京大競馬研元会長吉田恭介の適性セオリー

京大競馬研元会長が、競走馬の実績、血統、馬体、気性などの適性から予想を展開するブログ。

5月29日(日)予想




京都6レース

マルカベッカムの前走はまくりが趣味の秋山騎手に絡まれて失速。今回もそこがネックだが、こっちの騎手が和田騎手に替わっているので、ペースの違いが生まれないだろうか。

道中無事に走れればチャンスはある。

☆マルカベッカム




東京8レース 青嵐賞

ヴェラヴァルスターがやっとまともな条件に使ってきた。東京の2400mに戻れば即反撃だと思われる。

その他がなかなかハマらないが、一応グランドサッシュを2番手に。前でレースを運んで結果を出した田辺騎手が引き続き鞍上なのも心強い。

◎ヴェラヴァルスター
▲グランドサッシュ





京都9レース 東大路ステークス

買いたい馬が多すぎて目移りする状態。

ヒラボクレジェンドは揉まれない競馬さえすれば走ることを陣営が掴んだらしく、前走では早めに動いて4コーナー先頭から押し切った。
ここも1コーナーまでの動きが重要になってくるが、そこをクリアできれば連勝も見えてくる。

前走先行できずにボロ負けしたアドマイヤシャイが穴。先行さえできればここでも足りる馬。

○ヒラボクレジェンド
☆アドマイヤシャイ
△テイエムジンソク・タムロミラクル・チェスナットバロン





京都10レース 安土城ステークス

先行馬の数が尋常ではないのだが、意外とハナじゃないとダメという意識の馬は少ない。
こうなると物理的に前の馬が邪魔になって差しにくくなる場合が多い。

というわけで、前にいる馬か内にこだわれる枠の馬を選ぶべきだろう。

京都牝馬ステークスで痛恨の出遅れをしたベルルミエールを本命に据えたい。
このコースは大得意で、かつ前にも行ける。スタートが全て。

内にこだわれる馬でチャンスがあるのはゴールデンナンバーだろうか。ここ2走は外を回して振るわないが、昨年の京都牝馬ステークス(古い)のように内にこだわれば。

○ベルルミエール
☆ゴールデンナンバー

先行争い含め考えても仕方がないことが多いので、馬券はシンプルに。







京都12レース 與杼特別

ここも先行馬の宝庫。ただそこでもスリーアローが逃げ馬の後ろを確保しそうで、そうなると結構堅い決着になるんじゃないかと・・・。

そもそもスムーズに運んだスリーアローに勝てるの馬がロイヤルパンプぐらいしかいない。他の馬は京都でのレースぶりが物足りない。タガノハヤテは不器用で揉まれ弱いので今回はトーンが上がらない。

で、ロイヤルパンプが外枠。これは60%ぐらいで悪い方に出そうだが、良い方に出ると決め打って馬単だけ買うとか、そんな感じのレース。

連軸:スリーアロー
単妙味:ロイヤルパンプ








東京10レース(レース番号に注意です!) 東京優駿(G1)
東京12レース 目黒記念(G2)
東京9レース むらさき賞
京都8レース 



の予想はレジまぐにて販売しています。




競馬をする日もしない日もあるので、1日単位で買いたい!という方は予想記事(1記事324円、税込)を
毎日競馬するから私の予想を全部見たい!という方はメルマガ(月額1800円、税込)を

それぞれご購入くださいますようお願い致します。
(※載せる内容は同じで、ただ支払方法だけが違います。毎土日読まれるならメルマガの方がお得です)







予想記事(1記事324円)のリンクは

メルマガ(1ヶ月1800円)のリンクは


です。よろしくお願いします。

 

日曜日分の記事

申し訳ありませんが、日曜日分の全てのコンテンツが深夜の配信になります。皆様にはご迷惑をおかけします。

お詫びと言ってはなんですが、ダービーの本命は上位4頭(単勝10倍以下)のどれかです。よろしくお願いしますm(_ _)m

5月28日(土)予想


ダービー前日のジャンプしか重賞のない土曜日。

ここで資金を稼ぎたいところですが。





東京7レース

この時期なのでいよいよ500万戦線も煮詰まってきた印象だが、昨年のこの時期は人気していたダイチヴュルデが人気がない。おそらく戦法がワンパターンでエンジンのかかりが遅いことが原因なのだろうが、このメンツなら十分足りると思える。前走はゴール前4頭接戦から半馬身競り負けて5着。展開次第だが、この人気なら。

