IMG_0960 今、巷ではこの「カット野菜」が、栄養面や無駄が無い事で人気を博して居る様ですね。

 「野菜」を買いたくても、高騰して居り、無駄になる事が多いので、消費者のニーズに適って居ると思われますな。

 多少コストが高めですが、人気が衰えないみたいですね。(*_*)/~

 その関連記事は、

 「カップ麺にも『カット野菜』 栄養カバー、無駄なく人気」 によると、

 野菜炒め、カレー、焼き肉、沖縄の郷土料理チャンプルー……。料理別に必要な野菜をパックした「カット野菜」が人気だ。使い切りのため無駄がなく、野菜を切る手間もかからない。種類も多彩になっている。

 「野菜増し袋」。1月、こんな名前のカット野菜を発売したのは、岐阜県中津川市の「サラダコスモ」だ。緑豆モヤシ、カットしたキャベツ、ニンジンが入る。袋ごと電子レンジで加熱、カップラーメンや焼きそばに入れて食べる。

 「カップ麺だけ食べると、栄養的に少し後ろめたさを感じる。一緒に食べられる野菜セットを作れないか、という社内の声がきっかけだった」と同社の宮地隆彰営業本部長。商品名の「野菜増し」は有名ラーメン店の注文スタイルがヒントになった。1袋78円で加熱時間は2分。価格、時間ともカップ麺より抑えたのがミソ。120グラム入りで、国が推奨する1日の野菜摂取の目安量(350グラム)の約3分の1にあたり、袋にも「この1袋で野菜1食分!」とうたう。

 一方、「栄養機能食品」として売り出したのが「鍋の基本野菜ミックス」(2人前・320グラム、178円)。栄養機能食品は、ビタミンなど特定の成分が国の基準を満たした商品にその働きを表示できる。赤血球の形成に役立つとされる葉酸が多く含まれる同社の「大豆イソフラボン子大豆もやし」を中心に4種類の野菜が入っている。

 スーパーのイオンはカット野菜や煮物用の水煮などの扱いを増やし、現在は25種類ほどを扱う。最近の特徴は、料理用途別に売り出していることだ。

 例えば、カットしたタマネギ、ニンジン、ジャガイモを詰めた「カレー・シチュー用」(298円)、キャベツにピーマンやカボチャのスライスも入れた「焼肉用」(198円)。しょうゆ味の調味料が付いた「シャキシャキ野菜炒めセット」(198円、地域限定発売)や紅しょうが付きの「焼そば用」(158円)、沖縄限定発売の「チャンプルー用」(298円)もある。

 イオンリテール農産商品部長の室井英男さんは「以前は単身者がターゲットだったが、最近は高齢者世帯や働く女性の世帯などでも受け入れられている。1度買うと、便利さからリピーターになる方が多い」と話す。人気は鍋用、焼き肉用などだ。

 基本的に使い切りタイプで、腐らせるなどの無駄がない。調理の手間を省けるのも人気の理由だ。一方で、洗浄やカット、袋詰めのコストもあるので、通常、野菜を丸ごと買うよりは高くなる。だが、天候不順などで仕入れ値に高低があっても、値段を変えない。このため、この冬のように野菜価格が高騰すると、売れ行きが伸びるという。

 簡便化はますます進む方向で、同社では今後、調味料や肉などの素材も付いた「野菜キット」も発売していきたいという。

と言う事だそうですね。m(_ _)m