義理チョコ 明日は、「バレンタインデー」ですが、さて、何個の「義理チョコ」を頂けますか?

 先ず、愛妻?、愛娘、職場の女性二人位ですね。

 何歳になっても、その「義理チョコ」を貰うのは嬉しいものですな。

 何時もの、赤羽のお店へ出掛ければ、何個かは頂けると思われるのですが・・・。

 さて、如何なりますか、今から楽しみですよ。

 でも、来月14日の「ホワイトデー」が怖いですな。ワッハッハッハッハッハ〜!(*_*)/~

【参考1】 「義理チョコ - Wikipedia」 によると、

 義理チョコ(ぎりチョコ)とは、一般には、日本の女性がバレンタインデーの2月14日に、恋愛感情を伴わない男性に対し、日頃の感謝の気持ちを込めて、またはホワイトデーの返礼を期待して、贈答するチョコレートのこと。あるいはその儀式全般を含有した日本特有の文化を指す。

 義理チョコとは感謝の気持ちや、コミュニケーションの円滑化を目的として、女性から男性に対して贈答するバレンタインデーのイベントのひとつであり、恋愛感情を伴って、意中の人に手渡す『本命チョコ』とは、一線を画す目的を持つ。

 ドラマや漫画などの劇作中においては、本音をうまく伝えることの出来無い「ヒロインの葛藤を表現するアイテム」として、義理チョコが登場する場合があるが、現実世界においては往々にして「誤解されると大変なこと」であり、「勘違いを起こされると困惑するもの」である。

 そのため「自分に好意がある」と、あらぬ勘違いや誤解を未然に防ぐために、渡し方や渡す品物などに一定のマナーが見られる場合もある。

 しかし、付き合いの親密度や好感度によって、贈答品に格差が設けられるなど、女性側も社交辞令のみで渡しているようではないことが窺える。

と言う事だそうですね。(*_*)/~ → m(_ _)m

【参考2】 また、こんな記事が・・・。「『義理チョコをやめよう』ゴディバのバレンタイン広告に賛否の声 狙いは?」 是非、一読を! (*_*)/~