内容は上々。福島のコース形態も合っていて、今回も好勝負が期待できそう。

先行勢に負荷がかかるとプリサイスエースが面白そう。不器用な差し馬でも福島ダ1700の外枠なら、いかにも鞍上がポツンしそうな馬だということ以外には何ら問題ない。






函館12レース 潮騒特別

○カービングパス
☆ゴースルー


カービングパスは土曜日福島メインのフルールシチーと同じ、「前走リズム崩した馬に戸崎」パターン。
前日上手くいったので、日曜日も2匹目のどじょうを狙う。

ゴースルーの前走は前が狭くなる不利。2走前を見る限りスムーズならここでも好勝負になると考える。








中京10レース 香嵐渓特別
函館11レース 函館2歳ステークス
中京11レース 中京記念
福島11レース 福島テレビオープン

の予想はレジまぐにて販売しています。




競馬をする日もしない日もあるので、1日単位で買いたい!という方は予想記事(1記事324円、税込)を
毎日競馬するから私の予想を全部見たい!という方はメルマガ(月額1800円、税込)を

それぞれご購入くださいますようお願い致します。
(※載せる内容は同じで、ただ支払方法だけが違います。毎土日読まれるならメルマガの方がお得です)







予想記事(1記事324円)のリンクは

メルマガ(1ヶ月1800円)のリンクは


です。よろしくお願いします。


7月23日(土)予想


今回予想書くレース数は多いですが、先週までと同じモチベーションです。

ケンするような堅い予想でも一応ここに書き捨てておこうと思ったので・・・。








函館7レース

☆カゼノシッポ

前走は楽な内容だったが、2走前は体力の問われた内容で外から追走して2着確保。
すぐ内のエクシードリミッツが速いのでハナは厳しいかもしれないが、外の2番手ならチャンスはある。

複勝が安いならジェットコルサとのワイドで代替する予定。






福島8レース

◎ジュンファイトクン
○ステイブラビッシモ
▲コーラルタワー


ミッキーシャンティとアドマイヤガストがうさん臭い。

さすがにそれ以外でまともな馬と言えばこの3頭ですよね、というなんの変哲もない予想。

穴馬のアイデアも特になくて・・・。






中京10レース 長久手特別

◎マサハヤドリーム
○ハクサンルドルフ
▲ナイトオブナイツ
☆ゼウスバローズ
△デンコウリキ・トーセンデューク・ブリクスト


マサハヤドリームは直線でゴチャつくと伸びない馬で、現状数乗っている和田騎手でないとこの馬は操縦できないことになっている。今回も強い3歳馬はいるが、降級馬の層は薄い。3着以内に入る確率が1番高いのはこの馬。

ハクサンルドルフはここ2走展開に恵まれているのが気になる。もちろん1着になる確率は1番高いが、ミドルやスローペースの場合どこまで強いかがまだ見えていない。

ナイトオブナイツは重い芝が得意。中京最終週の荒れた芝は得意なのではないだろうか。

ゼウスバローズは今回初ブリンカー+短縮。もともと力のある馬なので、テコ入れがハマれば足りる計算。


問題はバンドワゴンの状態が非常に中途半端なこと。
いかにも休み明けで、かと言って緩すぎもしない。でもこれに印打つと絶対にケンだしなぁ。






福島10レース いわき特別

◎ソールインパクト
▲マルターズアポジー
△ウインマハロ・キズナエンドレス
▽クィーンズベスト

ソールインパクトは2連勝のあと休養し、降級を狙って今回が復帰初戦。もとから予定されていたこともあってじっくり乗り込まれている。福島芝中距離でも1800mの方は立ち回りが問われる舞台で前走内から仕掛けて抜け出したソールインパクトには向いているのではないか。

