事実なら議員辞職もの。加計学園「総理のご意向」スクープの衝撃

    第二の森友学園」とも言われ、安倍総理の「知人」が理事長を務める岡山市の学校法人「加計学園(かけがくえん)」が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文科省が、特区を担当する内閣府から「(安倍)総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった、というものでした。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の著者でジャーナリストの内田誠さんは、この記事内容を受け、もしこれが事実であれば「総理辞任、議員辞職もの」だと指摘しています。

    安倍氏が国家戦略特区を私物化か

    【朝日】は1面トップにスクープを載せている。 見出しを以下に。

    • 新学部「総理の意向」
    • 加計学園計画
    • 文科省に記録文書
    • 内閣府、早期対応求める

    uttiiの眼

    安倍氏の知人が理事長を務める岡山市の学校法人「加計学園」が、愛媛県今治市内の国家戦略特区に大学の獣医学部を新設する計画について、文科省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」とか「総理のご意向だと聞いている」と言われ、そのことを文書で記録していることが分かった、というもの。

    記事を読むと、《朝日》は「一連の文書」を入手しており、その中には「10/4」などといった具体的な日付が記されたり、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園という具体名が書かれたりしたものもあること、さらに、この間の経緯を知る文科省関係者への取材で、これらの文書は「昨年9~10月に文科省が作った」ことを認めていて、文書の内容は同省の一部の幹部の間で共有されているとしているらしい。

    記事はさらに具体的な内容に入っていき、「官邸の最高レベルが言っている」ことの方は、「獣医学部新設に係る内閣府からの伝達事項」と題された文書のなかに書かれており、「平成30年(2018年)4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」と記載された文書だという。「官邸の最高レベルが言っている」のだから、大急ぎでやれと、内閣府が文科省の尻を叩いている様子が目に浮かぶではないか。

    さらに、ハッキリと「総理のご意向」と書かれているのは、「大臣ご確認事項に対する内閣府の回答」という題名の文書で、これは、その前に松野博一文科相が、「2018年4月の開学は準備が間に合わないのではないか、2019年とすべきではないか」というような疑義を呈した文書(《朝日》はこれも入手しているらしい)を送ったことに対する内閣府からの返事であって、「…今治市の区域指定時より『最短距離で規制改革を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている」と“反論”したもののようだ。安倍総理が言っているんだ。 四の五の言わずにやれ!というニュアンスだろうか。

    いずれにせよ、こうした書類が実際の出来事と矛盾なく符合し、真性のものであることが分かれば、安倍氏は窮地に陥ることになるだろう。 本当であれば、ここには忖度以上のものが働いており、間違いなく総理大臣辞任議員辞職ものだろう。

    森友学園問題でも次々と安倍氏と昭恵夫人の積極的な関与を疑わせる資料が出てきていて、昨日も、小学校建設予定地のゴミは「地下3メートル以下にはない」とした設計事務所からのメールを、籠池前理事長が民進党の会合で公開している。 そろそろ、自民党の内部から総理の辞職を求める声が出てくる、そんな可能性もあるように思う。

安倍総理の犯罪は動かぬ証拠が出てきた事で、逃れようのない状態になっているらしい。
加計学園の獣医学部新設に伴って、安倍総理が文科省の役人に圧力をかけたことが如実に感じられる文書が、実名日付入りメモで明らかになったのだそうである。

これで東京地検特捜部は動くのだろうか?
これまでも動かなかったのだから、
これから後も動くかどうかは、政治情勢次第なのかも知れない。

アメリカではトランプ大統領がロシアとの繋がりを云々されて、指弾されている。
今回トランプ大統領の弾劾を実行するのは
ロバート・モラーというトランプ大統領に解任されたコミー前FBI長官の前任者で、
2001年9月4日 – 2013年9月4日の12年間もFBI長官をやっていた人だそうである。

2001年9月4日 というと、9・11事件の直前である。
9.11を起こす事に決めた支配層が。確実に言いなりになる法律家を求めて、
特に選んだ可能性の高い時期に、FBI長官に選ばれた人物である。
しかもアメリカの違法な戦争であった事が確定したブッシュのイラク侵攻(2003年3月20日 – 2011年12月15日)の間中、
FBI長官として政府の違法な戦争を見逃し続けた人物である。
( 2005・12・14 ブッシュ米大統領はイラク開戦理由の一つである大量破壊兵器の情報に誤りがあったことを認めた。)

今朝のニュースの解説者はロバート・モラー氏を、
12年間もFBI長官を務めた大物中の大物として紹介していたが、
何のことはない、権力機構の法律違反を握り潰す為にFBI長官に選ばれて、
期待通りの法律無視を続けた為、
12年間も便利使いされた法律を守らない(政府に守らせない)法律家だったと言えるのではないだろうか?

こんな法律家が弾劾するという事は、
本当に悪いのは弾劾されるトランプ大統領なのか、
弾劾したがっている権力機構なのか分かったものではないだろう。

アメリカも日本も法律無視が横行している様であるが、
加計学園事件で安倍総理の首がつながるかどうかは、
悲しいけれど宗主国様のご都合次第という事になるのではないだろうか?