Dr.MINO下町乃徒登路放談

 「古里庵阿寒話!(Ⅱ)」:思い付いた時に一言、物申す!「本音」と「建前」、懲りない気紛れ親爺の我儘放談にお付き合い下さい。

mino-hitokotomonomousu 遂に、「陸上イージス」の設置が閣議で決まりそうですな。

 この設置で、日本の安全は確保できるでしょうか?

 総合的な、日米韓協力・連携の防衛システムが無ければ、今の段階では無理と思われますがね。

 その関連記事は、

 「<陸上イージス>19日に閣議決定 秋田・山口、配備調査へ」 によると、

 政府は9日、陸上配備型の弾道ミサイル防衛(BMD)システム「イージス・アショア」の導入を19日の閣議で決定する方針を固めた。配置候補地として秋田、山口両県の陸上自衛隊演習場を選定し、月内に電波環境への影響などの「適地調査」に着手する。導入を加速化するため今年度補正予算案に調査費など約30億円を盛り込む。【秋山信一】

 政府は閣議決定に先立ち、国家安全保障会議(NSC)閣僚会合で導入を承認する。秋田市の新屋演習場と山口県萩市のむつみ演習場の2カ所が候補地。イージス・アショアには日米が共同開発した新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を導入する。射程は半径数百キロ以上。2基でほぼ日本全土をカバーできる。防衛省は東北、中国地方の日本海側を中心に配備先を検討し、運用の効率性などから2カ所を選定した。

 イージス・アショアは海上自衛隊のイージス艦の迎撃システムを陸上に配置する装備で、ミサイル発射機、レーダーなどで構成。レーダーは強い電波を発するため、周辺の電波環境への影響や電波障害の有無を調査する必要がある。装備を提供する米国側の技術者も参加し調査した上で、配備先を決定する。来年度は基本設計と並行して、レーダーの選定も進める。2023年度中の導入を目指す。

 現在の自衛隊のBMDは、大気圏外で海自イージス艦のSM3が敵国からのミサイル弾頭を迎撃。撃ち漏らした場合、航空自衛隊の陸上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)が高度十数キロで迎撃する2段構えのシステム。北朝鮮がミサイル発射を繰り返すなか、日本海ではイージス艦が常時、警戒・監視にあたっている。

 【ことば】SM3ブロック2A

 弾道ミサイル防衛(BMD)でイージス艦が搭載している迎撃ミサイルSM3の改良型。日米両政府が2006年度から共同で開発を進めてきた。弾頭を覆う先端部分のノーズコーンなどが日本の技術。現在のSM3より大型化し、防護範囲が広がる。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

mino-hitokotomonomousu 最近まで沈黙を保っていた北朝鮮が、突然ICBMの発射実験をしましたね。

 ちょっと、気になる情報が・・・。

 如何やら、SLBM発射準備が進められて居る様ですな。

 その関連記事は、

 「北朝鮮がSLBM発射準備か、平壌ではICBM成功祝賀会」 によると、

 アメリカの北朝鮮分析サイト「38ノース」は、北朝鮮西部にある海軍の造船所を撮影した新たな衛星写真を公開しました。SLBM=潜水艦発射弾道ミサイルの発射実験の兆候が確認できるとしています。

 38ノースが公開した写真は、先月11日から24日にかけて撮影された南浦の造船所のものです。弾道ミサイルを水中から発射する実験に使う「はしけ」が、機材の搭載などを行うドックに移されたことが確認できたとし、これをSLBMの実験の準備だと分析しています。

 「金正恩大元帥万歳!万歳!」(朝鮮中央テレビ)

 一方、平壌では1日夜、新型の大陸間弾道ミサイル「火星15型」の発射実験成功を祝う大会が行われました。朴光浩党副委員長はアメリカに対して「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」とした金党委員長の9月の声明に改めて言及し、アメリカをけん制しました。(02日17:04)

と言う事だそうですね。m(_ _)m

mino-hitokotomonomousu アメリカは、安保理緊急会合で、北朝鮮との関係断絶を要求いたしましたね。

 その中で、もしその行動が実施されなければ、自ら事態に対処すると明言されました。

 本当に、恐ろしい局面になりつつありますな。

 その関連記事は、

 「北朝鮮との関係断絶を要求 安保理緊急会合で米国」 によると、

 国連では北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、安全保障理事会の緊急会合が開かれ、アメリカは各国に対し、北朝鮮との関係を断絶するよう求めました。

