mino-hitokotomonomousu やっぱり、そうなりますでしょうな。

 周囲で何と言われようと、その決心を変えない所が、凄いですね。

 その関連記事は、

ひのまる <「眞子さまと小室圭さん結婚へ」意地悪な週刊誌もそう書くしかない決定的状況> によると、

■11月8日に行われる「立皇嗣の礼」の意味  秋篠宮眞子さんと小室圭さんにとって「運命の11月」になる。

 新型コロナ感染拡大で延期になっていた秋篠宮の「立皇嗣の礼(皇位継承順位1位であることを内外に宣明する)」が11月8日に行われることが決まった。週刊新潮(10/22号)はこう書いている。  「宮殿の正殿松の間で執り行なわれる中心儀式『立皇嗣宣明の儀』は、予定されていた約350人の招待客を50人ほどに減らし、立食形式の祝宴『宮中饗宴の儀』は中止に。また天皇・皇后両陛下や秋篠宮さま以外の方にはマスク着用を求め、換気を徹底して行なわれます」(宮内庁担当記者)  夕刻近くには松の間で、秋篠宮と両陛下が会う「朝見の儀」も行われる。  その後は、秋篠宮に宮中祭祀の際、宮中三殿への昇殿が許されることになり、11月23日には皇居で恒例の新嘗祭(天皇がその年に収穫された新穀などを天神地祇に供えて感謝の奉告をし、神からの賜りものとして自らも食する儀式)が行われ、天皇陛下が祭祀を執り行う神嘉殿に秋篠宮も昇殿して参拝をするという。

■やはり結婚する意志は揺るがないようだ ・・・・・

■結婚のタイミングは卒業する来年7月か ・・・・・

■御代がわりが終わり、立皇嗣の礼も終われば… ・・・・・

■借金の一部がついに時効を迎える ・・・・・

■報道の在り方はきっちりと「検証」されるべきだ ・・・・・

■数々の批判にも心折れず、初心を貫いた ・・・・・

■金銭問題は母親と元婚約者が話し合えばよい ・・・・・

■惜しみない拍手と祝福を送ってあげてほしい

 小室圭の近況は、来年の司法試験に向けて勉学に励む傍ら、毎日、スカイプで眞子さんとテレビ電話で話し合っているという。  報じられているところによると、成績は優秀で、司法試験に受かるのはほぼ間違いないようだ。だが、資格を取得したからといって、弁護士になるのか、資格を生かして他の仕事に就くのかは、まだ決まっていないそうである。  どちらにしても、日本で暮らす気持ちはないようで、眞子さんとニューヨークで新婚生活を始めるというのが、大方の見方のようである。  英語も堪能な眞子さんにとっても、世間の目を気にしなくていいニューヨークは望むところだろう。  「私たちは結婚します」という眞子さんの宣言が出たら、彼女の一途な思いと、2年以上にわたって耐え忍んで貫き通した愛に、惜しみない拍手と祝福を送ってあげてほしいものだ。  「眞子&圭の結婚問題」は紆余曲折あったが何とかハッピーエンドを迎えそうだ。だが、もし何か起これば、ここでレポートさせていただく。(文中一部敬称略)

と言う事だそうですね。その詳細(・・・・・)はサイトをご覧下さい。m(_ _)m