小田急電鉄新型通勤車両5000形の日中試運転が行われているということで
1月9日午後、海老名に戻る試運転列車を待つ為、とりあえず鶴巻温泉駅へ。

上り列車はどこで撮っても逆光で最適とは言えないのですが、1往復目に間に合わなかったので
背に腹は代えられません。

近くの駐車場の車の反射光に耐えながら、小田原方向を注視しているとしばらくして現れました。

od20108
独特なマスクが遠くからでも5000形と判別できますね。 鶴巻温泉駅にて

次に秦野駅に移動、この駅で後続列車の待避があればと思い3往復目下り試運転列車を待ちましたが
行先案内で通過と表示され、慌てて先行の急行新松田行に飛び乗り同駅へ。
接続する各駅停車の発車は、試運転列車の通過後となるので同駅で撮影し、
最後の撮影場所の開成駅で下車、近くの農道に向かいました。

od20107
夕日を反射させながら通過する5051F試運転列車。

側面の青系ツートンカラーのラインが東京メトロ車かと錯覚しそうですね?
3月には営業運転に就くそうなので、乗車が楽しみですね。
因みに2020年度中に6編成60両とする予定だそうですが、
それに伴い、8000形等廃車が発生するのでしょうね?