マルターズアポジーの鞍上田辺騎手は小回りの逃げは得意。1.2コーナーで緩めることができれば、独壇場もあり得る。

クィーンズベストは小回りだとあまり強くないのでちょっと嫌ってみたが、マルターズアポジーとの馬連だけは押さえる。






函館11レース 函館日刊スポーツ杯

◎ゴールドペガサス


オープン戦で勝ち負けしていたように、「ネロよりちょっと弱い」馬。

降級狙いでここに参戦してきたように陣営の意欲もあり、フミノムーンより実績は上。

その他はウォーターショパンが詰まりそうなことしか分からないので、たまには男らしく単勝で。





中京12レース

◎ロワアブソリュー
▲セイントバローズ
△ダノンスパーク
▽イレイション


ロワアブソリューは左回りだと競馬ぶりがマシ。気性難も徐々に改善されてきたようで、一応入り口はここなのだろうか。

セイントバローズは折り合えていない現状なので前に壁を作れる内枠は歓迎。力を出せれば上位争い。

うーんどうやってオッズ取ろうか。イレイションまで買えるオッズなのかどうか。







 
 

福島9レース 三陸特別
中京11レース 桶狭間ステークス
福島11レース 白河特別
福島12レース

の予想はレジまぐにて販売しています。




競馬をする日もしない日もあるので、1日単位で買いたい!という方は予想記事(1記事324円、税込)を
毎日競馬するから私の予想を全部見たい!という方はメルマガ(月額1800円、税込)を

それぞれご購入くださいますようお願い致します。
(※載せる内容は同じで、ただ支払方法だけが違います。毎土日読まれるならメルマガの方がお得です)







予想記事(1記事324円)のリンクは

メルマガ(1ヶ月1800円)のリンクは


です。よろしくお願いします。

 

凱旋門賞馬券発売に向けた予習(その3)


今回は、海外の主要競馬場のコース形態についてまとめます。

実は海外競馬場はシンガポールのクランジしか行ったことがないので、アクセスなどに関しては他のサイトをご利用ください。





エプソム競馬場(Epsom Race Course)



Epsom Course

Willie Carson's Virtual Epsomより引用。おじさまの笑顔が素敵だからこの画像を選んだわけではありません)



エプソム競馬場はロンドンの郊外南にある競馬場で、ダービーなどが最初に行われた歴史ある競馬場です。

図表Cにある2400mコースのスタートから、3.4コーナー中間の約1100mの道のりで、高低差42m(ソースによって誤差アリ)の上り坂が続きます。

そこからの約1200mで30mほど下り、最後の約100mがまた急な上りとなっている非常にタフなコースです。

日本最大の高低差を持つ中山競馬場の高低差が5.3mですから、その約8倍の高低差があるということですね。

あと最後の直線部分は内ラチに向かって傾斜しています。このあたりにも都市部に整備された日本の競馬場とは異なることが感じられます。


☆エプソム競馬場で行われる主な大レース

・オークス(G1、芝2410m。2016年勝ち馬マインディング)
・ダービー(G1、芝2410m。2016年勝ち馬ハーザンド)
・コロネーションカップ(G1、芝2410m。2016年勝ち馬ポストポンド)

今年の凱旋門賞の上位人気3頭がこのコースでG1を勝っています。








アスコット競馬場(Ascot Racecourse)

ascot

http://racing.betting-directory.com/ascot-racecourse.phpより引用。影を見れば高低差が分かりやすい?)


アスコット競馬場はロンドンの西約57キロ、バークシャー州にある競馬場で、イギリス王室が所有する競馬場です。エイシンヒカリが出走した英GIプリンスオブウェールズステークス(G1、芝2000m)もここで行われました。

2400mのスタート地点は図表右側の「1m4f」で、左下に向かって下っていきます。しかし、そこからはゴールまでずっと上り。コーナーは2つのおにぎり型コースで、高低差は約22m、直線の長さは約500mです。エイシンヒカリはほとんど上り坂だったわけですね。



