dendrodium

花も心を持っている 稚拙ですが民草が思いを伝えます

カテゴリ: マスコミ

戦争発言の丸山氏、なぜ辞職させられないのか 自民党は及び腰、勧告決議に強制力もなし

 北方領土返還問題に絡めて「戦争」に言及した丸山穂高衆院議員(大阪19区、日本維新の会から除名)が議員辞職に抵抗している。

 今回の丸山氏の言動には、与野党を問わず「完全に一線を超えている」「国会議員として非常識極まりない」などと非難ごうごうで、議員辞職を求める声が支配的だが、当の丸山氏は「辞職拒否」を貫く構えだ。
     (中略)
。「今回、国会外での発言内容などを理由に辞職勧告決議を可決すれば、失言議員への責任追及の前例となり、乱用の恐れも出てくる」(自民幹部)というわけだ。

 ただ、野党が提出した決議案の採決を自民が拒否するか、採決しても反対か棄権すれば「丸山氏の発言を容認するのかと、国民が猛反発する」(閣僚経験者)のは間違いない。維新の松井氏も「提出できれば自民も賛成せざるを得ない」と指摘する。にも関わらず、「自民は今国会で決議案を棚ざらしにして、廃案を狙うのでは」(国民民主国対)との見方もある。
     (後略)

「島を取り戻す為に戦争をする事をどう思うか」と、訪問団の団長に訊ねて否定されたら、
「戦争をしないとどうしようもない」などと発言をして、物議をかもした丸山穂高議員に、
野党6会派(立憲民主党、日本維新の会 国民民主、共産、衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」、社民)が、辞職勧告決議案を衆院に共同提出しました。
決議案を出す前に自民党に共同提出を求めましたが、自民党は同意しませんでしたが、
もし採決される事になったら、自民党員は反対も棄権も出来ないだろうと言われています。
しかし、安倍総理一派の考え方は、この丸山議員の考え方と五十歩百歩の者が多いから、
自民党は苦慮しているようです。

一昨日までのテレビ報道では、丸山穂高議員の戦争発言を受けて、
侵略戦争をしたがる国会議員に、ここを先途と避難轟々でした。
それで昨日も戦争発言に対する報道人が、遠慮せず非難している所が、
又聞けるのかと楽しみにしていましたら、
昨朝のバラエティー番組では、1ヶ月前の交通事故について、長々と放送していましたが、
丸山議員いついての放送は聴けませんでした。
そして毎夕放送されていた毎日放送の報道番組「ミント」は、何故か野球放送に変わっていました。
朝日放送の「報道ステーション」では、丸山議員への辞職勧告決議案について報道するのかと期待していたのですが、どうも丸山議員関係の放送はしなかったようでした。

何だか前日までの戦争反対ムードの放送が、一気に変えられた感じでした。
今朝私は、明け方近く(午前4時前後)目が覚めたので、
夜中でも何か放送している事を、最近知った所でしたので、テレビをつけました。
そこで放送されていたのは、吉本の芸人さんなどが混じったものでしたが、
丸山穂高議員への批判報道の番組でした。

多分、何処かの権力機構から、放送を控えるように強制された放送局が、
折角創った丸山議員批判の報道番組を、殆どの人がまだ眠っている間だったら、
放送する事を許してもらえるのではないかと、当局と交渉して許可を得て、
夜明け前、作った番組を無駄にしないだけの為に、
誰も見ない時間を選んで、放送したのではないでしょうか?

