dendrodium

花も心を持っている 稚拙ですが民草が思いを伝えます

カテゴリ: 諫早湾干拓事業

3頭しかいないジュゴンの1頭が死んだ 残る2頭は辺野古の海上工事着工後、行方不明


メスの個体Bとみられるジュゴン=19日、今帰仁村の運天漁港

 米軍普天間飛行場の移設に伴う沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局はジュゴンの調査を工事着手前から調査し、3頭を確認していた。海上工事着手後、これまでに2頭の行方が分からなくなっており、今回死んだのは2019年2月まで唯一確認されていた1頭だった。沖縄防衛局は「工事の影響はない」と関連を否定するが、防衛局の調査で、生息状況に変化が生じていることは明らかになっている。


 防衛局は14年8月から海上にブイなどを設置し、海底ボーリング調査を始めた。以降、辺野古崎付近の藻場でジュゴンの食(は)み跡が確認されなくなった。辺野古に近い嘉陽に出現していた1頭(個体C)は9月以降、古宇利島付近に移動したのが確認されたが、15年6月を最後に姿を消していた。別の1頭(個体A)も嘉陽に頻繁に出現していたが18年9月以降、行方が分からなくなった。

 嘉陽周辺の海草の食み跡も18年9月以降は減少傾向となった。最多時には辺野古、嘉陽、安部で月に計120本見られた食み跡が、12月と19年1月にはどの地点でも見つからなくなった。防衛局が環境影響評価書でまとめた3頭の特徴をみると、今回死んだジュゴンは、左腰の「へ」の字型のへこみなどから、個体Cの親とされるメスの個体Bとみられる。

たった3頭しかいなかったジュゴンのうちの、唯一子育てをしていたジュゴンが死体で発見されたのだそうです。
残るジュゴンは生きているのか居ないのか、行方不明のままで餌場としていた藻場で、ジュゴンの食み跡が全然見られなくなっているのだそうです。

ジュゴンはまだ辺野古周辺の何処かで生きて居るのでしょうか?
もう死に絶えたのでしょうか?
安倍政権は海底がマヨネーズのようにグニャグニャだと言われている辺野古湾を埋め立てて、
危険な普天間基地を移転したいと言っているようですが、
普天間基地が危険な基地だと分かっているのだったら、
一日も早く移転できる場所、埋め立て等せずとも、早急に移転できる場所を探して、
危険な普天間基地を如何して大急ぎで移転してくれないのでしょうね。

安倍総理は辺野古埋め立てに反対意見が出るたびに、
辺野古は唯一の普天間基地の移転先だと言われますが、
如何して辺野古しかないと決めてかかられるのでしょうね。

鳩山由紀夫元総理は在任当時沖縄以外で、普天間基地移転先候補を探しておられ、
鹿児島県の徳之島を予定しておられたそうですが、
外務省の役人に嘘の文書を見せられ、結果的に辞任されることになったのだそうです。
          (引用)

「最低でも県外」を翻させた外務省の「極秘文書」の存在に「虚偽」疑惑!官僚が総理をワナにはめた!? 岩上安身が鳩山由紀夫・元総理にインタビュー!真相に迫る! 2016.2.16 
        (前略)
普天間飛行場の移設先を「最低でも県外」と公約していた鳩山元総理は、具体的には移設先の候補地として鹿児島県の徳之島を想定していた。

 ところが、問題の「普天間移設問題に関する米側からの説明」と題された、「極秘」のスタンプが押してある文書には、外務省担当者が在京アメリカ大使館から受けたとされる、“普天間飛行場を徳之島へ移設するのが難しい理由”が3枚にわたって記されている。

▲文書に押された「極秘」のスタンプ

▲文書に押された「極秘」のスタンプ

 その文書には、沖縄から徳之島までの距離が遠く、「恒常的に訓練を行なうための拠点との間の距離に関する基準」として「米軍のマニュアルに明記されている」という「65海里(120km)」を大きく超えるものという記載がある。しかし、インタビューに同席した川内博史・前衆議院議員によると、外務省を通じて米大使館に照会したところ、「そのようなマニュアルは米軍には存在しない」と回答されたというのだ。

