2014年09月

2014年09月23日

東京歯科大学との交流戦に行ってきました

全米での錦織選手の活躍はすごかったですね。
準決勝でのジョコビッチ戦でみせた、ストローク戦でのハードヒットは鳥肌ものでした。
勝利した後の錦織選手の笑顔がすごくよかった。
彼の人生の最良の瞬間だったと思います。
生放送で観たかったのですが、深夜の放送だったので寝ていました。

さて、あの日の昼間に私が何をしていたかというと…


大学のテニス部のOB会の交流戦で、東京に行っていました。
(↑別にもったいぶることもないし、タイトルに答えを書いてありますね。)

東京歯科大学硬式庭球部と大阪大学歯学部庭球部は、交流戦を続けています。
今年は第58回目です。結構な歴史です。
そんな交流戦の阪大側の幹事としてひと仕事してきました。

試合結果ですが、序盤は阪大が劣勢だったのですが、阪大おじさんペアが東歯若手ペアから金星をあげるなどの
波乱があり、10勝7敗で阪大の勝ちでした。
同じ池田市の井上先生(イノウエ矯正歯科)も3勝する大活躍されていました。
私は0勝2敗でした。テニスの練習はできてないですがら仕方ないです。

DSCF0605 - コピー

試合の後は、レセプションパーティーで交流を深めました。
さらに2次会、3次会と東京歯科大学の先生方におもてなしいただきました。
楽しいひとときをすごすことができました。
東京歯科大学のみなさまありがとうございました。

4次会で深夜にスポーツバーに繰り出して、ジョコビッチ対錦織の準決勝の生放送を観戦した猛者もいたのですが、私はやめておきました。次の日の「弁当の日」の竹下和男先生の講演に備えました。



dentakahiro at 07:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!日記 | テニス

2014年09月04日

錦織選手全米ベスト4

全米オープンで錦織選手がワウリンカを破りベスト4進出です!
早起きして観戦していました。

サーブ力の差は歴然で、ワウリンカはサービスゲームではほとんどポイントを落とさない、一方錦織選手はネットプレーや変化もおりまぜ、しのいでしのいでキープの展開が続きました。
相手の方が地力に勝るので、やるべきことをやって、チャンスが来るのを待つしかなかった訳ですが、錦織選手はよく耐えて最後のワンチャンスを掴み取りました。

錦織選手は「最後まで勝てるとは思っていなかった。急にマッチポイントがきた。攻める気持ちをなくさずプレーした」という旨のコメントをしていました。目の前の一球に集中して、やるべきことをやり続けることができた、ということではないかと思います。言ううのはたやすいですが、実行するのは大変なことです。素直に称賛します。

dentakahiro at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!テニス