この分だと、野党6会派が提出した議員離職決議案を、
自民党は議案を棚ざらしにして、廃案を狙うのかも知れませんね。

そうすれば国民が自民党が戦争発言の丸山議員と、
同類だという事に気づくのを阻止出来ますし、
人の噂も75日だそうですから、そのうち国民は丸山議員の危険発言などすっかり忘れてしまうだろうと、
自民党の戦争屋の手先たち(安倍一派)は、期待しているのでしょうね。

その上、そうして置けば後日、自党員の口の軽い議員から、
物議を醸す無責任発言が出た場合にも、
議員離職勧告という危険な前例が待っているという事態を、
防ぐ事が出来るかと思っているのかも知れません。

強欲資本家や戦争屋の手先勢力は、
マスコミを押さえる力を持っていますから、
こんな事件が起きても、国民を騙し続ける事が出来るのですね。
その点、強欲資本家の悪事を阻止しようとして立った政権は、
マスコミが事毎に悪意を持った報道をするのですから、
余程国民が賢くなっていなかったら、成功は覚束ないわけですね。

ここから考えても、中途半端な政権交替は成功の確立が極めて低いから、
与党に3分の2を取られるような事が阻止出来る、
嘗ての社会党のような、反対票にある程度の力のある野党を作る方が、
巨悪の悪行を少しでも封じる為に、幾らかは効力があるのかも知れませんね。

 

天木直人さんのブログ記事「対米貿易交渉に見る日本と中国の大きな違い」に
米国に無理難題を押し付けれれた時の対応で、
中国と日本の違いを指摘しておられます。
〇中国 習近平主席は、弱腰という国内批判を恐れて交渉を頑張る。
〇日本 無理難題を押しつけられ、それを国民に隠して終わる事になるだろと・・・・・

寂しいけれど「将に」と言いたくなる感じですね。
下に、当該記事を複写させて頂きます。

対米貿易交渉に見る日本と中国の大きな違い

まるで1980年代から90年代にかけての日米貿易交渉における米国を見ているようだ。

 すなわち、貿易赤字をなくすために、経済原則を無視したあらゆる無理難題をつきつけ、それでもだめなら、最後は国そのものの構造を変えてしまえと攻める。

 日本は米国に屈して、日本そのものを失ってしまった。

 ところが中国は違う。

 日本の失敗を見て来た中国は、決してその愚は繰り返さないと、交渉が始まるずっと昔から固く心に決めていたはずだ。

 そして、あの時の日本と違って、事務レベルの協議など無駄といわんばかりに、いきなり劉鶴副首相とライトハイザー米通商代表・ムニューシン財務長官というトップレベルで交渉した。

 しかも中国は、劉鶴副首相一人に任せて米国の閣僚たちと向いあわせた。

 習近平主席はとっくに決めていたのだ。

 米中貿易交渉は自分とトランプ大統領との間で政治決着するしかないと。

 そして、金で済む事なら少しぐらい譲歩してもいいが、内政干渉は決して許さないと。

 しかも日本との決定的な違いがある。

 習近平主席は、弱腰という国内批判を恐れて交渉を頑張る。

 しかし、譲歩するしかない対米従属の安倍首相は、国内批判を恐れて国民に本当の事を隠し、成果があったと嘘をつく。

 米中協議が決裂した事を大きく報じるニュースの陰に隠れて、小さく報じられていた。

 茂木大臣がライトハイザー米通商代表と電話会談で合意し、日米貿易交渉を前倒しして、5月末の日米首脳会談までに事務方で協議を始めることになったと。

 今も昔の日本は変わらない。

 いや、変われない。

 無理難題を押しつけられ、それを国民に隠して終わる事になるだろう(了)


4月11日、ロンドン・エクアドル大使館中に匿われていたジュリアン・アサンジ氏が、ロンドン警察によって逮捕された。
エクアドル大使館に7年間匿われていたが、大統領が替った事により新大統領がアメリカやイギリスに抗して迄アサンジ氏を匿う事をう止めることにした為であった。

ポール・クレーグ・ロバーツ氏によると、
キトにいるワシントンの手先は、アサンジが言論の自由に関与したので、アサンジの政治亡命とエクアドル市民権を取り消したと述べたこちら)そうであるが・・・・・

アサンジ氏が英米からしつこく追い回されていた理由は、
イラク戦争当時米軍がやった惨忍極まりない民間人虐殺行為が写されたビデオを、
世界中に流したからなのだそうである。
このビデオは1600万ビューが既に達成され、他にも、この処置に反抗して独自にアップしているビデオがあるので、米軍の信用を一気に貶めたと、軍関係者はウィキリークスを逆恨みしているのだろう。

