Dr.MINO人生放談

 「古里庵阿寒話!(機法廖懲りない飲兵衛親爺、Dr.MINOの我儘放談にお付き合下さい。

JPN TAX へ〜、そこまで来ましたか。

 その内容が気になりますな。

 その関連記事は、

 <タクシーの定期券・回数券OK…迎車料金には変動制も> によると、

 国土交通省は27日、タクシーの運賃制度を改定し、定期券や回数券を販売できるようにすると発表した。運賃が割安になり、通院や通勤に利用しやすくなると期待される。繁閑に応じた迎車料金の変動制も導入する。いずれも30日からタクシー会社の申請を受け付け、順次、導入する。

 タクシーの運賃は、国交省の通達で決められている。これまで定期券や回数券などの一括定額運賃は認められていなかった。改定後は、定期券の期間や回数券の回数、割引率はタクシー会社が決められる。鉄道やバスを含めた観光用の乗り放題パスの発行も可能とする。

 迎車料金は、現在の固定料金の4倍まで値上げすることができるようになる。ただ、乗客に不利にならないように国交省が迎車料金の推移を確認し、従来より増えている場合は改善を求める。利用者が少ない時間帯は割安に、多い時間帯には割高にするといった対応が増えるとみられる。高い料金を払っても迎車を望む人には配車されやすくなるといった利点がある。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

国会議事堂4dr.mino-hitokotomonomousu 今の若者の考え方が理解出来ないですな。

 そんな中、この調査ですか?

 でも、その結果は考えさせられますね。m(_ _)m

 その関連記事は、

 <日本の若者が考える次の首相にふさわしい人物TOP3、3位小泉進次郎、2位河野太郎、1位は?> によると、

 イマドキの若者は政治に無関心とよく言われるが、本当にそうなのだろうか?

 CCCマーケティングとTポイント・ジャパンが取り組む「学校総選挙プロジェクト」では、2020年10月13日(火)〜10月31日(土)までの間、オンライン投票によって「期待する政党」と「次の首相にふさわしい人」について募ったところ、全国の10〜29歳男女から10,038票の投票が寄せられた。

 その結果、若者は若者なりの首相や政党に関する意見や持論があることが明らかになった。

 日本の若者が、いま期待する政党は「自由民主党」(64.4%)、首相にふさわしいのは「菅義偉」(46.5%)
 「期待する政党」については、6割を超える若者が「自由民主党」(64.4%)を選択し、理由として「いつも与党で安定しているし、今まで通りでいい」「菅総理に期待している」「他の政党よりはマシだと思う」との声が挙がった。

 続いて「立憲民主党」(6.8%)、「日本維新の会」(5.9%)、「国民民主党」(4.8%)、「公明党」(3.8%)、「NHKから国民を守る党」(3.7%)、「れいわ新選組」(3.5%)、「日本共産党」(2.4%)、「社会民主党」(1.3%)となり、「その他の政党」は 3.6%との結果となった。

 また、「次の首相にふさわしい人」については、最も多くの票を獲得したのは現首相である「菅義偉(自民党)」(46.5%)となった。

 続いて、現政権で内閣府特命担当大臣を務める「河野太郎(自民党)」(17.1%)、「小泉進次郎(自民党)」(9.9%)、「石破茂(自民党)」(6.3%)、「小池百合子(東京都知事)」(5.6%)、「吉村洋文(大阪都知事)」(4.7%)、「枝野幸男(立憲民主党)」(3.3%)、「岸田文雄(自民党)」(2.4%)、「山本太郎(れいわ新選組)」(2.3%)、「玉木雄一郎(国民民主党)」(1.3%)、「松井一郎(日本維新の会)」(0.6%)となった。

 <「政党」「首相」に関する投票の概要>
  投票受付期間:2020年10月13日(火)〜10月31日(土)
  投票方法:オンラインによる投票
  投票地域:日本全国
  投票対象:10〜29歳男女
  投票数:10,038票

 出典元:CCCマーケティング株式会社

と言う事だそうですね。m(_ _)m

itutunosyouIMG_0131 そう思われるのですがね。

 政府は決定を地方自治体に投げたままか!?

 その関連記事は、

 <Go To一時停止は「国が判断すべき」 小池都知事「『出』と『入り』止める必要ある」> によると、

 東京都の小池百合子知事は27日、定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大阪市や札幌市を目的地とする旅行が一時的に除外された観光支援策「Go Toトラベル事業」について都の除外を政府に求めるのかを問われ、「今回のGo Toトラベルの一時停止については感染が拡大している地域への観光をストップするという対応となっている。本来感染拡大を防止するためには、感染が拡大している地域への観光と、そうした地域からの旅行を止める。つまり、出と入りを止める必要があってこそ感染拡大の防止に資すると考えている」との考えを示した。

 そして、「そうなると、都だけ(の問題)ではない。これこそ全国的な視点が必要だからこそ、国が判断すべきだと申し上げている」と述べ、判断主体は政府であると主張した。

 さらに「日々のさまざまなレポート、報告などを考えると、人の動きが明らかに増えているということは事実。現実に他県などからの流入も多く、その逆もある。入りと出とを考えるべきであり、全国的なものだからこそ国が考えるべきだ。一番最初からそういう設計ではなかったのか」とも語った。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