☆ダイチヴュルデ




京都7レース

ダイメイコンドルはハイペースの中粘って3着を確保。未勝利勝ちした条件で力を示したので、一応信頼できるとしたらここか。

相手はローカルで戦っていたコンテナより、中央で実績を積んでいるヴレクールやダイメイコンドルと同じレースで踏ん張ったトレジャーステイトの方が上位だろう。

○ダイメイコンドル
▲ヴレクール・トレジャーステイト





京都9レース 御池特別

ナリタスターワンの距離短縮は大歓迎。パワーのないタイプなので京都の舞台設定も合う。休養は長いが、依然戦ってきた相手関係から逆算すれば勝てる計算で。

置きに行くならハピネス。前走はスローの流れで脚比べ。瞬発力がないので敗れたが、自身はもう少し速いペースでも対応できた実績があるので、ペースを問わない強みがある。

もう少しペースが流れるならブラッククローバーが面白い。自身は小倉での実績があるように激流の方が好みで前走はスローで切れ負けてしまった。再びの内枠で巻き返しがあるか。


◎ナリタスターワン(頭妙味)
○ハピネス(連軸なら)
☆ブラッククローバー
△トウカイセンス・ダノンマッキンレー・キタサンラブコール





東京9レース 富嶽賞

アナザーバージョンはどう考えてももう1つか2つ上のクラスの馬なのだが、抜け出すとソラを使ったりそもそも前にいる馬を抜かそうとしない気難しさ(群れで生活するのに適したメンタルなのでむしろこちらの方が「ウマ」として自然ではあるのだが・・・)があって勝ちきれない。
ここもラテラスやリターンラルクといった勢いのある馬がいて2.3着に収まる可能性が大きい。

ダート替わり+短縮といいことづくめのクロフネフリートを狙ってみたいが、果たして席は空いているのだろうか。

○アナザーバージョン(2.3固定) 
▲ラテラス・リターンラルク(アタマの可能性が比較的高い馬)
☆クロフネフリート
△プエルト・クワドループル
 




東京10レース 葉山特別 

サトノスティングはどうやら1年前の飯盛山特別でスイッチが入ったようで、小倉や東京でも問題なく走るようになった。器用さが持ち味なので切れる馬がいると勝ちきれない部分があるが、今回のメンバーならある程度好勝負なのだろう。
 
ジョーアラタやメイクアップは瞬発力に欠けるところがあるし、レーヴデトワールはスローペースじゃないと力を出せないので今回の逃げ馬が多い組み合わせでは苦労しそう。

ちょっと捻るならマンゴジェリーあたりを狙ってみたい。 休養前の1戦は出遅れてリズムを崩したところがあったが、先行できるなら一変もあり得る。

○サトノスティング
☆マンゴジェリー・メイクアップ
△シングンジョーカー・ジョーアラタ・レーヴデトワール
 



 
東京12レース

ツインキャンドルのような逃げ馬にとって東京ダート1600mはおそらく中山ダート1800mよりキツい条件。東京ダート1400mならまだマシなのだが。
 
ビスカリアも牡馬に混じると少し見劣りする。購買意欲はアチーヴと同程度。

そうなるとオールマンリバー・クラーロデルナが消去法で自然と浮上してくる。オールマンリバーも決して東京が適条件ではないのだが、このメンバーなら減点がないことが推し要素になり得る。

クラーロデルナは差し脚確かだが展開不利を被る可能性もあって本命は少し怖い。

叩き2走目で反撃が期待できるワイルドダラーが穴。 

 
○オールマンリバー
▲クラーロデルナ
☆ワイルドダラー
△ビスカリア・アチーヴ

 