☆アスコット競馬場で行われる主な大レース

・ロイヤルアスコット開催
セントジェームズパレスステークス
クイーンアンステークス
キングズスタンドステークス
プリンスオブウェールズステークス
ゴールドカップ(G1、芝4000m。2016年勝ち馬オーダーオブセントジョージ)
コモンウェルスカップ
コロネーションステークス
ダイヤモンドジュビリーステークス
・キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1、芝2400m。2015年勝ち馬ポストポンド)
・シャーガーカップ(騎手招待競走)
・QIPCOチャンピオンズデー
チャンピオンステークス(G1、芝2000m。2015年勝ち馬ファシネイティングロック、2着ファウンド)
クイーンエリザベス2世ステークス
ブリティッシュ・チャンピオンズ・スプリントステークス
ブリティッシュ・チャンピオンズ・ロングディスタンスカップ
ブリティッシュ・チャンピオンズ・フィリーズ&メアズステークス
 




カラー競馬場(Curragh Race Course)



http://www.drawbias.com/Ireland/curragh.htmlより引用。ややこしいコース形態なので色付きの図を引用)

カラー競馬場はアイルランドの首都ダブリンから南南西約45km、キルデア州にある競馬場で、アイルランドの全てのクラシック競争が行われる競馬場です。3世紀には二輪戦車の競争が行われていたなど、その歴史は紀元前とも言われています。

2400mコースのスタートは「1m4f」地点で、マイルコースからの合流地点までが上り坂でコーナーが下り坂。約700mの直線部分はダラっとした上り坂です。引用したサイトでは「波打つコース」みたいな表記がありましたが、高低差はおそらくエプソムやアスコットに比べるとマシで、直線部分はほぼ平坦だと考えて良いでしょう。


☆カラー競馬場で行われる主な大レース

・アイリッシュ2000ギニー
・タタソールズゴールドカップ(G1、芝2112m。2016年勝ち馬ファシネイティングロック)
・アイリッシュ1000ギニー(G1、芝2800m。2015年勝ち馬オーダーオブセントジョージ)
・プリティーポリーステークス
・アイリッシュダービー(G1、芝2400m。2016年勝ち馬ハーザンド)
・アイリッシュオークス
・フィーニクスステークス
・モイグレアスタッドステークス(G1、芝1400m。2015年勝ち馬マインディング)
・アイリッシュセントレジャー
・ヴィンセントオブライエンステークス
 




メイダン競馬場(Meydan Racecourse)

Overhead map of Meydan racecourses


http://www.racinguk.com/racecourses/meydanより引用)


メイダン競馬場はアラブ首長国連邦(UAE)・ドバイにある競馬場で、2010年に開場しました。

今まではヨーロッパのコースを中心に見てきて日本との違いに驚いた方も多いかもしれませんが、メイダンは非常に「日本馬に優しい」コースになっています。

コース図を見てもらえれば分かりますが、2400mコースは直線ゴール手前からスタートしてコーナーを4つ回り、直線入り口からゴールまでは約450mで、直線の上り勾配は1.5%。ほぼ阪神芝2400mと言っても過言ではありません。ドバイの芝レースで日本馬が好走しやすいのはこのあたりに原因があります。

逆に言えば、ドバイで好走した欧州馬は日本の競馬場への適性があるとも言えます。



☆メイダン競馬場で行われる主な大レース

・ドバイミーティング
ドバイワールドカップ
ドバイシーマクラシック(G1、芝2400m。2016年勝ち馬ポストポンド、2着ドゥラメンテ)
ドバイターフ(G1、芝1800m。2016年勝ち馬リアルスティール)
ドバイゴールデンシャヒーン
ゴドルフィンマイル
UAEダービー(G2、ダート1900m。2016年勝ち馬ラニ)
アルクォズスプリント
ドバイカハイラクラシック
ドバイゴールドカップ
・スーパーサタデー