東京ドーム え、そうなんだ!東京ドーム(写真左)も大変だったのですね。(*_*)/~ → m(_ _)m

 その関連記事は、

 <三井不動産が東京ドームにTOB実施で最終調整、1000億円規模−関係者> によると、

(ブルームバーグ): 三井不動産は26日までに、東京ドームに対し、株式公開買い付け(TOB)を実施する方向で最終調整に入った。取締役会の賛同を前提とした友好的な買収となる。月内にも発表する。東京ドームを巡っては、筆頭株主のヘッジファンドが長岡勤社長の解任を要求するなど対立が先鋭化していた。

 複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。三井不は単独買収ではなく、ほかの出資者との共同買収とする可能性もある。東京ドームの時価総額は約860億円で、プレミアム(上乗せ幅)を加味すると1000億円規模の買収になる見通しだ。

 三井不に電話や電子メールで連絡を試みたが、回答を得られていない。東京ドームは営業時間外のため連絡が取れていない。

 社長解任を要求しているのは、香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメント。東京ドームに対し、10月に長岡社長ら取締役3人の解任を議題とする臨時株主総会の開催を求める書簡を送付、対立が表面化した。ブルームバーグのデータによると、オアシスは同社株式の9.61%を保有する筆頭株主。

 東京ドームがオアシスへの対抗策を模索するなかで、三井不が友好的買収者(ホワイトナイト)として名乗りを上げた格好だ。

 東京ドーム側は10月19日の発表資料で「オアシスとの建設的な対話を拒んできたという認識はない」とコメントしていた。オアシス創業者で最高投資責任者(CIO)のセス・フィッシャー氏は同22日のインタビューで「われわれは一緒に会社を良くしたいと思いさまざまな提案をしているが、現経営陣が示した改善策は小規模な上に時間もかかり過ぎる」と批判していた。

 東京ドームの臨時株主総会は12月17日に都内で開催される予定。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

IMG_0131dr.mino-hitokotomonomousu お早う御座います。m(_ _)m

 そうなるんだ!?

 私は、そんなには感じませんがね。(*_*)/~

 その関連記事は、

 <「都民を名乗れるのは23区だけ...?地方から来て体感した『東京ヒエラルキー』の実態」【○○に引っ越して驚いたこと】> によると、

 地元を離れて違う街に引っ越して、風土や食文化の違いに驚いた経験がある人、きっと少なくないはずだ。とくに県をまたいで移動する場合は、そうしたカルチャーギャップに直面する機会が多くなる。

 Jタウンネットでは、「○○県に引っ越して驚いたこと」というテーマで読者投稿を募集している。今回は、宮城から東京に引っ越したH太さん(30代男性、会社員)からの投稿を紹介したい。


 大学進学を機に上京したH太さん。東京西部の某市に住み始めた彼は、

 「東京のピラミッドの奥深さ」

に直面したという。

 地方民から見れば、港区も八王子も同じ東京。しかし、実際に都内に引っ越したH太さんは、同じ都民の中にも、漠然とした「ヒエラルキー」が存在することに気付いたという。

 いったい、どういうことなのか。彼の投稿を詳しく見ていこう。

「一応23区です」の悲哀
 「地方の人間は大体似たところがあると思いますが、『東京』というものに漠然とした憧れがありました。(地元の宮城に)旅行などで『東京から来た』と言う人がいると、なんだかうらやましく見えたものです」

 上京前に抱いていた東京のイメージについて、こう説明するH太さん。要するに、東京に住んでいるということ自体が、ある種のブランドやステータスに見えていたということ。「地方民あるある」の定番だろう。

 その後、都内の大学に進学し、憧れの東京生活を始めることになったH太さん。

 家賃を抑えるため、東京23区外に住むことに決めた彼。ほどなくして、次のような点に気付いたという。

 「東京都民の中にも細かくヒエラルキーがあり、まず23区以外は『都下』と呼ばれ、都民によってはそれを(半分冗談だとは思いますが)東京都とは認めていないことを知りました」

 東京都内のヒエラルキー。言われてみれば、筆者も神奈川から上京して10年になるが、どことなくそうした空気を感じる機会はあった。

 とくに、長いこと東京の中でもかなり千葉寄りのエリアに住んでいたので、コンパなどではやや自虐的に「一応23区です」と言ったこともあった。思い返せば、これも東京ヒエラルキーの一端だったのかもしれない。

山手線の外は「田舎」なの...?
 少し話がそれてしまったが、H太さんの投稿メールにもどろう。彼が東京に住んでみて感じたのは、23区内・外の格差だけではなかったそうだ。

 「東京でできた友人によれば、23区内の中でも外縁の区は田舎(!)扱いで、更には環七より外はダメとか、山手線内でなければ都会とは言えないなど細かな区分があり、東京のピラミッドの奥深さを知りました」

 山手線の内側の面積は約65平方キロメートルとされる。これは、東京全体の面積のうちたった3%ほど。非常に限られた土地であることは間違いない。しかし、その外側をまるっと田舎扱いとは、やや大胆すぎる気もするが...。

 東京人のみなさま、いかがだろうか。

 「○○県に引っ越して驚いたこと」募集します

 Jタウンネットでは、他県に引っ越して味わった「カルチャーギャップ」に関する体験談を募集しています。

 読者投稿フォームもしくは

 公式ツイッターのダイレクトメッセージ
 メール(toko@j-town.net)で、どこからどこへ引っ越したのか、具体的なエピソード、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。ご投稿、お待ちしています。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

このページのトップヘ