京都11レース 朱雀ステークス
東京11レース 欅ステークス
京都10レース 白百合ステークス
京都12レース
 
の予想はレジまぐにて販売しています。




競馬をする日もしない日もあるので、1日単位で買いたい!という方は予想記事(1記事324円、税込)を
毎日競馬するから私の予想を全部見たい!という方はメルマガ(月額1800円、税込)を

それぞれご購入くださいますようお願い致します。
(※載せる内容は同じで、ただ支払方法だけが違います。毎土日読まれるならメルマガの方がお得です)







予想記事(1記事324円)のリンクは

メルマガ(1ヶ月1800円)のリンクは


です。よろしくお願いします。


 

ダービー枠順決定


ダービーの枠順が決まりました!

1枠 1ディーマジェスティ(蛯名正義)
   2マイネルハニー(柴田大)
2枠 3マカヒキ(川田将雅)
   4レインボーライン(福永祐一)
3枠 5エアスピネル(武豊)
   6アグネスフォルテ(松山弘平)
4枠 7ロードクエスト(岩田康誠)
   8サトノダイヤモンド(ルメール)
5枠 9マウントロブソン(T.ベリー)
   10スマートオーディン(戸崎圭太)
6枠 11アジュールローズ(ボウマン)
   12リオンディーズ(デムーロ)
7枠 13レッドエルディスト(四位洋文)
   14ヴァンキッシュラン(内田博幸)
   15イモータル(石川裕紀人)
8枠 16ブレイブスマッシュ(横山典弘)
   17プロフェット(浜中俊)
   18プロディガルサン(田辺裕信)




というわけで簡単に枠を見てのコメントを。



今年、私が注目しているのは「金曜日に雨が降っていること」。

ここ数年圧倒的内有利の傾向が続いているダービーですが、雨が残った状態で土曜日の開催が行われた場合、その傾向は若干和らぐのではないかと思っています。






さて、枠順を見てですが、例年で考えると一番いい枠に入ったのはエアスピネルではないでしょうか。皐月賞で正攻法で競馬した馬が、今回は(レインボーラインさえ邪魔しなければ)おそらく逃げ馬マイネルハニーの後ろ。展開上は要注意だと思います。




内枠に入ったディーマジェスティとマカヒキ。この2頭は難しい競馬をさせられそうです。

ディーマジェスティは共同通信杯こそ内を突いて大成功しましたが、今回は頭数も多ければ他馬の陣営もシビアなコース取りをしてくるでしょうし、そんな簡単に内がぽっかり空くなんて可能性は低いでしょう。ここ4走で3回出遅れているようにスタートも速い馬ではないので、位置取りは後ろの方になるはずです。

マカヒキは川田騎手ですから、人気馬で内に突っ込むというのはちょっと考えづらく、これも直線外に出す可能性が高いです。直線までに外に出す手間が生まれてしまったと考えるべきでしょう。




対して外枠に入ったリオンディーズとヴァンキッシュランですが、馬の個性や臨戦過程を考えると意外と悪くないと思います。

リオンディーズはデビューからずっと2桁馬番。ここでいきなり内枠にぶち込まれるよりは、一発の魅力は減りましたがまだマシかも知れません。

ヴァンキッシュランはスタートが良くないので内枠だと包まれる危険があったのですが、この枠なら1コーナーまでにリカバリーできる余地が生まれます。




サトノダイヤモンドは前で競馬するならいい枠ですが、中団で運ぶなら可もなく不可もなくですね。少なくとも悪くはない、と言った感じでしょうか。

スマートオーディンはマカヒキとディーマジェスティの外に入ったのが最大の幸運。マカヒキに蓋をしつつ直線でスムーズに外に出せる枠です。





枠が悪いのは内枠に入った皐月賞の上位2頭かも知れませんが、1.2コーナーで内を回せるメリットもあるので、そこで相殺される印象です。

個人的にはプロディガルサンの巻き返しがあるんじゃないかと思っていたのですが、ただでさえ距離が怪しい馬なのに大外枠。非常に狙いにくい枠に入ってしまいました。



どちらにしても芝状態は重要なファクターになるでしょうし、最終結論は土曜日の競馬を見てから出したいと思います。



ダービー有力馬レビュー


ダービーの有力馬と言えば

マカヒキ
サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ
リオンディーズ 
スマートオーディン
ヴァンキッシュラン 
エアスピネル
 