Deeply Japan「違法行為はOK、違法行為の探索・報道は犯罪」にあるように、
米英は自分達が兵隊にさせた民間人虐殺という違法行為については、
一切解明もせねば責任者の処罰もする気は全然ないのに、
自分達の悪事を世界に広めたアサンジは、
「違法に入手した情報を流した罪人」であると言って、逮捕し処罰しようとしているのである。

桜井ジャーナル「米国からの要請でエクアドルはアッサンジの亡命を取り消し、英国警察が逮捕 」に、
ウィキリークスのジュリアン・アサンジが米英に目をつけられる様になった訳について、
下記のように書いておられる。

2007年7月にバグダッドであった事件なのだが、
この時の違法な銃撃でロイターの特派員2名を含む非武装の十数名が殺されているのに、
現在の米英のマスコミは政府の悪事について、完全に沈黙している様である。

平気で他国に侵攻し、非武装の国民を何百万人でも殺害するような神経になっている軍部に、
面と向かって抗議できる命知らずは、そうそう居るものではないだろうから、
私の様な市井の老婆がマスコミ関係者を悪し様に言う資格はないかとは思うけれど、
世界の報道関係者は現在、お寒い状況になっているらしい。

その中でアサンジ氏にアメリカ軍の犯罪的行為の情報を提供したという、
元米軍兵士マニング氏(元上等兵)の勇敢さ、潔さは群を抜いていると言えるのではないだろうか?

      (桜井ジャーナルの記事の一部引用)

 マニングが提供した情報をウィキリークスは公表するが、中でも衝撃的だったものは、アメリカ軍のAH-64アパッチ・ヘリコプターによる非武装の一団に対する銃撃。その時にロイターの特派員2名を含む非武装の十数名が殺されている。この出来事は2007年7月にバグダッドであったのだが、銃撃の様子を撮影した映像をウィキリークスは2010年4月に公開した。

 ヘリコプターからは武装集団への攻撃であるかのように報告されているが、​映像​を見れば非武装のグループだということは明白。間違いで攻撃したとは考えられない。この映像は世界に大きな影響を及ぼした。その映像を伝えないメディアがあったとするならば、国民がアメリカに対して悪い印象を持つことを恐れたのだろう。

 こうしたアメリカ軍による犯罪的な行為を告発したマニングは2017年5月に釈放されたが、今年3月に再び収監された。アメリカの司法システムはウィキリークスに対する弾圧を正当化する証言をマニングにさせようとしたのだが、それを拒否したからだという。

佳子様が大学卒業に際し、記者の質問に文書で回答されたそうです。(佳子さま「姉の希望かなう形に...」 ICUご卒業 心境明かされる
その中に姉の眞子様の結婚問題について、
「結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています。姉の一個人としての希望がかなう形になってほしいと思っています」と、いう考えを明らかにされたそうですが、
この件を今朝の朝日放送モーニングバードが扱っていました。

かの「タマペディア」で一時大人気だった玉川キャスターは、
結婚というのは好きな人としなかったら幸せにはなれないと思う、という様な事を力説し、
皇族であるからと言って結婚の自由意志が制約されるべきではないと繰り返し述べておられました。

他のキャスターの中には、結婚とは個人と個人だけではなく、親戚としての人間関係の中で生きて行かねばならないものだから・・・・・とか
親が反対する人と結婚しても幸せになれるかどうか・・・・・という感じで、
言葉を濁している人もありました。

私はこれらの話を聞きながら、玉川さんはどうなっているのだろうと思いました。

借金を踏み倒されたと世間に公表し、400万円返して欲しいと言われても、
小室圭氏とその母親は、嘗ての貸し主に対し、謝りもせねば礼も言わず、
「あれは貰ったものだ」と主張し続けているのです。
仮にも自分達にとって必要不可欠だったお金を貸してくれた恩人に、こんな事を嘯くような人間が、
皇族の連れ合いとして準皇族に連なる事が、国民にとってどんなに危険な事か、
玉川さんは全然想像されないのだろうかと不思議に思いました。
スペイン王室の王女夫妻の汚職事件の話しを読んだ事があり、
小室圭氏のような金銭感覚の者だったら、
同様の場面になったら同様の事をするに違いない、
と危惧する国民は多いのではないでしょうか?

