mino-hitokotomonomousu そうなりましたか?

 その関連記事は、

 <小室さん 秋篠宮さまに結婚挨拶 眞子さまと3年2か月ぶり再開> によると、

 18日午前8時前、帰国以来、3週間ぶりに姿を見せた小室圭さん。帰国時に後ろで束ねられていた髪は短くなっていました。  17日、以前から通っていた都内の美容室の美容師に自宅に来てもらい整えたとみられています。一礼し、車に乗り込み向かった先は・・・ 記者  「午前9時15分です。このあと、秋篠宮ご夫妻に挨拶します」  午前9時すぎ、小室さんは秋篠宮ご夫妻に結婚の挨拶をするため秋篠宮邸のある東京・港区の赤坂御用地を訪れました。眞子さまとも3年2か月ぶりに再会を果たしたものとみられています。  「最初にひかれたのは太陽のような明るい笑顔」  2017年9月のご婚約内定会見。しかし、その直後から小室さんの母とその元婚約者との金銭トラブルなどが発覚し、2018年2月、宮内庁は結婚関連の儀式の延期を発表しました。8月には、小室さんがニューヨーク州の弁護士資格を取得するために渡米。 秋篠宮さまはこの年の誕生日会見で・・・  「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ婚約にあたる納采の儀はできません」  このように述べ、小室さんに対して苦言を呈されるなど、お二人の結婚は暗礁に乗り上げていました。その間、眞子さまは2018年7月にはブラジルを、2019年7月にはボリビアとペルーをご訪問されるなど、公務に臨まれていました。事態が大きく動いたのは去年11月。秋篠宮さまが初めてお二人の結婚を認めると発表されたのです。  「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものと考えています」  小室さんは今年5月にロースクールを修了し、7月にニューヨーク州の司法試験を受験。合否は12月にわかるということですが、弁護士事務所への就職が内定し、結婚するはこびとなったのです。  18日、3時間半にわたり赤坂御用地を訪れた小室さん。眞子さまの結婚について宮内庁は、一般の結納にあたる納采の儀などの儀式や行事などの祝い事は一切行わないと発表しています。その理由については「秋篠宮さまが多くの人が納得し喜んでくれる状況ではないと判断したため」ということです。  はたして18日、秋篠宮ご夫妻とはどんな会話が交わされたのでしょうか。眞子さまと小室さんは今月26日、宮内庁職員が婚姻届を提出した後、都内のホテルで記者会見にのぞまれます。(18日18:01)

と言う事だそうですね。m(_ _)m