 その上、外務省はこの文書の存在を確認できないとし、外務省の「極秘文書の管理簿」にも記載されていなかったと回答したという。時の総理に見せた文書は、外務省の公文書ではなかったのだろうか。話はミステリーじみてくる。これはどういうことなのか。

 「最低でも県外」の公約を翻す苦渋の決断によって、鳩山元総理は、マスコミから大きなバッシングを浴び、鳩山内閣が瓦解する原因ともなった。その決断をもたらしたこの「極秘文書」が、「虚偽」の内容で、外務省の官僚が、時の総理を欺いたものだったとしたら途方もないスキャンダルである。なぜ大手メディアはこの問題を黙殺しているのか。その沈黙ぶりも理解しがたい。

この様に外務省の役人は時の総理大臣を偽文書で騙してまで、
辺野古埋め立てをさせようと暗躍していたようです。
普天間基地の移転先として日本政府が何処を選ぶかについて、
当時のアメリカ政府は何も要求してきていなかったのに、
65海里{120km}以内と、外務省が米国からの要求であると嘘をついて、
鳩山元総理の県外移設計画を、反故にしてしまったのでした。

外務省は如何してそこまでして、辺野古埋め立て計画を続けたがったのでしょうね。
安倍政権はこの外務省の希望に沿って辺野古埋め立てに執着して見せているのでしょうか?
諫早湾干拓工事のときは、農水省でしょうか?
やっぱり官僚が先輩の計画した埋め立て工事を行うことに執着して、
国内に休耕田が続出している現状を無視して、
近隣の人々にとって大切な潮干狩りの砂浜を埋め立てて、
ムツゴロウ等の浜辺の膨大な数の生物達を虐殺する埋め立て工事を強行したのが、
有明海という豊饒の海を汚染させる原因になったのでした。
有明海の漁民は埋め立て工事から30年経った今でも、海の汚染に苦しめられています。

日本の官僚達は国土の安全というものを何と考えているのでしょうね。
国土の安全を脅かすものは外敵だけではないのです。
不必要なだけでなく有害な公共工事によって、国土がどれだけ汚染されてきたか・・・・・
電力会社が創っているとは言え、
原子力発電所も国の強硬な応援の元に創られてきているのは周知のことですし・・・・・

まじめな官僚の方が大部分なのでしょうが、悪貨は良貨を駆逐するの諺どおりに、官僚の世界もなっているのかもしれませんが、
官僚の方々は国家公務員になったときの思いを思い出して、
本気で国の為の仕事をして欲しいものですね。


諫早湾開門訴訟で漁業者側上告

長崎県諫早湾の干拓事業をめぐり、国に排水門を開けるよう命じた8年前の確定判決について、国が効力をなくすよう求めた裁判で、先月、国の訴えを認めた福岡高等裁判所の判決を不服として、開門を求める漁業者側が、最高裁判所に上告しました。

長崎県の諫早湾では、平成9年に国が干拓事業のため堤防を閉めきりましたが、漁業者が起こした裁判で平成22年に堤防の排水門を開けるよう命じる判決が確定したため、国は効力をなくすよう求める新たな裁判を起こしました。

1審は国が敗訴しましたが、2審の福岡高等裁判所は、先月、「確定判決の前提となる漁業権は、すでに消滅していて、開門を求める権利も消滅している」として、国の訴えを認めて、8年前の確定判決を事実上、無効にする判決を言い渡しました。

漁業者側は、この判決を不服として、10日最高裁判所に上告しました。

国は、これまで、8年前の確定判決に従わず、排水門を開けていないため、制裁金として12億円あまりを漁業者側に支払っていましたが、判決では、制裁金の支払いを停止する決定も出され、国によりますと、先月31日以降は支払いを停止しているということです。

一旦出た判決を無効にすることを求める裁判が起こせるなんて吃驚でしたが、
流石司法権も手中に納めた安倍政権、どんな判決でも裁判所は出してくれるのですね。

聞くところによりますと既に国が漁業者に出した制裁金も、返還させるつもりなのだとか・・・・・
日本もかつては法治国だったと思うのですが、
今は昔、と言わねばならない世の中になってしまっているのでしょう。
裁判所の判事さん達は、法律より権力者の意向を、判決の決め手とする時代になっている様です。

漁業者側は最高裁に上告したそうですが、
「判決は安倍政権の没落後に出して下さい」と、
但し書きをしておかれた方が良いかも知れませんね.