(某所の予想オッズを拝借しました)
 


ですかね。
今年は群雄割拠といった感じで、かなり予想も難しいですし、実際ちょっとした展開の紛れなどで着順が変わる可能性が高いです。

ですが、なんと言ってもダービーはお祭りですし注目度も高いレース。私としても是非当てたいところ・・・笑。

まずは週中に勢力図を掴んでおきたい!ということで、人気が予想される各馬について考えていきたいと思います。 





まずは皐月賞上位馬から



ディーマジェスティ

前走皐月賞は外枠の不利が追い風の影響で例年より少なかったと考えられるのと、リオンディーズの暴走で上がりがかかる決着になったことで、ディーマジェスティに展開が向きました。

過去最高の上り3ハロンは33.5。差し切れないレースが続いて未勝利戦を勝ち上がるのに3戦を要したように、今回の上位人気と比較した場合使える脚の最大速度はあまり速くないという不安要素があります。機動力がないので馬込みを捌くということもやりづらいので、戦法の引き出しはあまり多くない馬だと言えます。
 
共同通信杯もそうですが息の入らないペースで好走。他馬の脚が上がったところをスタミナ上位のこの馬が撫で切る形の競馬がベストで、ダービーもスタミナ勝負なら望むところでしょうが、スローペースになるようだと少し分が悪い気がします。

ダービーで馬券になるかどうかはまさに展開次第。消耗戦が望ましいです。



 
マカヒキ

前走皐月賞はディーマジェスティの後ろからスパート。坂で一旦離され、坂を上がった残り200mあたりから再び差を詰めましたが、1.1/4馬身差までが精いっぱいの2着でした。 

瞬発力ではこの馬が一番だと考えます。有力馬の中では一番ディープらしいディープで、素軽さと機動力があるのが長所でしょう。

前走ディーマジェスティに一旦離されたのは坂を上るパワーがまだ身についていないからと考えるべきだと思います。弥生賞でも坂の勾配がきつくなる部分ではリオンディーズとの差をあまり詰められていないように感じられました。

今回は東京にコースが替わることで坂の勾配が緩くなる代わりに上り坂自体は長くなります。その「だんだら坂」部分でちゃんと先団との差を詰められるのかどうか。また、詰められなかった場合、残り200mだけでどこまで追い込んでこれるのかが焦点でしょう。

展開を問わない強みはありますが、東京は坂の勾配的な意味では京都と中山の中間。どんなレースをするかは意外と判断が難しいかもしれません。


 

サトノダイヤモンド

皐月賞では向こう正面で促しながらの追走。直線で不利を受けましたが、立て直してなんとか3着を確保しました。 

昨日の記事にも書きましたが、ルメール騎手はどうやらG1で不利を受けやすいようです。昨年のサトノクラウンも皐月賞で不利を受けたからこそダービーで本命だったのですが、ダービーでも同じようにスムーズにレースが出来ていなかったあたり、そういう不安は常に付きまとうものだと考えて良さそうです。

サトノダイヤモンドに関して不可解なのは皐月賞の道中の手ごたえが怪しかったこと。これを「陣営がダービーに向けて仕上げていたから、皐月賞は仕上がり途上だった」と捉えるか「急なスピードアップに面食らった」と捉えるか「初の一線級との対戦で苦しくなった」と解釈するかは判断が分かれそうです。

どれも可能性も捨てきれませんが、「急なスピードアップに面食らった」の確率が一番高いと思います。楽に折り合いをつけられる代わりに、スピードアップするときはちゃんと促さないといけない、というサトノダイヤモンドの操縦性の高さを示す場面だったとも言えます。

ダービーでも立ち回りの上手さを最大限に生かしたいところですが、ルメール騎手がそういう騎乗をするかとなると、また別の話になってくると思います。




エアスピネル

皐月賞では好位からリオンディーズを見る形。直線で寄られますが、踏ん張って4着には残りました。

基本的にはパワータイプだということが言えます。コーナリングが上手く、パワーもあるので、イメージとしてはロゴタイプとかそのあたり。馬体が成長していればまた別ですが、皐月賞時点では中山1600mあたりがベストでしょう。

