Dr.MINO人生放談

 「古里庵阿寒話!(機法廖懲りない飲兵衛親爺、Dr.MINOの我儘放談にお付き合下さい。

ジャビット 今年の日本シリーズも、4連敗で巨人軍が完敗致しましたね。

 まあ、原監督が「王者の戦い方」をしたからだそうですな。

 私は巨人軍の大ファンですが、原監督は好きではありませんよ(*_*)/~ → m(_ _)m。

 その関連記事は、

 <巨人4連敗の悲劇を生んだ原監督の“王者の戦い方”> によると、

 自らを“弱者”と認める潔さがシリーズ前に必要だったのかもしれない。2020年の日本シリーズはソフトバンクが4連勝で巨人を下し、4年連続の日本一に輝いた。開幕前からソフトバンクが圧倒的有利との見方が大勢を占めていたシリーズの合計スコアは26対4。巨人は初戦から1点、2点、0点、1点と、1試合で3点を奪うことすらできなかった。野球担当記者が話す。

 「巨人は“王者の戦い方”をしてしまった印象です。昨年も4連敗しているし、戦力分析をすればソフトバンクに分があると、原辰徳監督を始めとした首脳陣はわかっていたはず。それなのに、相手に有利な指名打者(DH)制に賛同し、予告先発も採用した。仮に巨人とソフトバンクの力が五分五分なら、そんな戦い方でもいいでしょう。

 巨人はリーグ戦で10月、11月と負け越していたし、怪我で離脱していたセットアッパーの中川皓太、ベテランの亀井善行もシリーズにギリギリ間に合った状態で、万全とは言い難く、チーム状態は良くなかった。一方のソフトバンクは終盤に12連勝して優勝を決め、クライマックスシリーズでも連勝でロッテを撃破して勢いに乗っていた。正攻法で戦えば、負けることは目に見えていたはずです」

 巨人は第1戦のエース・菅野智之だけでなく、2戦から4戦までの先発投手も早い段階で判明し、実際に報道通りのローテーションだった。

「セ・リーグでは自分たちの野球をすれば勝てるが、ソフトバンクには奇襲を仕掛けないと歯が立たない。せめて、予告先発を辞めて相手を撹乱させるべきだったのではないでしょうか。菅野以外の先発が頼りないのだから、1試合はリリーフ陣だけで賄う試合などがあっても良かった。原監督にはマスコミさえ騙す策士ぶりを見せてほしかった。今シリーズの結果を見れば、ソフトバンクと巨人は横綱と前頭くらいの差があった。それなのに、原監督はセ・リーグ2連覇の王者の余裕からか、横綱相撲を取ろうとしてしまった」

 全試合DH制採用も、巨人は1、2戦の亀井、3、4戦のウィーラーと先発指名打者が無安打に終わった。ソフトバンクは4試合ともデスパイネに任せ、打率は1割5分4厘に終わったが、第2戦は6打点と大活躍。今シリーズの最多打点王だった。

 「もし野村克也氏や落合博満氏が今年の巨人を率いていたら、4連敗はなかったでしょう。あらゆる手を使って、相手を揺さぶり、少なくとも惨敗はしなかったのではないか。今年、原監督はV9の川上哲治監督を抜いて、勝利数で球団史上歴代1位になった。選手の操縦術は見事ですし、原監督でなければ昨年、今年とセ・リーグ2連覇はできなかったでしょう。しかし、相手と力量の差が明らかな短期決戦での戦い方は、名将と呼べるものではなかった。アンチが原監督を名将と認めない理由を作ってしまったのではないでしょうか」

 正々堂々と戦うだけがスポーツではない。生前、野村氏が唱えていた“弱者の兵法”こそ、日本シリーズの巨人に必要だったかもしれない。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

dr.mino-hitokotomonomousu 以前から「歯学部」が無いのが不思議でしたから、ほう、そうなりますか?

 遂に慶応大学に「歯学部」が開設されますか!

 その関連記事は、

 <23年に慶応大「歯学部」 東京歯科大と統合協議開始> によると、

 慶応義塾大(東京都港区)と東京歯科大(同千代田区)は26日、2023年4月をめどに東京歯科大歯学部を慶応大に統合し、両大学を運営する学校法人の合併協議を始めたと発表した。慶応大には医学部と看護医療学部、薬学部があり、歯学部を加えることで、医療系の研究や教育の一層の推進を目指すという。

 発表によると、東京歯科大側が今月6日に歯学部統合と法人合併を申し入れ、慶応大側は同26日の評議員会で協議開始を決定した。

 慶応大は08年に共立薬科大と合併して薬学部を設置。歯学部統合が実現すれば、11学部体制となる。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

dennkibasu さて、バスの自動運転実証実験が開始されました。

 上手く行くと良いですね。

 その関連記事は、

 <伊豆高原エリアでバス自動運転の実証実験 東急、1拠点から車両を遠隔監視&操縦> によると、

コントロールセンターで伊豆高原と下田の車両を同時に監視

 東急が2020年12月17日(木)から25日(金)まで静岡県の伊豆高原エリアで、自動運転バスの実証実験を行います。

 車両は小型バスタイプの電気自動車です。伊豆急行の伊豆高原駅(静岡県伊東市)と、近くの観光施設を回る片道1.4kmのルートを往復します。乗降場所は5か所で、車両のスピードは15km/hほどです。