翁長知事死去「沖縄のために命削った」 11日の県民大会、出席かなわず
写真 

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する集会で、カードを掲げる沖縄県の翁長雄志知事=2015年5月、那覇市で

 膵(すい)がんで闘病中の翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事が死去した八日、県内外に衝撃が広がった。先月下旬には、名護市辺野古(へのこ)で進む米軍新基地計画をめぐり、前知事による埋め立て承認の撤回を表明したばかり。翁長氏とともに新基地建設に反対してきた市民からは回復を祈る声が相次いでいたが、届かなかった。基地の島は深い悲しみに包まれた。 (宮崎美紀子、井上靖史)

 山城博治・沖縄平和運動センター議長(65)は本紙の電話取材に、「そんなに悪いとは思わなかった」と絶句した。「あまりにも急すぎる。私も末期がんだったが回復したので、翁長さんもと祈っていた。翁長さん、なんでそんなに急ぐの?」と声を落とした。

 辺野古新基地をめぐって政府は今月十七日の土砂投入を通告。山城さんらは六日から反対運動を強化し、この日も建設地に近い米軍キャンプ・シュワブのゲート前で二百人以上で座り込みの抗議活動をしていた。

 山城さんは「翁長さんは県民の支えだった。気丈で揺るがなかったその信念を改めて感じている。時には手厳しいことを言って申し訳なかった。翁長さんの思いに現場での反対運動でこたえていきたい」と思いを新たにした。

 十一日には翁長氏を支援する「オール沖縄会議」が、那覇市内で三万人以上が参加する県民大会を開き、土砂投入阻止を訴える予定がある。謝花(じゃはな)喜一郎副知事によると、翁長氏は自ら出席し、考えを説明することを望んでいた。

 「県民大会を成功させることが翁長氏の健康回復につながる」と語っていた、ヘリ基地反対協議会・安次富(あしとみ)浩共同代表(72)も、死去の報に「言葉が出ようもないじゃないですか」。悔しさをにじませ、長い長いため息をついたのち、「ぼくらとしては、辺野古に基地をつくらせないという翁長知事の強い政治信念をこれからも引き継いで、沖縄で戦っていく。それしかない」と語った。

 市民団体「沖縄の基地を引き取る会・首都圏ネットワーク」共同代表の田村真弓さん(55)=東京都世田谷区=は「沖縄を守るためにすごく命を削っていた。政権や、本土の国民が翁長さんの邪魔はしても協力することはなかった」と振り返り、涙が止まらなかった。

 団体では全国の知事に対し、沖縄の基地負担をどうするか独自にアンケートを取っており、現在まとめている最中。沖縄の負担軽減に向けて日米地位協定の改定に意欲を示す他知事も目立つといい、「翁長さんに結果を渡したかった」と話した。

今日は私の夫の兄が長崎の爆心地でなくなった日です。
福島原発事故後の形骸化した原爆記念式典の事は、書く気がなくなっているのですが・・・・・・

昨日翁長沖縄県知事がお亡くなりになったのですね。
「辺野古埋め立ての承認を取り消す」と表明された時に、翁長のお姿をテレビで拝見したて、
膵癌を患っておられると知ったのでしたが、
痛々しい程やつれられた翁長さんの憔悴振りに驚きました。
でも、今年の秋行われる知事選に出られる予定と聞いていましたので、
こんなにも早く逝ってしまわれるとは思いがけないことでした。
翁長さんは沖縄の基地負担軽減と、辺野古埋め立て中止に、
文字通り命を張って取り組んでおられたのですね。

米軍の撤退又は縮小も近いと思える世界情勢の中、
辺野古埋め立てに反対の沖縄県民や、
文字通り命がけで反対してこられた翁長沖縄県知事の意思を踏みにじって迄
安倍総理は珊瑚礁の美しい豊饒の海の埋め立てを、
どうしてここまで強引に押し進めようとするのでしょう?
安倍総理は自分がどういう組織の下、為政者となっているのか反省されたら、
ここまで沖縄県民を無視することは出来ないはずですのに・・・・・

