2017年05月

2017年05月31日

フッ素洗口の安全性について

現在池田市の市立保育所では週に1回フッ素洗口が行われております。
永久歯のむし歯予防のために、小学校でもフッ素洗口ができればいいのですが、今のところ実現できていません。

フッ素は、お茶等の食品にも含まれており、自然界に存在する化学物質の1つです。
用法用量を間違えなければ安全性に問題はありません。
今回はフッ素洗口の安全性について考えてみましょう。

フッ素洗口に使用する洗口液は、もし誤飲しても急性中毒が起きない量に調整されています。
(誤飲しても急性中毒が起こる量の10分の1以下の量です。)
ちなみにフッ素洗口の口腔内残留量は、全量の10~15%程度です。

口腔内残像量を10%とすると、フッ素洗口時に摂取しているフッ素は、急性中毒が起こる量の「100分の1以下」ということになります。
「100分の1って危険じゃないの?」と思われるかもしれませんが、危険ではありません。
安全です。

フッ素と同じように自然界に存在する化学物質である「塩」(しお=塩化ナトリウム)と比較してみましょう。
塩にも実は致死量があります。
その量は意外と少なく、推定0.5g~5g/kgなのだそうです(公益財団法人日本中毒情報センターPDFによる)。
体重60圓世30g~300gということになります。
1日の塩の摂取量を10gとしても、「3倍〜30倍」の過剰摂取で死ぬんです(驚きますよね)。
私たちは毎日、致死量の30分の1(あるいは3分の1!)の塩を摂取していることになります。

塩と比較してみると、フッ素の安全性がイメージできるのではないかと思います。
過剰摂取すると問題が起こるから危険かというとそういう訳ではないですよ、ということです。

繰り返しになりますが、フッ素は食品にも含まれていて自然界に存在する物質です。
用量用法を守っていれば、安全です。









dentakahiro at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!むし歯予防 

2017年05月25日

高濃度フッ素の歯磨き剤を使うべき人

高濃度フッ素の歯磨き剤を使うべき人は、むし歯のリスクの高い人たちです。

〆までむし歯ができやすかった人
 迷わず歯磨き剤を変えましょう。もちろん食生活や歯磨きなどの習慣は見直してください。
高齢者
 唾液(つば)は歯を再石灰化させ、むし歯を予防してくれます。加齢により唾液の量が減ってくると、若いころよりもむし歯ができやすくなります。特に後述する歯根のむし歯に注意する必要があります。
C羚眄検β膤慇
 生活習慣が乱れがち(買い食いしたり、歯磨きをさぼったり)で、小学生よりもむし歯ができやすい時期です。
い燭さん薬を飲んでいる人
 たくさん薬を飲んでいる人は、唾液量が減ることが多いです。
 降圧剤、抵てんかん薬等には、唾液分泌量を減らすものがあり、むし歯のリスクが上がります。
ゥ轡А璽哀譽鷯標群などの病気がある人
 唾液量が少ないためむし歯のリスクが高いです。
歯肉が下がっている人
 歯肉が下がって歯根が露出している部分はむし歯になりやすいです。歯根は硬いエナメル質でおおわれておらず、耐酸性が弱くむし歯になりやすいです。歯周病や歯ぎしり・食いしばりで歯肉が下がってしまいます。高齢者は歯根のむし歯に注意する必要があります。若い人でも歯肉が下がっている部位がないか鏡でチェックしてみましょう。
夜間、口呼吸になってしまう人
 夜間唾液が循環しなくなるので、むし歯のリスクが上がります。
 更年期の女性は口元のゆるみが出てくるので、夜間の口呼吸が徐々に増えます。
┘僖謄シエや料理人
 味見の回数が多いとむし歯のリスクは高くなります。
 
6歳以上の小児も、高濃度フッ素の歯磨き剤を使う場合は、歯磨き剤をつけすぎないようにしましょう。


dentakahiro at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!むし歯予防 

歯磨き剤のフッ素濃度上限が変わります

日本で販売されている歯磨き剤(歯磨き粉)には通常フッ素が添加されています。
目的はもちろんむし歯の予防です。
フッ素は天然の食品にも含まれいる成分なので、(通常の用法をしていれば)安全です。
(チューブ1本の歯磨剤を丸のみしたりしてはいけません。)

フッ素濃度には上限があり、これまでは「1000ppm未満」でした。
歯科医院専用の歯磨剤も同様です。
そのため普通の(大人用の)歯磨剤はだいたい950〜990ppmのフッ素濃度に設定されてきました。
数十年の間ずっとずっとこの濃度だったのですが、最近厚生労働省による基準変更され、上限は「1500ppm」になりました。
今後、高濃度フッ素の歯磨き剤(例えばこれ)が登場することになります。

高濃度フッ素の歯磨き剤は、むし歯予防効果が高くなるので、むし歯を予防したい人は使用されたらいいですね。
ただし、基本的には大人用の製品です。
6歳未満の小児はやめておいてください。


dentakahiro at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!むし歯予防