以前のデータで「皐月賞1分58秒台で走った馬は来ない」 というデータがあったようですが、それらの馬はダイワメジャーにしてもロゴタイプにしてもリアルスティールにしてもまさにエアスピネルのようなパワー型の先行馬でした。このデータにがっつり当てはまっているのはエアスピネルだと言えそうです。

ダービーでは距離含めて苦しい競馬になると思われます。雨が残るようならチャンスも出てくるでしょうが。




リオンディーズ

皐月賞では3コーナー手前で暴走。直線では力尽きてサトノダイヤモンドとエアスピネルの進路を妨害。5着に降着となりました。

ストライドの大きい馬で、コーナリングもそこまで上手くなく機動力もあまりない馬です。なので、東京コースに替わるのは歓迎だと言えるでしょう。
 
前走は明らかな負けパターンながらも大崩れしなかったのはスタミナを評価して良い事象で、さらにデムーロ騎手があれほど前にこだわったのも風の影響が大きかったと考えるべきでしょう。ダービーではまた違った騎乗になると思います。

やはり気になるのは気性。前走でエピファネイアの弟であることを嫌と言うほど再確認させられましたし、それならもうちょっと折り合いの上手い騎手の方が暴発の危険は少ないでしょう。デムーロ騎手の手綱捌きに注目です。






そして、別路線組の2頭。



スマートオーディン

前走京都新聞杯では、後方から坂の下りで動いて直線では一気に伸びました。下り坂でダラっと加速できる京都コースはこの馬に向いていたようです。

ただ、共同通信杯で見る影もなく惨敗したように、「坂のないコースでスローの瞬発力勝負」から離れるほど凡走確率も上がるというストライクゾーンの狭い馬。

馬込みで揉まれるのも苦手で、直線では外に出さないと伸びを欠くという脆さが散見されます。

これ以上距離が伸びるのも不安ですし、とにかくドスローで直線外に出せる展開にならないと厳しいのではないかと考えています。つまりディーマジェスティと一緒に馬券になる可能性は限りなく0に近いのではないでしょうか。

 


ヴァンキッシュラン
 
前走青葉賞ではマイネルハニーが作った持続戦を5番手の好位で脚を溜める競馬。4番手までの先団がペースアップしたところでついて行かなかったのが功を奏し、直線で抜け出しそのまま押し切りました。タイムも優秀で、例年なら主役になってもおかしくないレース内容でした。 

問題は一線級との対戦がないこと。4月に入るまで500万の身でしたから仕方ありませんが、プレッシャーの厳しい競馬になった場合、パフォーマンスを落とす可能性も若干頭に入れておいた方が良いのかも知れません。直線でヨレる部分があるのも、G1のギリギリの戦いでは結構響いてくるのではないかと。

あとは、青葉賞自体のレベルが今年の上位馬にどこまで通用するかということも不透明です。何度も繰り返しますが例年なら主役級のパフォーマンスですが、今年のメンバーだとかなり微妙なラインに入ってくるでしょう。例えばプロディガルサンあたりの位置(3.4番手)から逃げ馬にある程度ついて行って、かつ勝ち切ったとなると話は変わってきますが、道中他馬の影響を受けず比較的楽に追走していたのがやけに印象に残ってしまって・・・。



 



 

有力馬のレビューは以上です!

改めて見直しても、この世代は強くてワクワクしますね。

予想・馬券ももちろん楽しみですが、スポーツとしてのダービーも、この記事を書いた自分が自分で楽しみになってきました。日曜日が待ち遠しいです。 



ギャラリー
  • 午前中の神ルメール
  • 全員納得の騎乗停止
  • 熾烈なオークス「4着」枠
  • 脱線しながらヴィクトリアマイル回顧
  • NHKマイル回顧
  • キタサンブラック武豊が作り出した展開の分析
  • 天皇賞春の基本戦略とは?
  • 天皇賞春の基本戦略とは?
  • 天皇賞春の基本戦略とは?