又国民の平均的年収にも届かないような経済力で、
内親王に結婚を申し込むなどという事一つをとっても、
小室圭氏の無責任な人格が滲み出ている様に感じられます。

小室圭氏が本当に眞子さまを愛しているのだったら、
内親王として経済的な苦労をした事のない眞子さまに、
いきなり貧乏所帯のやりくりが出来るかどうか、
例えやりくりが出来たとしても、それが眞子様にとってどれ程の重荷であるか考えて、
自身の経済的基盤を整えてから、結婚の申し込みをした筈だと思うのです。

ところが小室圭氏が眞子さまに結婚を申し込んだのは、
大学卒業直後に就職していた三菱東京UFJ銀行の職を自ら放棄して、
パラリーガルと呼ばれる、ずっと低収入の職種に替わってからなのです。

小室圭氏は秋篠宮家から生活費の事を指摘されて初めて気づいた風に、
アメリカのロースクールに行って、国際弁護士の資格を取る為の勉強をするから、
もう少し待って貰ったら何とかなるという感じで、
眞子さまのフィアンセの地位を、絶対手放すまいと必死な感じです。
既に27歳になっておられる眞子さまに、後何年待てと言うつもりなのでしょう?
こんな、何所から見ても「内親王の夫としての資格零」の男性に執着し続ける事で、
眞子様が幸せになられると、玉川さんは本当に思っておられるのでしょうか?

それに結婚は好き同士でないと幸せになれないと言うのも、事実ではないと私は思います。
私は結婚とは生涯を共にする約束をした上で、生活を共にすることですから、
一時的な惚れたはれたでは、うまく行くとは限らないものだと思います。
時には性格が真反対である事が、お互いの助けになる場合も有るのではないかと思うのです。

私の場合見合い結婚でしたが、
もし、あれが出雲大社にお参りした直後に来た縁談でなかったとしたら、
そして、私がその事でこの縁談を出雲大社のお引き合わせと思うような人間でなかったとしたら、
結婚に至ったかどうか、まして共白髪まで添い遂げられたどうか知れない様な、
殆ど、正反対の感覚の者同士だったのです。

でも、老年になってから私は、真反対の考え方をする夫であったお陰で、
私のような馬鹿者でも、一応世間並みの人生を送ることが出来たのではないかと思うようになりました。

今日佳子様が言われたと紹介していた言葉の中に、
秋篠宮様は「私と同じ様に導火線が短いので、しばしば口論になっていましたが・・・・・」というものがありました。
その時私は「そうか、私も導火線が短いのか!」と気づいたのでしたが・・・・・

思った事を「歯に衣着せず真直ぐに」と言えば聞こえはよいのですが、
身も蓋もなくずばり言ってのける私に、夫はいらだつ事が多かったと思います。
又「直ぐに動こうとし過ぎる」と私の事をしばしば嗜めていました。
その頃の私は「直ぐ動く事の何所が悪いの?逆だったら、尻が重いと言って嫌われるのではないの?」と、
心の中で批判していたものでしたが・・・・・

世の中には真直ぐにものを言う人の事を褒める人々と、貶す人々があり、
互いに自分達の感覚の方がまともであると思っていると思います。
しかし、きつい事を余りにあけすけに言う人は嫌われますし、
逆に、持って回り過ぎた言い方をする人も嫌われます。

