東急世田谷線が小田急線と立体交差する山下駅。

OD79-03
2400形が通過中

開通は下を走る路線が先というのが常識ですが、
その通り世田谷線は1925年(大正14年)、小田急線は1927年(昭和2年)です。
そして小田急線の駅名は近くにある招き猫で有名な豪徳寺の名を拝し、豪徳寺駅となりました。

豪徳寺駅(複線時代)
81w02 (1)

次回の更新は、7月23日の予定です。