IMG_2549 小生は、去年11月末に都立駒込病院「肺癌」手術を受け、12月13日に娑婆へ復活致しました(写真左上)。

 その後、二日の休養後、何時も通りの診療を致しました。

 1週間後、「両側性間質性肺炎急性憎悪」の為、12月21日に緊急再入院しました。

 それから1週間人工肺装置を付け、生死を彷徨い、見事に復活致しました。

 ICUにそれから籠り、年明け8日に一般病棟へ移る事が出来ました。

 その夜、スピーチエイドを装着した所、声が出ました。

 翌日から、摂食嚥下療法が開始されだし、体に元気が戻って参りました。

 それと同時に急性期リハビリが開始されました。

 2月6日に、回復期リハビリの為、地元の赤羽中央総合病院へ転院し、3月5日にリハビリの為に浮間中央病院へ転院しました。

image0 そして、5月25日に無事に退院する運びとなりましたが、残念ながら、在宅酸素療法下で日常生活を送る事になりました(写真左中)。


 体力の回復を待って、7月1日から、在宅酸素療法下診療を再開しましたが、皆様のご理解・ご協力を賜り、完全予約制(1日6~8人)でした。

 現在は酸素吸引量も、3.0ℓ / 分から1.5ℓ / 分へ減り、元気になって居ります。

 過日の都立駒込病院での主治医検診時、先生によると、今まで担当した患者さんで、間質性肺炎急性憎悪した方は殆どが寝たきりになるそうですが、こんなに元気に回復した患者は初めてだそうで、先生もビックリしている様でした。

IMG_0131 よく耳にするのですが、死に掛け、生還した人に聞くと、「三寸川の向こう岸で、綺麗な女性が呼んでいたが、行かなかったので、娑婆に戻れた。」と話して居りますが・・・。

 私の場合も、娑婆に遣り残した事が沢山あり、戻って参りました(写真左下)。

 その遣り残した事は?若いおねーちゃんが居るお店「ダイニング&バー星(あかり)」へ行き、カラオケを楽しみたい事、美味しい江戸前寿司を「松乃寿司」で食べる事等・・・、です。ワッハッハッハッハ~!(*_*)/~

 まあ、懲りない親爺ですが、今後とも宜しく、お付き合いの程、お願い申し上げます。m(_ _)m