どちらにも良い部分と悪い部分が有るのだろうと思います。
そして人は同じ考え方の人を好むものですね。

ですから、好きな者同士が結婚したら、収集が付かなくなることもあるかと思います。
性格の不一致等と言わないで、お互いの欠点こそ美点であると気づいて、
一生を共に助け合って行くなら、
結婚の切っ掛けが何であっても、人は幸せな一生を過ごせるのではないかと思います。
終りよければ総てよしと言います。
歳とってから連れ合いを、この世で一番信頼できる相手と思える事ほど、
幸せな一生はないと思います。

それでも何時かは別れの時を免れる事は出来ないのですが・・・・・

今の私の心境としたら、私より10歳も年上の夫に、
私の死出の旅を見送らせる事になったのでは、あまりに気の毒だったから、
これで良かったのかも知れないという思いが先立っています。
それは「家には夫という強い味方がいるのだ(清水の次郎長親分?)」と、
思う事がもう出来なくなっているとの実感が、
今の私にはまだないからなのかも知れませんが・・・・・



Deeply Japan「米司法省、選挙で選ばれ就任した大統領の追い出しを議論」によると、
FBIの副長官だった人が、60minutesという有名な番組で、トランプをその能力を問題にし解任手続きが取れるかどうかを司法省が中心になって議論していたことを暴露したのだそうです。(60minutesという有名な番組が日曜夜放送予定)

米司法省、大統領解任を議論 FBI前副長官が証言 

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019021501000732.html

 【ワシントン共同】米CBSニュースは14日、連邦捜査局(FBI)のマケイブ前副長官のインタビューを報じた。マケイブ氏は合衆国憲法修正25条に基づきトランプ大統領を事実上解任するため副大統領と閣僚らの賛同を集められるかどうか、2017年に司法省内で高官らが極秘に議論したと証言した。

 

アメリカの支配層はベネズエラの選挙で選ばれた大統領を、勝手に取り替えようとしただけでなく、
その以前に、自国の選挙で選ばれた大統領トランプ氏を、
勝手に更迭しようと企んでいた事が暴露されたのですね。
ディープ・ステートにとって、気に入らない政権はレジームチェンジ、
が常習的になっていたという事でしょうか。

この件に関しDeeply Japanさんは下記のように書いておられます。
     (一部引用)

■ 何を企んでいるんだろう

とはいえ、これしきのことを隠せない主流メディアではない。生の番組で言っちゃったという話ではない。

ということは、これによってトランプとある種の手打ちをしようということなのではなかろうか。あるいはもうトランプを取り込んだからOKで、これまでのグダグダをスキャンダル化してパッケージして、間違ってましたね、とかいう適当な話にして終わりにする、みたいな?

ということで、現状、アメリカが何をやってもまったく信用がない。

国民にもそうだが、他国はもちろん、どんな態度を取ってきても、裏切られることを織り込んで、マージン取って交渉するしかない。良い人が出てきても、次の人は必ず裏切る。ゴルバチョフを忘れるな!

NATO東方拡大:ゴルバチョフはマジで約束されていた

2017-12-15 18:07:35 | 欧州情勢複雑怪奇

したがって、良い人とうかつな合意など結んではならない。彼らには何の信用もない。それがノーマル。

2017年末にプーチンがわざわざ、

ロシアの最大の誤りは、アメリカを信じすぎたことだ

と言いきって世界中に事情を説明したことは、じわりとインパクトのある話だったと改めて思う。
     (引用終わり)
トランプ大統領の就任以降アメリカでは色々な騒動がありましたが、
その中でロシア・ゲートなる取り組みが有名でしたね。
そのロシア・ゲートも遂に諦めていたという事なのでしょうか?

それは兎も角、アメリカの信用は更に堕ちる事になりましたね。
良い人(大統領)が出てきても、次の人(大統領)は必ず裏切るという事は、
歴史の数々が示している通りですが、その原因が何であったかを、
仄めかしている話でもありますし・・・・・

核兵器を廃棄した途端に惨殺されたリビアのカダフィーのことを知っている北朝鮮の金正恩が、
核兵器を完全に廃棄することはまずないとしても、
こんなアメリカが相手なのでは、仕方ないことなのではないでしょうか?

このページのトップヘ