2005年10月12日

矯正治療と笑顔

こんにちはチームデンタルアルケミストのDr.S・J です。

きょうは雨がぱらつくあいにくの天気でしたね。
運動会や文化祭のあった方、大丈夫でしたか?
きのう診療室でこんなことがありました
週末のせいもあって患者さんにお子さんが多かったのですが、
お子さんを月日に渡って見ていると、我々大人と違い、
心も体もどんどん成長してい くの が、目で見て明らかにわかります。

そんな中、今年中学生になったお子さんと話をしていたら、
嬉しいことを言ってくれたのでお話してみようと思います。

このお子さんは矯正治療を行っている患者さんで、
小学生の頃は顎の成長を主体にした矯正を行い、
次に顎の成長がある程度終わった段階で歯並び咬合を整えていくも ので、
矯正でよく行われる抜歯というものを極力おこなわないように
考えられた方法で行われています。


「矯正治療を行う前は笑おうと思っても歯に唇がくっついたり、
唇に力が入って笑い 難かった。だから、笑うことが好きではなく、
あまり笑わなかった。もちろん友達も 少ない根暗な性格だった。」

とのこと・・・

想い返せばうちに来たときは確かに暗そうな 感じに見えていたかもしれません。

「今は自然に笑えるようになったので、学校の友達もたくさんいるし、よく笑う。」

とのことで、ニコニコとした笑顔で今の心境や学校でのことなど
いろいろと話してくれました。
知らないうちにこちらも思わず満面の笑みでお返しをしていました。

この仕事をやっていて良かった思う、疲れも吹き飛ぶ至福の時です。

歯並びが良くなると見た目が変わるだけではなく性格まで明るく、ポジティブな人間
に変わることが出来るという事をつくずく感じているしだいです。


笑顔は最高のプレゼントですね。

今日はよく眠れそうです。



◇当院のHP◇
http://tanakadental.fte.jp

dental_alchemist at 01:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