 ヘイリー米国連大使:「我々はすべての国々に北朝鮮との関係(貿易、外交など)の断絶を要求する」
 アメリカの国連大使は特に中国に対し、北朝鮮への原油の輸出を止めることなどを要請し、「実行されなければ自ら事態に対処する」と軍事行動に踏み込む可能性を示唆しました。これに対し、中国は「朝鮮半島の緊張を高めるような行動はやめるべきだ」とアメリカを牽制(けんせい)しました。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

mino-hitokotomonomousu 安倍首相は、北朝鮮に対する追加制裁を表明致しましたね。

 さて、如何なりますか?

 今後の北朝鮮の動向に注意を向けたいですが、ちょっと、怖い面もありますな。

 その関連記事は、

 「首相、北朝鮮に追加制裁表明 35団体・個人の資産凍結」 によると、

 安倍晋三首相とトランプ米大統領は6日、東京・元赤坂の迎賓館で日米首脳会談を行った。安倍首相は会談後の共同記者会見で、「北朝鮮の核・ミサイル問題、そして拉致問題の解決のため、追加的な独自の制裁措置をとることを決断した。北朝鮮の35団体・個人の資産凍結を明日、(閣議)決定する」と表明した。

 また、首相は「いまは対話の時ではなく、北朝鮮に最大限の圧力をかける時だ。北朝鮮の政策を変えさせるため、日米が主導し、国際社会と緊密に連携し、あらゆる手段を通じて、北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていくことで(トランプ氏と)完全に一致した」と強調。「中国がさらに大きな役割を果たしていくことが重要」との認識も改めて確認したという。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

mino-hitokotomonomousu アメリカ大統領トランプ氏が、本日横田基地に到着した折の演説は、興味深いものがありますね。

 今回のトランプ大統領の訪日、如何いう結果がもたらされるか、ちょっと、心配な面もありますな。

 その関連記事は、

 「トランプ氏来日 横田基地で演説『日本は貴重なパートナー』『米国の決意を過小評価するな』」 によると、

 トランプ米大統領は5日午前10時半過ぎ、大統領専用機で米軍横田基地(東京都)に到着した。トランプ氏の来日は初めて。トランプ氏は基地内で演説し「日本は貴重なパートナーで同盟国。皆さんのリーダーシップと奉仕に感謝する」などと在日米軍兵士らを激励した。また、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を念頭に、「いかなる独裁者も米国の決意を過小評価するべきではない」と牽制した。

 横田基地は、トランプ氏の5~7日の訪日で最初の訪問先となる。トランプ氏は5日午前10時半ごろ、メラニア夫人らとともに、3日に訪問したハワイから大統領専用機で横田基地に到着。紫色のネクタイに、紺色のスーツ姿で、基地格納庫の米国旗が設置されたステージに登場した。集まった千人以上の在日米軍兵士らから「USA」「USA」という大きな歓声がわき上がった。

 トランプ氏は、演説で「米国の素晴らしい男女の軍人と、すばらしい自衛隊が集まる横田基地に来れて非常に感謝している」と話した。2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動「トモダチ作戦」に従事したことに触れ「何千人もの日本人を救った。みなさんは決して国を失望させたりしない」と称えた。「同盟国と協力を模索し、自由で開かれたインド洋・太平洋地域を推進する」と話した。演説は20分余りで終了した。

 トランプ氏は横田基地訪問後、安倍晋三首相らと埼玉県内のゴルフ場でラウンドする。6日には安倍首相との首脳会談に臨み、北朝鮮の核放棄に向けた圧力強化を確認。7日に次の訪問国・韓国へたつまでに安倍首相と4度、食事をともにし、緊密ぶりをアピールする。

 トランプ氏は3日、日本の訪問を前に立ち寄ったハワイで、北朝鮮が米領グアム周辺への弾道ミサイル発射を警告していることを踏まえ、グアムやハワイ、アラスカ両州などの知事と会談した。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

このページのトップヘ