日本語のソースが少なくて苦労しました。

ロンシャン・シャンティイについては凱旋門賞馬券発売に向けた予習(その1)を参照してください。

エプソムは42m、アスコットは22mの高低差ですが、ロンシャンやシャンティイの高低差は約10mなので、要は「イギリスよりはマシ」なわけですね。


つまりアスコットでハリケーンランやエレクトロキューショニストと叩きあったハーツクライはすごい
・・・という乱暴な結論を出したところで今回はこのあたりで。



先週の振り返り


◎高校野球を見に行った話



月曜日はちょうど良い試合日程だったので、弟の出身校と母校の高校野球予選を観戦してきました。



弟の出身校鳥羽高校は公立高校なんですがスポーツ推薦もあり、ここ数年で3回甲子園に出ている程度に野球エリート校。去年も夏の甲子園に出場してましたね。

昨日もコールドとはいきませんでしたが6点差の勝利でベスト16進出を決めました。プロに行くような選手は10年ほど出ていませんが、毎年安定した戦力があります。



対して私の母校である洛星高校は進学校で普通科しかなく、選手のレベルが世代によってまちまち。ウン十年前には春季大会優勝もある名門校でしたが、6年前に秋ベスト8に進出して以来不振にあえいでいます。昨日も春季大会優勝の京都翔英高校が相手とはいえ、5回コールドで試合終了。トンネルは長そうです。

自分たちの世代もたいがいでしたが、今はそれ以上に苦しい状況かもしれません。鳥羽が羨ましいですね。









◎函館記念


話題を競馬に移しましょう。

先週の唯一の重賞、函館記念はマイネルミラノが優勝。




鞍上の丹内騎手は、ペースを作るのが非常にうまかった。小回りでは鉄則の、「1.2コーナーで緩めて、向こう正面からのロングスパート」で後続を完封。2番手以下のプレッシャーもほとんどなく楽に競馬ができたことが勝因でしょう。

4着のマデイラまでが最内追走の馬と、コーナーで外を回した馬は全滅。つまり今年もコース取りが全てだったと言えます。

位置取り的にはマデイラが絶好の位置でしたが、あれで4着しか取れないとなると、今後は厳しいかもしれませんね。



人気のバイガエシやレッドレイヴンは、1コーナーまででレッドレイヴンがポジションを取れなかったあおりでバイガエシも後ろの位置取りに。

2頭とも向こう正面でラチ沿いを放棄してしまいました。あれではノーチャンスですが、後方から内にこだわるのも人気を背負っている以上リスキーなので、仕方ないとも言えます。




またケイティープライドやツクバアズマオーがラチ沿いを確保するとは考えていませんでしたし、オツウが早い段階で自重するとも考えていなかったので、予想的には完敗の一戦でした。

「オツウが控えてくれたのも良かったです。」というのは丹内騎手のコメント。まさにその通りで・・・。









◎中京競馬場の芝の話


中京競馬場は馬場改修の際に3.4コーナーの芝を張り替え、さらに3コーナー「だけ」に横断排水管を設置。そのあおりを受けて日曜の中京の芝はかなり歪な競レースが連発しました。



中京9レースマカオJCTのセンセーション、中京10レースシンガポールTC賞のパドルウィールと共に3コーナーで内を通った馬が勝利。

3コーナー以外の馬場は外が優勢だったのですが、3コーナーだけは内から乾いて内優勢。3コーナーで内追走→直線で外に持ち出すという黄金パターンが生まれていました。



ですが、東京がそうであるように雨上がりの内優勢馬場はそう長くは続きません。12レースのフィリピントロフィーの時には3コーナーは完全に乾いてしまったのでしょう。3コーナーや直線で内を通った馬は全滅し、外を通ったメラグラーナ・ハッシュ・キタサンラブコールの外差しで決着。

一時的に出現した3コーナーのグリーンベルトに振り回されました。このままだと今週は例年通り外差しなのでしょうが、雨が降るとまためんどくさそうです。








今週は2歳重賞ですか。早いですね。私は中京記念を頑張ります(笑)



