Dr.MINO人生放談

  「古里庵阿寒話!」:懲りない親爺Dr.MINOの我儘放談にお付き合下さい。

御浜海水浴場 如何やら、8月初めまで、猛暑が続く様ですね。
 
 その後は、平年の気候だそうで、一応、ホッとして居りますが、如何ですかな?

 写真(左)は、西伊豆戸田「御浜海水浴」ですね。

 その関連記事は、

 「8月の初め頃にかけて猛暑続く 気象庁1か月予報」 によると、

 気象庁は19日、向こう1か月の予報を発表した。東・西日本は太平洋高気圧に覆われ、向こう1か月の気温は高い見込み。特に7月後半は、平年よりかなり高くなりそうだ。北日本も暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高い予想となっている。

暑さは8月の初め頃まで

 週別の気温予報によると、1週目(7月21日〜27日)から2週目(7月28日〜8月3日)にかけては北日本〜西日本の広い範囲で太平洋高気圧に覆われて、気温が平年より高くなる見通し。高温傾向が特に顕著な東北や東日本、近畿、中国、四国、九州北部に対し、気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、体調管理や農作物の管理に注意するよう呼びかけている。
 
 なお、この暑さは3週目以降(8月4日〜17日)落ち着いて、平年並みに近づく見込み。また、沖縄・奄美では台風や湿った空気の影響で2週目にかけて気温は平年より低くなる予想だ。

降水量はほぼ平年並み 日照時間は日本海側ほど多い

 台風や湿った空気の影響を受ける沖縄・奄美で降水量が多く、日照時間が少ない予想となっている他は、全国的にほぼ平年並みの降水量で、日照時間は平年並みかやや多い見込み。

と言う事だそうですね。予報が的中してくれることを祈りましょう。(*_*)/~

国会議事堂4 「カジノ法案」が本日、参議院内閣委員会で可決しましたね。

 これにより、明日参議院本会議で可決、成立する見通しだそうですな。

 さて、日本にカジノが出来て、如何なりますかね。

 その関連記事は、

 「カジノ法案、参院委で可決 あすの本会議で成立へ」 によると、

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が19日、参院内閣委員会で可決された。国民民主党や立憲民主党などは採決を遅らせるため、伊達忠一参院議長の不信任決議案を提出したが、同日の参院本会議で否決。本会議終了後に参院内閣委で採決された。法案は20日の参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 カジノは本来、刑法の「賭博罪」に当たり、禁止されている。法案では監督機関である「カジノ管理委員会」の免許を受けた事業者が設けるカジノについては刑法の賭博罪の適用が除外される。IRは全国で最大3カ所に設置が認められる。

 これに対し、野党側はギャンブル依存症を増やしかねないと主張してきた。法成立後に国会審議を経ずに規則や政令、省令で決める項目が331にも上ることから、さらなる審議を求めていた。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

IMG_0960 「長崎新幹線」は、フリーゲージトレインを正式に断念されたそうですね。

 と言う事は、「山形新幹線」「秋田新幹線」の様なシステムになると言う事ですかな?

 まあ、早く決まると好いですね。ワッハッハッハッハッハ〜!(*_*)/~
長崎新幹線路線図
 その関連記事は、

 「長崎新幹線、フリーゲージを正式断念 フル規格かミニ新幹線で整備へ 与党検討委が表明」 によると、

新大阪直通を前提とすると「断念せざるを得ない」

 与党検討委員会は2018年7月19日(木)、長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)の整備のあり方に係る中間とりまとめを発表。フリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入を正式に断念し、一般の新幹線と同様のフル規格か、既存の在来線を活用するミニ新幹線の方式のいずれかを選択する方針を示しました。

 2018年3月に、フリーゲージトレイン、フル規格新幹線、ミニ新幹線の3方式について国土交通省から評価、試算が示されたことを受け、与党検討委員会は、佐賀県、長崎県、JR九州などの意見を踏まえながら、長崎新幹線の整備について協議を進めてきました。

 現在、新鳥栖〜長崎間のうち武雄温泉〜長崎間はフル規格で建設中。しかしFGTの開発が難航していることから、2022年度には、武雄温泉駅で在来線の列車から長崎行きの新幹線に乗り継いでもらう対面乗り換えの形で暫定開業する計画です。

 しかし検討委は、長崎新幹線は新大阪へ直通運転することが前提で、武雄温泉の対面乗り換えが恒久化することは全国につながる高速鉄道ネットワークの形成を妨げることとなり、あってはならないこととしたうえで、FGTで整備した場合、最高速度は270km/hにとどまり、高速化の進む山陽新幹線への乗り入れが困難であることから、新大阪までの直通を前提とする長崎新幹線への導入は断念せざるを得ないと表明しました。

 「断念せざるを得ないことは遺憾であり、この開発を進めてきた国においてはこれまでの経緯を踏まえ、今後の対応に当たるべきである」としつつ、フル規格やミニ新幹線は新大阪まで直通可能であるものの課題もあると指摘。「直通するためにはこれらふたつの整備方式の得失を総合的に検討したうえで、いずれかを選択する必要がある」としています。

