はも湯引き2 この時期は、「鱧の湯引き」(写真左)が最高ですな。(*_*)/~

 「鱧料理」の味は、板前さんの包丁さばきにより、左右されますね。

 「鱧」「骨切り」は、技が必要ですな。

 また、「鱧の湯引き」は、梅肉、酢味噌等が良いですよね。

 チャンスがあれば、是非とも、食べたいですな。(*_*)/~
はも2
 写真(上)は、その「鱧」ですね。

【参考】 「『鱧の湯引き』とは高級料理?」 によると、

 皆さんは鱧(はも)にどのようなイメージを持っていますか?

 西日本の方は「身近な食材」、東日本の方は「高級魚」といったイメージなのではないでしょうか。

 ウナギやアナゴの仲間である鱧は地域によって消費量に差があります。

 鱧を特に消費するのは京都であり京料理には欠かせない食材となっています。

 東日本では高級日本料理店などでしか目にする機会がないため西日本と比べて消費量が少ないです。

 ここでは、鱧の調理法や栄養価などについてまとめていきたいと思います。

と言う事だそうですね。この続きはサイトをご覧下さい。m(_ _)m