mino-hitokotomonomousu まあ、そんなに現実は甘いものではないでしょうな!

 その関連記事は、

 <眞子さまが夢見る、元女性皇族のアメリカ生活「日本にいる時よりもしあわせ」《「私」を貫き小室圭さんとご結婚へ》> によると、

 秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(29)のご結婚について、9月11日、55歳の誕生日を迎えられた紀子さまは文書でご心境を明かされた。  「長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております。一連の対応についての受け止めや、今後の見通し、話したことの内容などをお伝えすることは控えさせていただきます」  小室さんは今後の生活の基盤をアメリカに置きたい考えであると報じられているが、元皇族の女性が外国で暮らした先例として上皇さまの妹である島津貴子さんがいる。眞子さまとの意外な“共通点”と、「公私の問題」をめぐる大きな違いについて、象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院人文学研究科准教授の河西秀哉氏が考察する。

 本人たちの意思が貫徹された・・・・・
 「私の選んだ人を…」外国で暮らした元皇族の女性 ・・・・・
 ワシントン転勤にともない、2年間アメリカで居住した結果は ・・・・・
 「人目にたたず、ひっそりと暮らせた」を夢見る眞子さま ・・・・・
 真子さまがご結婚後に公務を担うことは…… ・・・・・
 
 秋篠宮家の下がった“威信”はどうなるのか