 JR九州はこの中間取りまとめを受け、「武雄温泉〜長崎間の新幹線インフラの整備効果を最大限発揮し得る、西九州ルート全体の整備のあり方について、与党において少しでも早期に方向付けがなされることを引き続き要望します」としています。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

mino-hitokotomonomousu 今、スポーツ界で「ビデオ判定」が取り入れられて居りますが、正確な判定が下せることは良いのですが、試合が止められて、流れが変わる懸念等もありますね。

 「ビデオ判定」が、極力短い事を祈りますな。

 その関連記事は、

 「“見えすぎてしまう”ラグビーTMO、サッカーVARにある課題とは」 によると、

 ラグビーで実施されているビデオ判定は「テレビジョンマッチオフィシャル(TMO)」。主にトライをめぐるプレーでボールのグラウンディングや、反則がなかったかを確認するため、レフェリーが映像によるチェックを別室の審判員に依頼する。その際、両手で空中にモニターを意味する四角を描くのがTMOの合図。トップリーグやスーパーラグビーでもおなじみだ。

 サッカーでは「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」。W杯ロシア大会で導入され、PK判定に大きな影響を及ぼした。気になったのは、ハンドや反則があったとアピールしようと、審判ではなく、空中に四角を描く選手があまりにも多かったこと。ラグビーでも見かけるが、サッカーの多さはその比ではない。レフェリーがその勢いに押されてVARを要請した印象を受けることもあり、見ていて気持ちのいいものではない。

 それでも、VARがあまりにも勝敗を左右する現実からすれば選手のアピールも理解できる。決勝戦でもフランスの勝ち越しゴールはVARでハンドと判定されて得たPKだった。今大会でVARが使用されたのは20回あり、17回で直前の判定が覆っている。PKが認められたケースもあればPK取り消しという事態も発生した。1大会29回のPK判定は02年大会の18回を圧倒的に上回り史上最多。セットプレーからの得点も73点と、98年大会の61点を更新した。

 TMOでもVARでも問題なのが「見えすぎてしまう」ことだ。映像を使えばわずかでもボールが手に当たった事実や、タックルで首に手がかかった瞬間がハッキリしてしまう。だが、W杯決勝のハンド判定に「前が見えない状態の選手に飛んできたボールが当たったので、故意ではない」と批判があるように、そこに至るまでの流れと切り離して判断すべきではない。ただし選手も観客もテレビ視聴者も映像を見て「ハンドだ」と確信している状況で、しっかり見極めて異なる判定を出し、理由を明確に説明できるかどうか。「ビデオ判定導入は審判の技術向上を妨げる」との声もあるが、“証拠”がある以上プレッシャーは増し、レベルアップすべきとの要求は大きくなる。

 ビデオ判定は、試合を長時間化させてしまうデメリットもある。TMO導入で40分ハーフのラグビーは2時間近くかかる競技に変わり、W杯ではアディショナルタイムが5分を超えることも珍しくなかった。試合が止まるたびに待たされるのは観客だけでなく選手も同じで、「中断」によってそこまでの良い流れが止まってしまうケースも多く見られる。特に持ち味が走り勝つチームとしては、相手に休んで回復する間を与えるビデオ判定が連発されると厳しい。設備も人員もより必要となるため難しいが、結論を出すまでのスピードアップも今後のTMOやVARの課題だろう。(スポーツ部専門委員・中出 健太郎)

と言う事だそうですね。m(_ _)m

常田富士男 「まんが日本昔ばなし」の声優を務めた常田富士男(写真左)さんの死去が分かりました。

 あの独特の語り方、大変気に入って居りましたが、もう聞けないのですね。

 誠に残念です、お悔やみ申し上げます。m(_ _)m

 その関連記事は、

 「常田富士男さん死去 81歳 『まんが日本昔ばなし』で語り手務める」 によると、

 俳優の常田富士男さんが18日に脳内出血のため亡くなっていたことが19日、分かった。81歳。常田さんはアニメ「まんが日本昔ばなし」で、市原悦子とのコンビで語り手を担当していた。

 常田さんは高校卒業後に劇団民藝の養成所に入所。黒澤明監督の「天国と地獄」「赤ひげ」に出演。その後も大河ドラマ「国盗り物語」「黄金の日々」や、映画「楢山節考」「ビルマの竪琴」「黒い雨」などにも出演し、味のある深い演技で印象を残した。

 アニメの吹き替えやナレーションでも独特の存在感を放ち、特に1975年から94年まで放送されたTBS系「まんが日本昔ばなし」では、「むか〜し、むかしの、ことじゃったぁ」との優しい語り口で、数多くの昔話をお茶の間に届けた。またジブリ作品の「天空の城ラピュタ」では、ポムじい役で、出演している。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

このページのトップヘ