Dr.MINO人生放談

 「古里庵阿寒話!(機法廖懲りない飲兵衛親爺、Dr.MINOの我儘放談にお付き合下さい。

 久し振りに、孫の写メを載せます。m(_ _)m
IMG_0156aIMG_0157aIMG_0158a 如何ですか?可愛くなりましたな!

 そろそろ、孫達の写メを載せるのも自粛致しますかね。(*_*)/~

IMG_0159a
 何時も、話を聞き及んで居りますが、孫娘の「お昼寝」前の可愛いしぐさを写メりました(写真上)。

 孫娘を昼寝させる為にベビーベッドへ連れて行くと、自分でタオルケット持ち、ジッとしているそうですな。(*_*)/~

 「これから寝るわよ!私に構わないで、一人にして。」と言って居るように思われて来ます。何て可愛いのでしょうか!爺、メロメロです。m(_ _)m

sugasouri 本当に、良いんですか?

 豪い騒ぎになってからでは、遅いですよ。

 その関連記事は、

 <GoTo、強気の菅首相 効果に自信、「元凶説」否定 予算委> によると、

 25日の衆参両院予算委員会の集中審議で、野党は国の観光支援事業「Go To トラベル」が新型コロナウイルス感染の急拡大を招いたと断じ、菅義偉首相を追及した。

 しかし、キャンペーンの旗振り役である首相は継続に強気の姿勢を崩さず、議論は平行線をたどった。

 「『トラベル』が主要な原因だというエビデンス(証拠)は存在しない」。首相は衆院予算委で、「Go To事業を見直さず、感染を広げた反省はあるか」とただした共産党の宮本徹氏にこう反論。一連のキャンペーンは今回の感染拡大と「直結していない」と主張した。

 立憲民主党の枝野幸男代表もトラベル事業をめぐる政府の対応を「ブレーキを踏んでいるのかいないのかよく分からない」と批判し、抜本的な見直しを迫った。これに対し首相は、トラベル事業の利用者延べ4000万人に対して関連する感染確認は180人程度にとどまると数字を挙げ、取り合わなかった。

 首相の強気を支えているのは、地方の観光関連業者を中心に事業継続への期待は根強いとの判断だ。安倍内閣の官房長官時代に前倒しでの実施を主導した経緯もある。25日の答弁では「地方は『トラベル』で雇用を維持できている」と断言した。

 ただ、感染者が急増する事態に政府が適時適切に対処できていない、との専門家らの見方は少なくない。西村康稔経済再生担当相は参院予算委で急拡大の要因を問われ、「感染防止策がしっかり取られていない中で人の移動が起こって感染が広がったのではないか」との推測を口にしつつ、「要因はよく分からない」と答えた。

 「キャンペーンへの異常なこだわりを強く感じた」。枝野氏は質疑後、菅政権の対応について「危機意識の欠如」を指摘した上で記者団にこう語った。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

ジャイアンツ2dr.mino-hitokotomonomousu そうなりますかね?

 日本シリーズ4連敗で完敗したジャイアンツが沈んだ時、メジャーリーグ移籍ですか?

 難しい所ですな!

 その関連記事は、

 <巨人菅野が米移籍視野、既にダル代理人ら選定作業か> によると、

 巨人菅野智之投手(31)が、今オフにポスティングシステムによる大リーグ移籍を視野に入れていることが25日、分かった。この日は第1戦から中3日でブルペン待機。7回裏には肩をつくったが、登板機会はなかった。日本シリーズ敗退直後で、今後家族らと周囲と話し合った上で最終決定するとみられる。

 米球界から注目を集める中、夢の挑戦への決断の時に向け、準備を進める。新型コロナウイルスの影響などで不透明な部分もある中、米球界の移籍市場などを精査。球団では昨年、山口(ブルージェイズ)が同制度を利用して初めて大リーグに移籍した。環境面なども含め慎重に見極める。

 複数の球界関係者によれば、代理人の選定作業に入っているとみられる。カブス・ダルビッシュ、ツインズ前田、レイズ筒香ら日本人メジャーリーガーも担当する米大手エージェント会社「ワッサーマン・メディア・グループ」のジョエル・ウルフ氏が有力候補に挙がる。

 今季は史上初の開幕戦から13連勝を達成。最多勝、最高勝率のタイトルも獲得し、リーグ連覇に導いた。球団は数年前から菅野の大リーグ挑戦の夢を認識。山口オーナーは昨年11月に「ドラフトで1年待って、ジャイアンツに来ている。その分、海外FA権を取得する時期も後の方にずれていくというような事情はありますよね」と話した。チームへの貢献度を高く評価し、菅野が決断すれば容認する方針を示している。

◆ポスティングシステム 海外FA権取得前に米球界に移籍できる制度。コロナ禍の今季は申請期間が1週間繰り下げられ、11月8日〜12月12日。MLB事務局が契約可能選手を全30球団に通知後、獲得希望球団と30日間交渉できる。当初は最高入札額を提示した球団が独占交渉権を得たが、18年オフからは選手が結んだ契約の総額に応じて譲渡金の額が決まる変動制に改定された。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

IMG_0131西村担当相 お早う御座います。m(_ _)m

 今頃、遅きに失した感が強いのですがね、さあ、如何する?

 その関連記事は、

 <「感染拡大抑えられるか、大事な、大事な3週間」 西村担当相、危機感あらわ> によると、

 西村康稔(やすとし)経済再生担当相は25日、有識者らによる新型コロナウイルス対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)後に記者会見し、分科会全体として強い危機感が共有されたとしたうえで、「この3週間が勝負だと。いまの感染拡大を抑えられるかどうか。その大事な、大事な3週間だということだ」と訴えた。

 西村担当相は「特に医療関係のみなさまから、いくつかの地域で大変(医療提供体制が)ひっ迫してきている状況があると(発言があった)。ステージ3に相当する地域、(ステージ3に)なりそうだという段階で、早期に強い措置を講じる」と述べた。

 3週間という期間の意味については「2週間で対策をやれば、効果が3週間目から現れてくるということで見極められる。これを早期にやらないと年末年始にかかってきて、年末年始というのは医療が非常に弱くなる時期でもあるという危機感もきょう(の会議で)表明された」とも語った。

「緊急事態宣言も視野に入ってくる」
 西村担当相は、会見で繰り返し「なんとかこの3週間で抑制していきたい」と訴えた。そして。「これができないと、感染がさらに広がると、次のステージ4になると緊急事態宣言が視野に入ってくる。あの春のような自粛ということになってくる。ぜひとものこの3週間で抑制していく。是非ご理解いただいて、多くの皆さんのご協力で3週間で抑制ができれば」と協力を呼び掛けた。

と言う事だそうですね。m(_ _)m

【参考】 <感染急増地域は東京23区など> によると、

 新型コロナ対策分科会の尾身会長は記者会見で、感染者が急増している地域として、札幌市、東京23区、名古屋市、大阪市を挙げた。

と言う事だそうですな。m(_ _)m

このページのトップヘ