「シラウオ(白魚)」「シロウオ(素魚)」の違いは?

 ちょっと分からないので、確認してみました。

 「シラウオとシロウオの違い」 によると、

 しらうお(白魚)はシラウオ科、しろうお(素魚)はハゼ科で、別の魚です。名前が似ているし姿も近いのでよく混同されますが関係のない別種なんですね。

しらうお しらうお(白魚)(写真左上)は江戸っ子になじみの深い魚でして、かの徳川家康がこの魚を大変好んだという記録があります。佃島で白魚漁をさせたのが築地魚河岸のルーツですし、額に薄く見える紋様が葵の御紋に似ている事からトノサマウオで呼ぶ地方もあり(霞ヶ浦付近)、江戸っ子の食卓を描くのが巧みな池波正太郎の本にもよく登場します。

しろうお しろうお(素魚)(写真左下)は、博多の名物ではありますが、おいらは個人的に活き造りと同じくあまり好きではありません。他の料理にした方が美味いと思います。かき揚げとか卵とじですな。
 料理法はシラウオもシロウオもほとんど同じでして、椀種、酢の物、和え物、煮物、卵とじ、天ぷら、寿司の軍艦など。 熱々のご飯に、濃い出汁で似た白魚をツユごと混ぜ込み蒸らす白魚飯もあります。

と言う事だそうですね。詳しい事はサイトをご覧下さい。m(_ _)m