ところで「辺野古埋め立ての承認取り消し」を表明された知事が逝去された場合、
この「承認取り消し」の行方はどうなるのでしょう?
新知事が意思表明するまでは、有効なのではないでしょうか?
だとすると、少なくとも次の沖縄県知事選が終るまでは、
政府には埋め立て工事をさせることが出来ないのではないでしょうか?
そして、埋め立てに反対の知事が誕生したら、当然承認取り消しが続行するでしょうから、
辺野古埋め立てを沙汰止みにすることが出来るかもしれませんね。

諫早湾埋め立ての時もそうでしたが、
民主主義国の政府のはずなのに日本の政府は、
どうして国民の命の綱である豊饒の海を埋め立てて、
国民を苦しめることに、国民の税金を使い続けるのでしょう?
一度埋め立て工事をしてしまった海を、元の様な豊饒の海に戻すことは至難の業であることは、
有明海の漁業者が未だに苦しめられている事でも分かる通りだと思います。
諫早湾干拓工事は平成元年着工だから、もう少しで30年になろうとしているのに、
有明海の漁師さん達は、潮受け堤防の水門を明けてくれたらと未だに嘆いておられるのです。
埋め立てによって殺された干潟の生き物達の死骸が溶け込んだ水が流れ込んだら、
有明海は一時は濁るかも知れないけれど、
開門する事で腐敗した水を流しきる事が出来たら、
後は安定するのではないかと期待しておられるのでしょう。

それで国に開門を求めておられるのだと思うのですが、
一旦は裁判で開門を認めた国が、開門反対の判決が出たこともあって、
この7月国は開門はしないという判決を、福岡高裁に出させてしまいました。

開門反対の訴訟を無条件で認めた段階で、
国の行為は疑って掛からねばならないと思われるのですが、
国は漁師さんの訴えで開門したりしたら、あの埋め立て工事に傷がつくと思っているフシがありますね。
国には自らの都合や面子の方を、
主権者である国民の利益に優先させるべしという不文律があるかのようです。

今や辺野古湾埋め立て工事は、安倍総理の面子の為に強行している感があります。
こんな安倍政権をこの上まだ続けさせるとしたら、
自民党も民主主義政党とは言えない事が明らかと言えるでしょう。


諫早湾干拓 開門確定判決を破棄 福岡高裁

7/30(月) 17:54配信

NBC長崎放送

諫早湾干拓を巡る訴訟で福岡高裁は、開門を命じた確定判決を無効とする判断をしました。

この裁判は、諫早湾干拓事業をめぐり確定判決に基づく排水門の開門について国が強制しないよう求めているものです。判決言い渡しで福岡高裁の西井和徒裁判長は、「開門判決確定後、漁業者の『共同漁業権』は10年の期限を過ぎ2013年8月で消滅している」「開門を求める前提となる漁業権が消滅しているため漁業者の開門請求権も消滅している」として、国の訴えを認め確定した開門判決の効力を取り消すとともに、国が漁業者に支払っていた制裁金の支払いを停止する判決を言い渡しました。漁業者ら開門派はこの判決を不服として上告する方針です。

何とも不思議な判決ですね。
福岡高等裁判所は行政(時の権力)が気に入らない判決(前政権下で確定した判決など)に困った時は、
判決を無視し続けて、相手の訴訟する権利がなくなるのを待てば、
国は既に出ていた判決に従わないことが出来るという前例を創ったことになりますね。

過去に得た開門の判決を無効にしたいと和解案を提示された時、
それに従わなかったら(異議を申し立てをしたら)
異議申し立てした時点での訴訟する権利(この場合共同漁業権)が問われ、
過去に得ていた「開門」という福岡高裁の判決が、
同じ福岡高裁で無効にされるなんてオカシイのではないでしょうか?

