レール&KQ倶楽部

鉄道趣味全般、広く浅くなんとなく

南海電鉄

90年代の関西ぶらり旅#43

 車両達はみなグリーンの濃淡ですが、残念ながらあの名車1000系(11009系)は
逃してしまいました。

910314

910326

910327

長い構内
910324

夏の海水浴客を捌くため臨時改札の名残りか?
910311

次回の更新は、6月1日の予定です。

90年代の関西ぶらり旅#42

 南海電鉄浜寺公園駅は現在連続立体交差工事の最中で、旧駅舎の隣の
仮駅舎で営業しているらしい。

当時から見てもタイムスリップ感覚はたっぷりでしたね。
910309

910310

 欠き取り式の4番線ホームに停車する普通は3番線を通過するのですが
ダイヤ改正前の京急蒲田駅を彷彿させます。(当時は珍しく興味津々でした)

910313
緑帯の9000系

               つづく


90年代の関西ぶらり旅#41

  難波から急行、普通を乗り継いで19分浜寺公園駅にやってきました。
近くに浜寺公園があり、かつては夏の海水浴で賑わったそうです。
その海水浴客をさばく為でしょうか、少し変わった配線ですが、それは後ほど。

歴史を感じる立派な洋風駅舎

910330

 1907年辰野金吾の設計で建設されたこの駅舎は、当時日本最古の私鉄駅舎でした。
1998年には国の登録有形文化財に指定されました。

910331
この頃はまだ再開発前で、古い家並みがならんでいました。

次回の更新は、5月25日(火)の予定です。

90年代の関西ぶらり旅#40

 新今宮駅はJR大阪環状線と南海電鉄がほぼ直角に立体交差している。
2階のJRホームから3階に上がると南海電鉄の改札口があり、
改札を抜けると高野線下りホームに出る。
 南海線ホームは3面4線で南海本線と高野線(乗入)をはさんで並んでいる。
路線別なので仕方がないが、方向別ならなんば方面が利用しやすくなる。
地平には阪堺線の駅もあるが、まあよそ者には見つからないかも?
 南海線下り乗り場は真ん中のホームで、反対側は高野線の上り乗り場、
最古の私鉄という思い込みがあるのか、何か歴史を感じる風情がある。

910329
ここへ向かいます。

               つづく


南海電鉄6200系(あの電車の車内を見よう)

南海電鉄高野線用6200系です。6000系、6100系の後継車両です。

製造初年1974年(昭和49年) 全58両(8000系6両編入)、
抵抗制御/IGBT-VVVF制御、主電動機定格出力145kw/180kw(/更新車)

6519F(6両タイプ)                なんば駅にて
nk20302


nk20301
全て、シルバーシート?
記事検索
Categories
Archives
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

You Tube
レール&KQ倶楽部
動画
こちらをクリック!
YouTube チャンネルを登録しませんか
livedoor プロフィール

densuki7


ブログランキングに
参加しています
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード

スポンサードリンク

  • ライブドアブログ