青空自主保育でんでんむしへようこそ

子ども達を自然の中で思い切り遊ばせたい! 子どもが子どもの世界の中で遊べる環境を作り、見守って行きたいと考える親や保育者達で作っている青空自主保育の会です。 湘南(鎌倉市・藤沢市)の里山や海を拠点にして活動しています。

2015年04月

まだまだ小さい小川組だけれど、
これから、
自然を感じて、仲間といっしょに成長していくのでしょう。

泣いても、笑っても、かわいいです。
広町も若葉色に染まってきました。
 
IMG_3103(1)







4月20日(月)

今日はちょっと雲行きが怪しい。
みんなレインコートをリュックにいれて出発。

5才の女の子がヨモギの葉の裏に爪の先よりも小さな小さなでんでんむしを発見。

IMG_6079

木登りはみんな大好きなあそびの一つ。

IMG_6115

草笛がやりやすい草はどれ?
プープー可愛い音が聞こえてきました。

池ではオタマジャクシを見つけて、「触りたい・・・でも遠い・・・」

小雨が降ってきたのでお弁当はクヌギの木の下にシートを広げました。
食べている最中にリュックをうつ雨音が強くなってきました。でも誰もどうじない…。
レインコートの帽子の部分を頭にひっかけてモクモクとおむすびを頬張ってました。
たくましいね!


4月16日(木)

新年度の活動が始まり、久しぶりの晴れの日。
畑の会の方に声をかけて頂き、種イモの植え付けをしました
子ども達はやり方を教えて頂き、手に手にシャベルや種イモ(ジャガイモ)の入ったバケツを持って畑に入りました。
種イモには灰をまぶしてあります。
なぜ灰!?
子どもたちは不思議に思わないのかな~?
それとも作業が楽しくて疑問に思うこともない??
ひたすら穴を掘り、芋を埋めていきます。

種イモ

↑このページのトップヘ