だって、福岡高裁(政府代理)によって和解案を提示された時と、
開門派が和解案を断って、和解案が決裂した時と、
開門派漁業者の立場は変わってはいないのですから・・・・・
それならどうして福岡高裁は開門派漁業者に、和解案を提示したりしたのでしょう?

こんな矛盾撞着した論理で、過去の裁判無視が不問に付されるだけでなく、
尚その上に、行政(時の権力)が無視したい判決を、行政の為に無効にしてやるなんて、
司法の乱れ極まれりといった感じですね。

尤もその兆候は財務省官僚の公文書改竄が不起訴になり、
文部省官僚の少額の利益誘導が処罰される等で、既に現れていましたが・・・・・

こんな事がおおぴらに通るのでは、
国民が行政訴訟をしても何の意味もない事なのですね。

若しかしたら沖縄県知事の辺野古埋め立て許可取り消しの申し入れも、
国は最後は裁判で争うと言っているそうですが、
そこでも裁判所は沖縄県知事に対して、
過去の知事の下した許可を取り消す権利はないという判決を出すのでしょうか?

<諫早訴訟>開門派、上告理由を提出 
 「裁判受ける権利侵害  6/26

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、開門を求める漁業者の弁護団は25日、開門差し止めを認めた一審長崎地裁判決の訴訟で申し立てた「独立当事者参加」に関する上告理由書を最高裁に提出したことを明らかにした。提出は19日付。関連訴訟の和解協議で開門を含めた議論を認めなかった福岡高裁の方針を批判し「裁判を受ける権利を侵害している」と主張している。


 開門しない方針の国は昨年4月の長崎地裁判決を受け、控訴をしなかったが、弁護団が判決直前に参加を申し立てたため判決が確定しなかった。福岡高裁は3月、「判決が確定したとしても(開門を求める権利に)事実上影響を及ぼす可能性は低い」などとして申し立てを却下し、弁護団は上告していた。

 申し立てを巡る判断と和解協議は福岡高裁の同じ裁判長が担当している。上告理由書では、独立当事者参加を認めなかった判断や開門しないことだけを前提にした和解協議を示して「裁判所が国の方針に偏り、開門も含めた審理を拒絶する姿勢は違憲」などと訴えている。会見で馬奈木昭雄弁護団長は「開門の確定判決を守らない国と裁判所が同一体となるのは、三権分立から許されるはずがない」と非難した。

福岡高裁は7月30日、国側の請求を認め、国に開門を命じた福岡高裁判決(2010年確定)を事実上無効化する異例の判決を出す見通し(こちら
として提示されていた7月30日が、遂に今月末日にと迫っている。

佐賀県の漁業者は開門しない前提で漁業振興基金を設けるとする福岡高裁が示した和解案に対し県有明海漁協大浦支所側は「基金案では有明海再生は難しい」と主張し、
佐賀県知事に対し再生事業の継続を求めたそうである。(続きを読むに 関連記事複写)

開門する方が水質に良いとか悪いとか、学者さんの立場によって、別の判断が出ている様であるが、
国は自説に都合の良い判断のみを是とし、
裁判所を使って裁判結果を無視する計画を立て、
漁業振興基金という名の買収資金で、
権力にとって都合の良い形で事を収めようとしている。

先述した通り水質に付いては学者さんにより真反対の判定が出ているらしいが、
素人考えでは、埋め立て当初からずっと澱み続けている水門内の水を一旦放水したら、
有明海の水は一時的には濁るかも知れないが、そんなに年月を要しないうちに綺麗になり、
その後安定的に水質を良好に保つ事が出来るのではないかと思われる。

誰かが言っていた様に政府が開門を受け入れたくない理由は、
諫早湾干拓事業が間違った事業であったという事を確定することになるから、
あくまでも当初の計画を変更したくないのだろうと思われる。

するべきでない干拓事業をして漁業者を自殺者が出るほど苦しめた挙句、
尚も面子に拘って、裁判所を使って法律を捻じ曲げてでも、
自説を通してしまおうとしている政府、安倍政権は余りにも酷い政権であると改めて痛感させられる。

福岡高裁の判決が出る頃までに、安倍政権が総辞職している事を願って止まない。
続きを読む

このページのトップヘ