今年11月30日開業予定の相鉄・JR直通線のダイヤ概要が、相鉄、JR東日本から発表されました。

まず、JRの発表では、

運行区間は、海老名〜JR新宿間(朝通勤帯に一部大宮方面)です。
運転本数は、1日46往復、朝ピーク時間帯4本/時、その他時間帯2〜3本/時です。
使用車両は、相鉄12000系、JR東日本埼京線・川越線用E233系(7000番代)
停車駅は全て相鉄・JR直通線内各駅停車となります。
(羽沢横浜国大駅、武蔵小杉駅、西大井駅、大崎駅、恵比寿駅、渋谷駅、新宿駅)

所要時間 二俣川〜新宿 最速達列車で44分
       大和〜渋谷 最速達列車で45分
       海老名〜武蔵小杉 最速達列車で36分

もうお判りでしょうが、いずみ野線直通運転はありません。
小田急線や東急田園都市線と真っ向から競合する道を選んだようですね。(個人的な感想)

次に相鉄線は、2019年11月30日(土)土休日ダイヤ、12月2日(月)平日ダイヤを新ダイヤへ移行
直通運転を行うのは、海老名発特急の一部、海老名発各停の一部となります。

新たに、通勤特急(湘南台〜横浜間)、通勤急行(海老名、湘南台〜横浜間)を運転。
相鉄新横浜線が分岐する西谷駅には特急、通勤特急、通勤急行、快速が停車、乗換えの利便を図ります。
また、鶴ヶ峰駅には通勤急行、快速が停車します。

なお、詳細は決定次第発表されるとのことです。

st19716