JR横須賀線、南武線、東急東横線が集まる武蔵小杉駅は川崎市中部にあり
東京に近く鉄道の便が良いことから周辺は高層マンションが林立し注目を集める地域です。
 そのJR武蔵小杉駅横須賀線(湘南新宿ライン、埼京線)島式1面ホームを
下り線専用ホーム新設により2面2線にし混雑を緩和する工事が進んでいます。

jr211201

横浜方向を見る
jr211203

品川方向を見る
jr211204

 新ホームはホーム長311m、幅員5m、エレベーター1基、エスカレーター2基、階段2か所
下り専用ホームで、現在のホームは下り側に柵を設置し上り専用とします。
 新ホームの供用開始は2022年度末頃を予定しているそうです。

次回の更新は、12月3日(金)の予定です。