 東急は今回この車両を、伊豆高原駅付近のコントロールセンターから遠隔で監視または操縦します。通信は4G(LTE)が使われます。車両には人間の「セーフティドライバー」が乗車するものの、原則は自動運転です。

 なおコースの途中に「遠隔操縦検証区間」を設け、コントロールセンタ―で車両を遠隔操縦します。このほか、歩行者の行動予測に迷うなど車両が何らかの条件により停止した場合も適宜、遠隔操縦を行います。東急は、将来的に1人のオペレーターが複数台の自動運転車両を管理する効率的な移動サービスの構築を目指すとしています。

 同じころ、下田エリア(静岡県下田市)でも県が主体となって自動運転の実証実験が行われます。東急はこちらの車両についても、伊豆高原から遠隔監視を行います。1か所の遠隔コントロールセンターから複数都市の車両を同時に監視するのは、日本初のことです。

 伊豆高原での実験は、東急が現在展開している「観光型MaaS」のサービス「Izuko」とも連携されます。オンデマンド方式で運行するため、スマートフォンで乗車予約をすれば乗車が可能。運賃は無料です。ほかにも、伊豆高原駅に設置されたテレビ予約システムでも配車を受け付けます。

 実験を通じ東急は、バスやタクシー不足といった地域課題の解決に加え、急な坂が多い同地で観光客の利便性向上に寄与したいとしています。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

hannjyukukare-senn 過日、愛妻が買って来た、この「半熟カレーせん」は、実に旨く、後を引きますな。

 食べ出すと、止まりません。

 また、食べたくなって来ましたよ。ワッハッハッハッハッハ〜!(*_*)/~

 その製造元は「煎餅屋仙七」ですね。

ジャイアンツ2 そう指摘されれば、そうかもね!

 冷静に判断して、来シーズンに向かわなければなりませんな。

 でも、巨人軍は好きですが、原監督は好きにはなれないぞ!

 その関連記事は、

 <CS導入しなかった弱いセに勝ち目はなし/宮本慎也> によると、

<SMBC日本シリーズ2020:ソフトバンク4−1巨人>◇第4戦◇25日◇ペイペイドーム

 アッという間に終わった日本シリーズ。選手の能力も層の厚さも桁違いでソフトバンクの強さばかりが際立っていた。今試合も先発させた和田を2イニングで降板させた。リードを奪った展開で実績のあるベテラン左腕を降板させるところに、層の厚さを感じさせるし、リリーフした松本も150キロを超える真っすぐで巨人打線を力でねじ伏せた。攻撃でも初回、やっとの思いで先取点を奪った巨人をあざ笑うかのように柳田が逆転2ラン。得点差以上に、巨人には永遠に勝ち目がないように感じさせる圧勝で締めくくった。

 セ・リーグを独走で優勝した巨人が、完膚なきまでにたたきつぶされた。これは巨人だけの問題ではない。今季はコロナの影響で変則的なシーズンになったが、開幕前に首をかしげるルールが採用された。パ・リーグでは首位と2位の間でCSが行われると発表されたが、セ・リーグはなし。CS制度が導入されてからの歴史を振り返ってほしい。パだけがプレーオフを開催していた04〜06年の日本シリーズは、3年間でセが全敗している。そしてファーストステージを勝ち上がってきたチームは強く、CSファイナルで首位チームに1勝のアドバンテージが設けられたほどだった。

 ただでさえ弱いと言われるセがCSを導入しなければ、パ・リーグを勝ち上がってきたチームに勝ち目がない。今シリーズでも巨人はCSで選手の状態を見極められなかった。ケガで離脱していた亀井をスタメン起用し、2戦目で今村を先発させた。どういう意図で起用したのかに疑問はあるが、ぶっつけ本番のような形にならなければ、見極められたかもしれない。

 ここ数年の交流戦でもパが圧倒。個人名は挙げないが、パで活躍できなかった選手がセで活躍し、セからパへ移籍した選手の活躍数を圧倒している。どこを比べてもパが強いのに、セだけがCS制度を導入しないのは「なんとしてもパとの差を詰めなければいけない」という危機感がないと言われても仕方がない。

 個人的にDH制の方が面白いと思っているが、DH制の導入がリーグのレベルアップにつながるという確証はない。しかし、リーグのレベルを上げる可能性があるなら導入するべき。スカウティング、チーム編成、トレーニング施設、練習内容なども練り直し、どうやったらパに追いつけるかを、もっと真剣に考えるべき。「巨人の打者が速い真っすぐが打てない」と指摘してきたが、速い球を投げる投手そのものが、セには少ない。セ・リーグ全体でレベルの向上を考えないと、日本一の栄冠はパ・リーグのチームの独壇場として続くだろう。(日刊スポーツ評論家)

と言う事だそうですね。m(_ _)m

このページのトップヘ