7月17日(日)予想


中京10レース シンガポールターフクラブ賞

◎パフォーマプロミス
○ジュンスパーヒカル
▲パドルウィール
△コウエイワンマン


これでも印打ちすぎかもしれない。とにかく上位2頭とパドルウィールの間にも差があるし、パドルウィールとコウエイワンマンの間にも差がある。

おそらくパフォーマプロミスが1本被りなのでジュンスパーヒカル単絡みの馬券でも期待値的にはアリなのかもしれないが、パフォーマプロミスはOPでもぐらい期待できるスケールなので的中確率はそんなに高くなくて。





福島10レース 鶴ヶ城特別

各馬の力差が小さいので、ここは期待値を取りに行ってもいいかもしれない。

☆ディアゴッホ

500万時代に一度福島1150mは経験していて2着。京都や新潟で見るところもなく凡走しているように差せるコース設定でないとなかなか苦しいところがあり、今回のような逃げ馬が多いメンバー構成はおあつらえ向き。中団で流れに乗れれば。





中京12レース フィリピントロフィー

◎スマートカルロス
▲アルティマブラッド・ニシノラッシュ・メラグラーナ
△グレイトチャーター・ブラッククローバー


どの降級馬から入ろうかゲーム。

スマートカルロスの前走は京都の芝1400mで息が入らず立ち回りが問われる流れから大外を回すという好走する要素が一つもない競馬。タフな展開でズブズブの差し競馬が理想だが、今回はそれに近いことになると思っている。各騎手が芝状態を把握しきれておらず、直線で馬群がばらけそうなのもプラス。

ニシノラッシュとメラグラーナも1600万にいるべき馬だが、それぞれ中京のイメージにしっくりこなかったり脆いところがあったりでこの評価。アルティマブラッドはワンパンチ不足も直線が長いコースは歓迎。

差し競馬に寄せたので、消耗戦得意のブラッククローバー以外の先行馬にはお帰りいただく予定。




函館12レース 北海ハンデキャップ

◎デンコウインパルス
○ケルンダッシュ
▲アルカサル
△トウキョウタフガイ・サブライムカイザー


サブライムカイザーは降級の割にオッと思わされる履歴に乏しく、トウキョウタフガイは京都小倉タイプで函館が微妙。さすがに下位の馬とは力差が断然なので拾わないわけにはいかないが、展開無視で馬券になれるほどの勢力図ではない。

同じ降級ならまだデンコウインパルスの方が信頼できる。ここ最近出走したレースはほぼヤマカツライデンと同じレースだったが、好勝負を繰り広げて確かなスタミナを裏付けてきた。この馬も1600万に上がれるものは持っていて、血統的に洋芝も合うはず。

ケルンダッシュは前走内容平凡も好走歴があるという事実は大きい。もう少ししんどいラップ構成になっても耐えられる履歴なので、昇級戦でも。

アルカサルはセントライト記念やAJCCなどで買おうと思っているぐらい地力を評価しているのだが、2600mは長い。力だけで突破できるのかどうか。







函館11レース 函館記念
中京11レース ジュライステークス
福島11レース バーデンバーデンカップ
中京9レース マカオJCT

の予想はレジまぐにて販売しています。




競馬をする日もしない日もあるので、1日単位で買いたい!という方は予想記事(1記事324円、税込)を
毎日競馬するから私の予想を全部見たい!という方はメルマガ(月額1800円、税込)を

それぞれご購入くださいますようお願い致します。
(※載せる内容は同じで、ただ支払方法だけが違います。毎土日読まれるならメルマガの方がお得です)







予想記事(1記事324円)のリンクは

メルマガ(1ヶ月1800円)のリンクは


です。よろしくお願いします。

 
ギャラリー
  • 先週の振り返り
  • プロキオンステークス回顧
  • 宝塚記念回顧
  • ユニコーンステークス回顧
  • ルージュバックは強い。しかし・・・
  • ルージュバックは強い。しかし・・・
  • 田辺騎手とモーリスとリアルスティール
  • ダービー回顧
  • 午前中の神ルメール